[Top Page / 主頁] > [掲示板への入口] > [掲示板 過去ログ]

The old Messages from

BASSO CONTINUO's Message Board

| 1-100 | 101-200 | 201-300 | 301-400 | 401-500 | 501-600 | 601-700 | 701-800 | 801-900 | 901-1000 | 1001-1100 | 1101-1200 | 1201-1300 | 1301-1400 | 1401-1500 | 1501-1600 | 1601-1700 | 1701-1800 | 1801-1900 | 1901-2000 |[2001-2100] | 2101-2200 | 2201-2300 | 2301-2400 | 2401-2500 | 2501-2600 | 2601-2700 | 2701-2800 | 2801-2900 | 2901-3000 | 3001-3100 |

| 掲示板の入り口に戻る |


追伸ミーントーン樣(^^)

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Dec/25 (Wed)04:07]

ちなみに、「日本語の初学者が仮名の配列を覚える方法」
なんてのもあるようです。
"Kana Symbols Think Now How Much You Read and Write them."
という文章がありました。"アカサタナハマヤラワ"の子音配列を覚えるための
文章だそうです。

參考:
http://www.csse.monash.edu.au/~jwb/afaq/afaq.html

拜復ミーントーン樣

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Dec/25 (Wed)03:58]

ふうう、どうやらメインマシンの環境を元に戻せたようです。
でも、サイトの更新の前に、「年賀状」を大量製造(?)しなければならない。
まだ1枚も出來上がってないのです。
あああ~更新がどんどん滯るぅぅぅ~(+_+;)

[ミーントーン樣]
私の知る限り、韓国朝鮮語の発音を正確に記載できるのは
ハングルと国際音票文字しかないです。

>>発音に関連してハングルほど合理的な文字はありませんね.

そう。とても合理的です。これを発明した朝鮮半島の人々は偉い!
(逆に、一点一画もおろそかには出來ないので初学者を惱ませます(^^;)

ところで、ハングルが合理的な文字であるのは確かですが、日本語の
「50音図」
の合理性にも注目したい。母音別、子音別にきちっと分類されています。
アルファベットの配列などと比べると分かるように、
「50音図」は、文字配列方法としては極めて合理的です。
韓国の人がハングルを誇りに思っているように、日本語の中に
「50音図」という文字配列システムが存在していることは、
結構「誇っても良いこと」だと思っています。

補足

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.7 [ja] (Win95; U)]

Name    [2002/Dec/24 (Tue)21:08]

 ベイスが文の先頭に来たり,単独で出たりすると,清音化して“ペイス”になりますね.ハングルには,清音化以外にも,フランス語もどきのリエゾンがあ
ったり,次にくる音に影響されて末尾の音が化けたりして,結構面倒です.それでも,私が知る限り,発音に関連してハングルほど合理的な文字はあり
ませんね.

ハングル

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.7 [ja] (Win95; U)]

Name    [2002/Dec/24 (Tue)20:48]

 ハングルの読み方(発音)は中学生のときに覚えました.単語や文法は少しだけ知っているぐらいです.

 コンティヌオさんのサイトを見ていると音楽用語がどうなっているか分かって面白いですね.バスを“ベイス”(ベースではない)と言ってみたりして,日本語よりも英語の発音を忠実に写していますね.

メインマシンが復活!

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Dec/24 (Tue)08:38]

メインマシンが修理されて戻ってきました。
とは言っても、ハードディスクを丸ごと取り替えたようで、
今までのデータは全部きれいに消えていました。

とりあえず、サブの中古マシンで構築していた環境を
メインマシンに移植しなければ…(^^;)

[拜復R樣]
>>最近取り寄せたプーランクの譜はフランス語だ~ゲ~!

うおっと、實は私、フランスものは超苦手で…
何も助言して差し上げることができまへんです。
だれか、「佛蘭西大好き!」という人、フォローしてください(爆)

はじめまして

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)]

Name    [2002/Dec/22 (Sun)12:40]

おじゃまします。
鍵盤楽器大好きのRと申します。最近あまりにもストレスが溜まってきたので
久しぶりに鍵盤をたたいてみました。やはり気分は落ち着きました。
特に弾けるわけではないのですが、音符をタドリたどり、曲らしくなっていくのは
楽しいです。忙しさに感けていじらなくなっていたので、指は動かなくなって
いますが、老体に鞭打って何度も繰り返すうち弾けるようにはなるでしょう。
昔は、鍵盤は打楽器だと言い張るほど好きだったのに、触らなくなったら
悲しいほどに恋しくなります。子供のころは、NHKホールのパイプオルガンは
私の為にあるな~んて思ってたっけ・・・
最近取り寄せたプーランクの譜はフランス語だ~ゲ~!誰かもっとプーランクを
CD化してくれ~~~。もっと違う表現が聴いてみたい。

韓國語音名表記(拜復ミーントーン樣)

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90; T312461)]

Name    [2002/Dec/21 (Sat)21:35]

あれ?ミーントーン樣、よくご存じで。まさにそのとおりです。
ハングル字母の配列順は
가(ga)나(na)다(da)라(ra)마(ma)바(ba)사(sa)
なのですが、英語や日本語と同様に、これをそのままAHCDEFG(Hは英語ではB)に当て嵌めます。
だから例えば「ロ短調」は、韓国では
「나단조(na dan-jo/ナ短調)」
という具合になります。

・・・あああ、グローリア日記の韓國語版と英語版も大更新しなくちゃ・・・(+_+;)


ハングル表記の音名

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.7 [ja] (Win95; U)]

Name    [2002/Dec/21 (Sat)21:13]

 ロ短調ミサ曲のページを見ていたらハングル表記の音名が日本語などと並んで出ていました.

 もしかすると AHCDEFG は カナダラマバサ になるんですか?

おひさしぶりです

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.7 [ja] (Win95; U)]

Name    [2002/Dec/21 (Sat)21:03]

 みなさまご無沙汰しています.ミーントーンは健在です.

 久しぶりに戻ってみたら,コンティヌオさん災難のようで,お見舞い申し上げます.

 MIDIデータのほうはわずかずつではありますが,増加しています.

http://www1.cncm.ne.jp/~hotei/baroq/

暫定的(?)復活宣言

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90; T312461)]

Name    [2002/Dec/20 (Fri)22:09]

Supervisor

皆樣、たいへん長い間ご心配をおかけ致しました。
通常使用していたパソコンはいまだ修理中ですが、
一昔前に使用していたパソコンに本サイトのデータをほぼ完全に復元し、
プロバイダサーバへのファイル轉送、すなわち、「サイトの更新」が
實施できる環境になりました。

とりあえず今日は掲示板のメッセージを「過去ログ」としてまとめました。
私の留守中にいただいたメッセージは明日以降フォローアップ記事を
書きます。何卒、從來どおり、本サイトをご贔屓に・・・。

炎のコンティヌオ 拜

MIDIお借りしました

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)]

Name    [2002/Dec/18 (Wed)09:03]

炎のコンティヌオさん、はじめまして。
偶然こちらのサイトにたどり着いた者です。
こちらで良いのかどうか・・?
「弦楽四重奏13番4楽章」のMIDIをお借りしました。
こちらです。
http://www3.tokai.or.jp/daitino-s/daitino-s.page62.htm

拙い詩のBGMに使わせて頂きました。
ありがとうございました。
素敵な曲ですね。

年末コンサートご案内

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Dec/15 (Sun)23:22]

佐野第九演奏会
2002年12月22日日曜日2:00p.m.開演
佐野市民文化会館
チケット S席¥3500 A席¥2500 学生席¥1500
曲目
バーバー:   弦楽のためのアダージョ
ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125(合唱つき)
合唱:  佐野市民第九合唱団
管弦楽: 群馬交響楽団
指揮:  下野竜也
合唱指揮:石野健二
ソプラノ: 澤畑恵美
アルト: 小山由美
テノール:伊達英二
バス:  黒田博

L.A.S.Ponderが
片足を突っ込んでいる
混声合唱団コール・エッコから
10数人ほど参加しましゅ。
去年も参加しましたが
群響、佐野の第九あなどれないでしゅ。
そうぞよろぴく。

R)あの時のビデオありますよ。

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Dec/15 (Sun)23:06]

324.Sさま
ぜひぜひ、関東コンクールのビデオ
お見せくださいまし。
「Brilliant Harmony」(松下耕指揮・全国銀賞)
「Lux aeterna」
「マルベリー・チェンバー・クワイア」(枝野朝子・橘田有美所属)
という連続が聞けます。
というのもすごいでしゅ。
Brilliant HarmonyのCDは
かみさんが
耕友会所属の合唱団にいた関係で
あるのでしゅが
ビデオで見られるというのも
すごく興味がありましゅ。
それにLux aeternaさまの
演奏が映像で記録されているなんて
もうたまりましぇん。
ぜひともお貸しください。
グローリア アンサンブル&クワイアーの
忘年会か新年会、それがなければ
2003年1月26日の
入団説明会の時でも
いつでも結構でしゅ。
なにとぞよろしくお願い申し上げましゅ。

た、大変ですねえ~

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.5 (Macintosh; I; PPC)]

Name    [2002/Dec/15 (Sun)18:48]

炎さん、お久しぶりです・・・って、覚えていらっしゃらないかもしれませんが・・・。
ミサ・ロ短調演奏なさったそうで・・・ご成功おめでとうございます^^
いやあ、ずーっと、拝見させて頂いていました。私も、ミサ・ロは大好きで。
一度、いや、何度でも歌ってみたいな~と。

そうそう、あのですね、メール送ったのですけど、きっと、クラッシュされてると思うので、こっちに書いてしまいますね。
昔、こちらにリンクを張っていいかおたずねして、了承をもらったのですけど、やっと、張らせて頂きました。遅くなってすみません・・・。
よかったら、内容など。ご確認下さい。
http://www006.upp.so-net.ne.jp/blessing
です^^
ヨロシクお願いいたします。
パソコン・・・早くよくなるといいですね^^

どぐぉぉぉぉぉぉっ!My Dataが・・・!

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90; T312461)]

Name    [2002/Dec/15 (Sun)16:53]

Supervisor

留守にしていて、濟みません。

修理に出したメインのパソコン、ハードディスクを
取り替えることになってしまったようです。
從って、メインマシンに入っていたこのサイトのデータは
すべて消滅という運命をたどることになってしまいました。。

仕方がないので、昔用いていたマシンに自分のサイトのデータを
ダウンロードしています。サイト構築のやり直しだ。

或る程度予想・覚悟はしていましたが、實際にその通りになってしまうとは、
大ショック。
保證期間内だったので、修理費が「ただ」なのがせめてもの救いか。

…によって、サイトの更新、掲示板へのコメント付けが
またまた遅くなってしまいそうです。何卒、ご容赦をm(_ _)m

新春コンサートご案内

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90)]

Name    [2002/Dec/15 (Sun)06:58]

コンティヌオさんさんご無沙汰です。   おばぴー@栃木のど田舎

お元気でご活躍ですね。

おいらの町自慢の美人ピアニスト赤澤真由子さんの
コンサート(おばぴー企画プロデュース)をご案内
させていただきます。
詳細はポスター(ちらし)をご覧ください。 
 http://www.stepc.com/esubpage5.htm
ポスタも私がPCで何時も作成します。

ピアノのことなら何でも無料、親切、丁寧な
おばぴー企画??へどうぞ。。。(爆)




あの時のビデオありますよ。

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Dec/13 (Fri)20:32]

Ponder様、実はあの関東大会の収録ビデオがあります。編集の都合上、当団も含めて出場順に4団体刻みでの収録ですが、「Brilliant Harmony」(松下耕指揮・全国銀賞)「Lux aeteruna 」(?)「マルベリー・チェンバー・クワイア」(枝野朝子・橘田有美所属)という連続が聞けます。ご希望の方には、貸し出します。
しかし、演奏会開くのも大変ですが、コンクールで全国まで行くのももっと大変です。自分の率いる団体で、全国行ってみたいです。若い人たち、私を全国に連れてって!

プーランク

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461)]

Name    [2002/Dec/13 (Fri)00:10]

> 特に終曲の今日キリストは生まれ給いぬは・・・

懐かしい~。。。
私、この曲は指揮でなく一緒に歌いたかったんです。
この年は課題曲がよく出来上がったので、おまけで
金賞をいただきました(^^;)。プーランクについては、
まだまだ個人的に勉強が必要でした。おしゃれさが足り
なかったなぁと自省しております。

L.A.S.Ponderさんがずいぶん前の方に座っておられたの
を記憶しております。しかし、私はお尻を向けておりました。
すみません♪

過去を思い出すと勉強不足の自分が見つかるのですが、
その都度反省してはみるものの、すぐに忘れてまたさぼって
しまいます。とほほ。。。

転生後、次回の人生では、努力の人生を歩んでみます。
今回はのらりくらりと行くことにします。

クリスマスの音楽

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Dec/12 (Thr)23:34]

をいろいろ聴いていましゅが

うっちいさま指揮のLux Aeternaさまが
2001年の栃木県合唱コンクールで
Francis Poulenc作曲:
"Quatre motets pour le temps de noel" から
" I. O Magnum Mysterium"
" II. Quem vidistis pastores dicite"
" IV. Hodie Christus Natus est"
を快唱して
金賞に輝いたのを
思い出しましゅ。
特に終曲の
今日キリストは生まれ給いぬは
心に沁みました。
もう一度聴きたいでしゅ。

バッハ・コレギウム・ジャパンの

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Dec/9 (Mon)21:53]

クリスマス・オラトリオ聴きました。
プッチーニも聴いていましゅので
過去と未来の恋人
二股状態でしゅ。
鈴木雅明著バッハの贈りものに
出ているバスのピーター・コーイ
いい響きでしゅ。
もののけ姫でブレイクした
カウンターテナーの米良美一も・・・

第1曲バッハ歓喜の8分の3拍子が
華々しいティンパニと管楽器で始まると
もうクリスマスの祝祭気分もりもりでしゅ。

でももう終わってしまったのでしゅね。
早くプッチーニの準備をしなければ・・・

これで一段落

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Dec/9 (Mon)20:04]

打ち上げも終わり、別れた恋人のことはもう忘れます。
今でも、何気ないときについ鼻歌で、口ずさんでしまいそうになるときもありますが、
新しい恋人のためには、もうきっぱりと忘れる努力をしたいと思います。
より良い音楽作りのためには、変な馴れ合いは無用です。
来年も厳しく接していきますので、皆さん覚悟していて下さいよ。

新曲のお知らせ

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Dec/8 (Sun)20:09]

こんにちは。おひさしぶりです。
お元気でいらっしゃると思いますが、今回は新曲のご紹介に上がらせていただきました。
小学校唱歌「ふるさと」をテーマにした曲ですが、正直アップの作業で今くたぶれているところです(^^;)。
 そんなわけで、ただいまHPで演奏中ですのでよろしかったらおいでください。
 また、この「ふるさと」をテーマにして合唱曲風の曲を作ってみました。ちょっと変わった曲だと思いますが譜面も掲載しております。ちょっと見にくいかも知れませんがよろしかったら弾いてごらんになっていただければ、と思います。
他にも数点新しいものをアップしてみました。今のところチェロの曲がそれですが、音声的にちょっと難点があるので恐縮です。こちらの方もキモ試しをかねてお聞きいただければと思います。
まだHP全体がアップし直ししたばかりでいろいろ足して行くことも検討中です。ここのところいろいろ忙しくてアップのヒマがなかったのでぼつぼつがんばって行きたいと思います。
どうぞよろしくおねがいいたします。それでは。

http://www.h3.dion.ne.jp/~umichari

ようやく充実感が

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Dec/7 (Sat)15:18]

 今年初めてベースで参加させてもらいました。
みなさん本番の後、虚脱状態、酔いが醒めない、気が抜けた
状態のようですが、私の場合は、本番まで1年弱の間、好き
な読書の時間を犠牲にして練習してきたので、読書に対して
禁断症状があり、さあ、どんどん読むぞと思っていたのです
が、本を開くと、たまった疲れが出たのか、どうもすぐ眠く
なってしまう状態です。

 本番の後、聞いていただいた方数人から一言程度批評をも
らいました。一部紹介します。

まず、職場のNさん。
 クラシックは普段あまり聴かないが、感動した。
 すばらしい。来年も聞きたい。家内は聞けなく
 て残念がっていた。

上三川から聞きに来てくれたSさん。
  すばらしかった。Dona nobis pachem はグッと
  くるものがあった。

我が息子。(学生で、サックスをやっています)
  アマチュアとしては良かったんじゃないの。
  特に最初と最後が良かった。Cum sancto spiritu 
  は、はらはらした。少し怖かった。 Credo は
  はっきりしなくて、たよりなかった。

私としては、細かいところでは多少不満もありましたが、
ほぼ実力を出せたと思います。1週間たってようやく、
充実感が出てきたところです。

初参加でしたが、暖かく、きびしく?受け入れていただき、
みなさんと感動をともにできて幸せに思っています。

もう少ししたら、打ち上げに出発します。

わくわくどきどき

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Dec/6 (Fri)23:26]

いよいよ明日
グローリア アンサンブル&クワイアーの
打ち上げでしゅ。
なんだかこの一週間が夢のようでしゅ。
11月30日に本当に
ロ短調ミサを演奏したのでしょうか?
静かなところに行くと
突然頭の中で
Osannaが鳴り出したりしましゅ。
本当に惰性で生きているような毎日・・・

7日の打ち上げ近づいて

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Dec/6 (Fri)00:33]

演奏会の余韻
いまださめやらず。
7日には
オーベルジュ・ド・マロニエでの
打ち上げが。
300日ともに
バッハに取り組んできた人たちと
再びお目にかかれることが
嬉しいでしゅ。
せっかくの演奏団体の
集まりなのでしゅから
1曲くらいその場で演奏できる曲が
あってもいいのでは?
Gratias agimus tibiあるいは
Dona nobis pacemなんかは
無伴奏でも歌えそうな気もしましゅが。

祝ロ短調ミサ曲演奏会

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; AOL 7.0; Windows 98)]

Name    [2002/Dec/5 (Thr)23:51]

グローリアのみなさん、演奏会御疲れさまでした。
テノール・パートで参加させていただいたヨハン・バッカです。
練習途中何度か挫折しそうな精神状態に陥りましたが、あんなに沢山の観衆の前で
最後まで、歌いきることができて、栃木県でこんなに沢山の人とバッハの音楽を
共有できて幸せな気持ちになりました。よくもまぁ~あんなに沢山の人が、ロ短調ミサ曲と
いう大曲に付き合ってくれたものです。素晴らしい聴衆に感謝です。
本番前冗談て言っていた事が現実となり驚きました。
アンコールがあるものでと拍手をしていた人もいたようです。
カンタータ147番あたりやってもよかったかなぁ~・・・・
私はなんとか全曲暗譜して手ぶらでステージに立ちたかったのですが、
結局7割くらいしか譜面から目を話せませんでした。
隣で堂々と間違われたりすると、本当の意味で完全暗譜していないとツラレてしまいます。
今回は最後まで自分のコントロールを失わず歌えた自分の進歩には満足です。
よくみんなバッハのロ短調を一年でここまでやったものです。
無謀な企画だったもしれません。
鬼の目にも涙、直前練習最後S氏が感きわまって、喋れなくなったのにビックリしました。
それだけ苦労されたのだと感じました。
私の思い出は、1ステ最終曲、クンサンクトゥスですが、前の11曲目、
ベースソロの曲を気持ち良く振られた分、片岡先生の指揮をしっかり見て入ったつもりですが
、先生自体の指揮が絶対そのテンポだったと確信しているのですが、
最初の出だしを気持ち良く歌ったら、非常に早いテンポであり、思わず先生の顔を見たら、
早いけどどうしよう~とお困りの表情でした、はたしてオケはついてこれるのか、
合唱はバラバラにならないか空中分解してしまうのではないかなど多くの不安を感じつつ、
それ以上は曲が走ることなくむしろ結果オーライで歌いきる事ができました、
神に感謝です。後半クレドもテナーの出だしは過去の練習の中でも最高に良い
バランスの良い発声でした。私はEt resurrexit3拍子の舞曲で、完全な恍惚状態となり
この時点で既に満足し、あとの大曲サンクトゥスは、綺麗に優雅に、
終曲は平和に気持ちが伝わるよう、むしろ無理をしないで手もぬかず締める事ができました。
最終列で歌うと前の声がほとんど聞こえず、パートとして音楽を感じる事が難しいので
合唱としてどうであったか疑問な部分はありますが、自分の目指したバッハを歌う事ができ、
神のお導きでグローリアに参加させていただき本当によかったと思います。半日抜け殻状態となりましたが、私はBSUのメンバーとして、来年4月のロ短調の演奏会に向け、さらに4ケ月この曲にさらなる精進を重ねるつもりです。是非みなさまご来場ください。グローリアのような人数の迫力はありませんが、小人数による研ぎ澄まされた演奏をお聞かせしたいと思います。
グローリアの未来に栄光あれ

【管理人公知】本サイトのメンテナンスが遅れます。

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90; T312461)]

Name    [2002/Dec/5 (Thr)19:10]

Supervisor

グローリアの演奏會本番の日の朝、私が通常使用しているパソコンが
吹っ飛んでしまいました。
ハードディスクのブートセクタが物理的にイカれた模様で、
システムの初期化すら出來ない状況です。
そんな次第で、インターネットへのアクセス頻度が今後大減少する見込み。
このサイトの保守や、皆様へのレスもやや遅れがちになります。
何卒、ご容赦を…。

大バッハ・モードも

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Dec/5 (Thr)00:03]

続いていましゅ。
昨日今日と
バッハの4大宗教曲の一つ
クリスマス・オラトリオを
オイゲン・ヨッフム指揮
バイエルン放送交響楽団・合唱団
テルツ少年合唱団のCDで。
いやあ
マタイ、ヨハネは1回聴けば
しばらくはお休みでしゅが
クリスマス・オラトリオは
またすぐ聴きたくなりましゅ。
ロ短調ミサをはるかに上回る
歓喜と賛美の祝祭音楽でしゅ。
クリスマス第1日のカンタータから
新年のカンタータ、
顕現節のカンタータまで
6曲のカンタータからなる大曲。
新年までたっぷり楽しめましゅ。

プッチーニモード

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461)]

Name    [2002/Dec/4 (Wed)00:15]

みなさん、お疲れ様でした。個人的にはやや不完全燃焼ですが、
バッハだし、完璧な演奏は無理ですよねー♪っていうか、インベンションの
1番でさえ、個人的には未だに不完全燃焼です(^^;)。

L.A.S.Ponderさんはもうプッチーニモードですが。
私はなかなかプッチーニには移行できません。どうもプッチーニというと、
蝶々婦人のボンゾーが頭に出てきてしまって。。。(^^;)

私が最近聴いているCD。
小澤(サイトウキネン)の第九。THE STALINのTRASH。
クレモンティーヌのベスト。平井堅のRing。

うーむ。系統性は感じられないな。スターリンはいけないだろか??

ラモー チェンバロ 別荘地

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Dec/3 (Tue)20:46]

小川洋子著
やさしい訴え
文藝春秋 1996年を
読了。
ラモーのチェンバロ曲「やさしい訴え」を
定旋律に
那須高原を思わせる
別荘地(実際は岩手)を舞台に
チェンバロ製作者と
女性アシスタント、
東京から逃れてきた
わたし(瑠璃子)の
3人が織り成す心模様。
典雅なチェンバロの響きを
背景に進む高原での静かな生活。
なんだかホッとする小説でした。

プッチーニ始動

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Dec/3 (Tue)00:33]

演奏会の余韻覚めやらぬ
今日この頃でしゅが
皆様方におかれましては
いかがお過ごしでしょうか。
L.A.S.Ponderは
まだ半分は大バッハ・モードでしゅが
残り半分は早くも
一年後のグローリア・ミサめざして
プッチーニ・モードに入りました。
具体的には
楽譜・CDのバックアップを始め
居間・キッチン・寝室・自家用車に
ハンガリー放送合唱団
ハンガリー国立歌劇場管弦楽団
モランディの
CD・カセットをセットし
一日中聴ける態勢を整え
聴き始めました。
早く練習に突入したいものでしゅ。

来年は・・・

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90; T312461; Q312461)]

Name    [2002/Dec/2 (Mon)23:26]

炎コンさん、演奏会お疲れ様でした。

>去年も立てていました。今年はハングル文字のスペルミスを訂正し、
>更にアラビア語も加えてバージョンアップしたのですが(爆)

じゃあ、来年はヘブライ語も加えてみては如何(爆)

#こちらは、炎コンさんの本番と前後してルクーのサイトを、
 とりあえずの目標としていたレベルまで充実させました。
 まだまだ、ルクーに関して調査したいことはあるけれど、
 他の作曲家についても調べたいし・・・、と、贅沢な悩みを
 抱えています(^^;)

終わった・・・

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90; T312461)]

Name    [2002/Dec/2 (Mon)00:33]

本番は、舞台袖から舞台に出る瞬間・・・そして
舞台に引っ込む瞬間までの記憶が途絶している。

[HANE's YOME様]

#ところで、休憩中のチューニングでなんちゅう看板たてとるんぢゃ。
去年も立てていました。今年はハングル文字のスペルミスを訂正し、
更にアラビア語も加えてバージョンアップしたのですが(爆)

・・・・・・
「死ぬまでに一度で良いから演奏したい」と思っていた
ロ短調ミサの本番が終わってしまった。
明日から、何を生き甲斐にして生きてゆけばよいのだ(爆)

ほくほく!

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Dec/1 (Sun)23:59]

皆さん、一年間お世話になりました。
チケットの売上げ枚数も想像をはるかに超えて1470枚に達しました。
でもなんといっても、一番の喜びはあの大きなホールの満場のお客様の前で
演奏できたことです。
ステージに向かう時、あまりの人の多さに鳥肌が立ちました。
嬉しくて嬉しくて、ビデオに映っていたら、きっと恥ずかしいほどニコニコ
していると思います。
今日一日は、何も考えたくない位の抜け殻状態でしたが、たまった仕事を
片付けないと、7日の打ち上げに出られないので、頑張って残務整理に励みます。
それにしても、心残りだったのは、ステージから退場するとき上手側の私は
指揮者・ソリストの先生方や皆さんたちとの「おつかれさま!」という恒例行事が
できなくて、なんだか物足りなく思っていた次第です。
あー!今頃気づくなんて・・・。走ってでも握手をしに行くんだった!
く・や・し・い。(ToT)




祭のあと

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Dec/1 (Sun)23:25]

皆様お疲れ様でした。
毎度のことながら、演奏会の終わったあとのこの放心状態は、何でしょうか。
本番が近づいてくる心地よい緊張感やステージ上の満足感、および打ち上げの開放感は演奏会の醍醐味ですが、
この翌日の淋しさには耐えられない思いです。
しかし、また歩き出さねばなりません。多くの人の喜びや感動のためには、末端の私たちの下準備やお膳立てが必要です。
本日、来年の演奏会を11月29日(土)に確定いたしました。練習場およびホールの予約手配もすべて完了しています。
皆様、次回もよろしくお願い申し上げます。

ロ短調ミサの衝撃

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Dec/1 (Sun)21:56]

こんな演奏会になるなんて予想も
できませんでした。
終了直後
舞台袖の壁にすがり付いて泣きました。
極秘の打ち上げで
ソリストの皆さんとお話できたのも
後生の思いででしゅ。
今日は
昨夜の衝撃に
打ちのめされ
腑抜け状態でしゅ。
明日からどうやって
生きていったらいいのでしょうか。
いつも辛口のカミさんも
いつになく好意的な講評で
ロ短調ミサのCDを聴かせろと
行ってきました。
極秘の打ち上げの
写真できました。
写っている方に
差し上げましゅ。

演奏会成功おめでとうございます。

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]

Name    [2002/Dec/1 (Sun)20:58]

炎コン様
 昨日の演奏会は、皆様の熱意が伝わるいい演奏でした。
客席で感動してました。
この演奏会を作り上げた皆様、本当にお疲れさまでした。
私の友人も2000円のチケットは安いと大満足でしたよ。
 演奏終了後の舞台上の皆様は誇らしげで、羨ましかったです。(^^)

#ところで、休憩中のチューニングでなんちゅう看板たてとるんぢゃ。

もう言うことがありません

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Dec/1 (Sun)03:35]

満足でしゅ。
このまま鬼籍に入っても
いいくらい。
L.A.S.Ponderは幸せでした。
でももう少し生きてみましゅ。
来週グローリア アンサンブル&クワイアの
打ち上げがあるから・・・

本番の朝

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/30 (Sat)06:26]

体調不十分の方々もベストを尽くして頑張ってください。
それでは休日の朝恒例のウォーキングに出かけてきます。平常心……。

13年目のリターンマッチ

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/30 (Sat)00:10]

1989年11月29日
L.A.S.Ponderは
東京御茶ノ水の
カザルスホールで
バッハのロ短調ミサを
歌いました。
伴奏は
小林道夫指揮
アンサンブルofトウキョウ(金昌国主宰)
郡司博合唱指導でした。
その時は
十分練習も積まずに
ステージに載ったため
めろめろでした。
特にpleni sunt、Osannaが
悲惨でした。
今回は13年目のリベンジ。
今日のリハーサルで
こともあろうに
1度目のOsannaで
滑ってしまうという
失態。
家路をたどる車中で
Osannaを反復復讐
じゃなくて復習。
さらにだめ押しで
終演後の美酒に備えましゅ。

プッチー二の命日

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/30 (Sat)00:02]

1924年11月29日
プッチーニ
Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini
の命日 65歳
明後日からは
彼のグローリア・ミサに向けて
新しい一年が始まりましゅ。

どうぞお大事に

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/29 (Fri)23:12]

炎のコンティヌオさま
うっちい先生
どうぞお大事にしてください。
そして明日は
ぎんぎんに燃えてくだしゃい。
特にうっちい先生には
Osannaお願いしましゅ。
今日落ちてしまったので。

わたしも。。。

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461)]

Name    [2002/Nov/29 (Fri)22:59]

私も風邪が長引いて、今日欠席してしましました(×_×)
医者に行ってから、ふとんにもぐっているうちにうつらうつらしてしまい、
欠席連絡までさぼってしまいました。申し訳ありません>関係者各位

咳の風邪で、悪いことに声がれまでしてしまいました。
仕事が容赦なく押し寄せて休むわけにもいかず、治りが悪くなったよ
うです。。。

あしたは、アンティクワを中心に、弱いところ、重要なところのみを
歌おうかと考えています。練習をさぼり非常に憂鬱な気分ですが、
本番まではおしゃべりも控えめにします。。。。。。。。。。。。

本日は申し訳ありませんでした

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/29 (Fri)22:03]

本番直前の大事なステージリハーサルに…体調不良で欠席!
私にとって、「大失点」です。いや、私だけではない、
通奏低音軍団の皆様、その他オケ、合唱の皆様や先生方に
多大な迷惑をおかけしました。

今日英気を養った分、明日の本番、最高の演奏してみせます。

今日聴いているのは

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/28 (Thr)23:29]

古典的名盤
カール・リヒター
ミュンヘン・バッハ合唱団&管弦楽団の
CDでしゅ。
古いといえば古いのでしゅが
ドラマティックでしゅ。
去年の暮れから
楽譜を開かない日はあっても
ロ短調ミサを聴かない日は
ないくらい聴き込んできました。
今年300日以上聴いていましゅ。
10数種の音源で聴きましたが
いくら聴いても聴き飽きない
魅力がこの曲にはありましゅ。
そしていよいよ
11月30日には
栃木県総合文化センターで
演奏、録音、録画でしゅ。
いい演奏で
思い出に残る名演を
残したいものでしゅ。

ロ短調ミサ

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/28 (Thr)23:00]

いよいよ
9.9合目まで登りつめましたね。
ここまで歌いこむと
この次は
1パート3人前後で
歌いたくなりましゅ。
もちろんオーケストラは
古楽器で20人前後。
324.Sさま
Lux aeternaさま+αで
いかがでしゅか。
それと
30日の小打ち上げ
よろしくお願い申し上げます。

いよいよ本番間近!

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/28 (Thr)21:10]

 皆様それぞれの本番前の数日を過ごしているようですね。
 あと3回しかこの曲を歌えないと思うと、淋しいです。でも、10年後にこの曲をやるまで頑張ろうと密かに心に決めました。
 1年間本当に楽しかったです。最後まで頑張れた皆様には、心から敬意を表します。
 ところで、ここ数日になって、チケット販売その他の状況から、1,300から1,400はいくかなという読みが見えてきました。それだけ入ると、ほぼ満員の状況で歌うことになります。

今日のBGMは

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/28 (Thr)00:20]

GARDEN PLACE CHOIRの第17回定期
第一生命ホール特別演奏会
2002年4月11日の
ロ短調ミサの実況録音盤。
実にそつなく歌ってましゅ。
324.Sさまのご紹介で
東京まで出かけて聴いた
あの感激がよみがえりましゅ。
アマチュアとはいえ
20倍のオーディションで
選び抜かれたメンバーだけあって
すごいでしゅ。
こんな風に歌えたらと
思うことしきりでしゅ。
ロ短調ミサ
2年おきに歌っても
いいくらいでしゅ。

かえるの合唱

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461)]

Name    [2002/Nov/28 (Thr)00:11]

> こんな事考えた人って、他に居るのかなぁ

うひょひょ。何を隠そう、私も「考えた人」の一人です。
っていうか、コンチさん。(この呼び方、久しぶりだ)
ロ短調ミサは、かえるの合唱のパロディーミサなんですよ、実は!

例えば、Sop.とTen.のデュオDomine Deusのバス。これなんてあからさまですよね。
それと、Sop.とAltoのデュオEt in unum。これも変奏してますが、かえるの歌が
見つかります。

おっと。午前様になってしまった。風邪が治るよう、もう寝ます。。。

「グローリア日記」更新情報

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/27 (Wed)20:50]

Supervisor

恐らく、ゲネプロ前の最後の更新になるでしょう。
先日の練習での皆さんの気合いの高まりを思いだしながら書きました。

更新部分はこちらです。
http://www.basso-continuo.com/Gloria_d/2002/Glo_j3.htm#Nov23of2002
http://www.basso-continuo.com/Gloria_d/2002/Glo_j3.htm#Nov27of2002
特に2番目の文章は、我ながら「大発見」(!?)…と、ちょっと「気合い」が入っています。
「これを見つけた意義は、決して小さくはないだろう」
と1人でうぬぼれています。

こんな事考えた人って、他に居るのかなぁ?(居るだろうな)

----------------------------

ところでうっちい樣、風邪、大丈夫ですか?

うっちい樣>>ただ、Credoのアンティクワはかなりやばかったです

あ、これ、そうだ。"Confiteor"なんか、ちょっと「キテた」かも。自分でも通奏低音を彈いていて、
「あれ?何か違うぞ?」と感じるところが結構有りました。

うっちい樣>>個人的には、数年後に再チャレンジしたいっす。この曲。

こういうことを考えている人は決して少なくないでしょうねぇ。
かく言う私もその1人です(^-^)。

げほげほげほげほげほロ短調

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461)]

Name    [2002/Nov/27 (Wed)00:54]

大切なホール練の日、無能のごとく客席にどっしりしていたのは私です(^^;)。
で、その甲斐むなしく、いっこうに咳が止まりません。今年はもともと、無理な
音域のテノールで参加ということもあり、こりゃ個人的に本番はやばそうっす。
来年からは、グロの本番くらいは自分が楽しむために、テノールでの参加はや
めます!(断言) 頑張っても出る音はAまで。しかもffじゃないと出せないし。
だってバリトンだしー。

愚痴はここまで。(^^;)

客席で聴いていた感想ですが、休憩後の演奏は意外に悪くなかったです。
特に、スタイレノーヴァ系は感動的なくらいにキラキラと聞こえてきました。
ただ、Credoのアンティクワはかなりやばかったです。

包み隠さず申しますと、今年は半分くらいあきらめかけていたのですが、これで
また面白くなってきました。本番、歌いたいところだけガンガン歌い、あとは
咳が出ないようにクチパクしてます!!!団員の皆さんも、楽しんで演奏して
もらいたいですねー♪

個人的には、数年後に再チャレンジしたいっす。この曲。

二つのロ短調ミサ

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/26 (Tue)23:09]

今日は仕事の関係で
一日BGMを聴きながら過ごす。
午前中は
オランダ・コレギウム・ムジクム
バッハ合唱団
ラ・プティット・バンド
グスタフ・レオンハルト指揮盤
午後は
ザ・バッハ・アンサンブル
ジョシュア・リフキン指揮盤を
繰り返し聴く。
レオンハルト盤
ラ・プティット・バンドだけあって
管楽器が素晴らしいが
合唱は盛り上がりに欠けましゅ。
ジョシュア・リフキン盤
L.A.S.Ponderの愛聴盤で
これまで何十回となく聴いてきたもの。
合唱じゃなくて重唱
つまり1パート一人で歌っているのが
楽しい。
軽快で、明るく、クリア。
重唱者がいかにも
ロ短調ミサを楽しんでいるという
感じがそくそくと伝わってきましゅ。
このCDを聴くと
いつも一緒に歌いたくなってしまい
歌ってしまうのでしゅが
今回は仕事中なので
頭の中だけで共演。
おかげで仕事が楽しくなりました。
それにしてもいよいよでしゅ。
あと何枚券が売れるかしら。

拜復独り言(←あ~わけの分からん言い方だっ!(笑))

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/26 (Tue)22:19]

「中年のお兄さん」・・・ううむ、さらにつっこんで
「中年の青年」・・・あれ?何が何だか分からなくなってきたぞ

ちなみに、このサイトの管理者である私は
「出腹のおっさん」とか
「妖怪通奏低音」とか
呼ばれています。σ(^^;)

独り言

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95; T312461)]

Name    [2002/Nov/26 (Tue)12:46]

ここまで来るともう後はという開き直りが出てきます。
スタッフの方々は追い込みに大変だろうと思います(他人事みたいに)
最後の追い込み頑張りましょう。
さて、突然ですが名前を変えます。
先日ある方から(数字3桁)中年のオジサンといわれました。
ふと考えてしまいました。
中年のオジサンは中年でオジサンと言う事にもなってしまう。
中年はしかたないとしてもさらにオジサンは良くない。
なので、中年のお兄さんにします。
他愛無い事にこだわっていると笑わない様に。
でも、この投稿はごく限られた人だけですね。
読んでいる人はたくさんいるのでしょうけど。

拜復Gloriaの皆様

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/26 (Tue)03:08]

324.S樣、先程はご多忙中のお電話、失禮致しました。

先日の練習中にうっちいさんとK先生、そして324.S樣にもちょっとだけ
お話しした、「特ダネスクープ記事」の執筆豫定だったのが…
一筆も進みませなんだ(爆)

>>カール・リヒターのように
>>演奏直後に心筋梗塞で昇天するのは

通奏低音(Continuo)演奏途中で死ねたら最高だな・・・(-.-)ボソッ

のんびり過ごすはずが

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/25 (Mon)23:04]

今週は「ロ短調ミサ」ウィーク。毎晩CDを1枚ずつのんびりと聴いて、演奏会までの心地よい緊張を楽しもうと思っていたのに、準備の遅れの見える部門のフォローやら、連絡の徹底してない部門の叱咤激励やらで、電話と携帯とFAXの錯綜した晩でした。自分と同じことをすべての人に要求するのが無理なことなどわかってはいたけれど……。

小澤征爾 入魂のバッハ

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/25 (Mon)21:41]

2000年だったか
NHK-BSで放映した
小澤征爾指揮
東京オペラ・シンガーズ
サイトウ・キネン・オーケストラの
ロ短調ミサのビデオ
週に一度のペースで
観ていましゅ。
といっても
寝る前にセットして
テレビはオフタイマーにして
寝てしまうことが多いので
最後まで観たのは数回。
昨日は小澤さんの指揮にあわせて
最後まで一緒に歌う。
一人盛り上がって涙ぐんでしまう。
東京オペラシンガーズは暗譜で
歌っているので
指揮者への集中と
表情が素晴らしい。
これだけ歌えれば楽しいに違いないでしゅ。
実はL.A.S.Ponderのビデオ、
演奏がはじまってから
テープを探し回り録画したので
第1キリエの前半がありません。
先日、325.Sさまからお借りしたビデオで
ようやく全曲を観たのでした。
30日の演奏会まであと5日、
緊張感がうなぎのぼり、
いやがうえにも盛り上がりましゅ。
ジュゼッペ・シノポリのように
演奏途中で倒れるのはまずいでしゅが
カール・リヒターのように
演奏直後に
心筋梗塞で昇天するのは
演奏家冥利に尽きるのかもしれませんね。
でも11月30日の小宴会に引き続き
12月7日にも大打ち上げがあるので
それまでは生きていていたいものでしゅ。

バッハからの贈りもの

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/24 (Sun)11:12]

以前324.Sさまが
ご紹介くださった
鈴木雅明、加藤浩子著
バッハからの贈りもの
春秋社が
栃木県立図書館に入ったので
借り出してきて読み始めました。
楽しいでしゅ。
この一年バッハ関係の図書
読み漁ってきましたが
池辺晋一郎「バッハの音符たち」
小林義武「バッハ 伝承の謎を追う」
に匹敵するおもしろさでしゅ。
バッハの奥の深さはもちろん
その多様性、複雑性が
たまりません。
あきらめていた
バッハ全集(CD160枚)¥45000を
ロ短調ミサのご褒美に
自分にプレゼントしたくなってしまいました。
ご紹介ありがとうございました。

僕は「一段」じゃ足りないよっ(笑)二段三段前進を狙うぞっ!

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/24 (Sun)00:39]

[L.A.S.Ponder樣]
やはり日頃のように普通の部屋で行うのと、舞台で行うのでは
ずいぶん違いますね。とても密度の濃い練習だったように思います。
なによりも、今までで一番楽しい練習だった!

自分のチェンバロ通奏低音について言うと、
今回の練習、若干のミスはありましたが、自分の行いたい事の
「90%」は実現できました。

しかし「机上の空論振り回し」かつ「三文通奏低音」の私は
ここからが勝負。本番一週間前、最後のスパートを仕掛けます。
既に私が持っているポケットスコアはボロボロになりましたが、
これからもっとボロボロにします(笑)

最後のスパートの結果は、無論「グローリア(Gloria)日記」に
記載しますので、請うご期待!大どんでん返しストーリーを
用意しています。

さらに一段と前進を

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/23 (Sat)23:30]

本番一週間前のレッスン
熱が入っていましゅね。
去年、おととしとは
明らかに違う雰囲気のようでしゅ。
それでも弱小テナー
危ういところが有りましゅ。
勝利の美酒に向けて
あと7日
補強、補強の毎日でしゅ。

チケット販売にも拍車

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/23 (Sat)13:57]

去年の3倍以上の
15枚を早くも(早くないか)
売上げまたは無料配布。
2枚は義理で買ってくれたので
来ないかもしれないけれど
あとの13枚は確実に
席を埋めてくれましゅ。
さらにもう何枚か
捌くためラストスパートでしゅ。
ポスターも今年は10枚近く貼ったし
力が入りましゅ。
美酒、美酒。

R)打ち上げの秘密

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/23 (Sat)12:33]

素晴らしいお話
ありがとうございましゅ。

不肖L.A.S.Ponderも
かろうじて参加資格が
有りましゅので
ぜひとも小宴の末席に
お加え下さいませ。

これでますます
ラストスパートにも
拍車がかかりましゅ。

とにかくあと一週間!

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/22 (Fri)22:13]

>>合唱をやると言う事では共通なんだから。

おいおい、それは困りますぜ(笑)。
「合唱をしないで、通奏低音(Continuo)をする」人がここにいます。
更に、器樂隊の中には、
「歌詞を歌わないで歌詞の内容を表現するのに
 ものすごい努力をしている人」
「合唱団並みに歌のパートが暗譜できている人」
も居ますぞっ!

「ロ短調ミサの根本主題」…まとめきれなかった。
明日の練習の後、誰かに話でもしよう…。

独り言

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95; T312461)]

Name    [2002/Nov/22 (Fri)20:41]

団員それぞれに思い入れがあるでしょう。
あと1週間で本番です。
やはり本番が近くなると緊張するものですね。
昨日のテナーの参加者数にもそれが現れている。
前向きに評価しましょう。
グローリアのような活動は必ずそれを動かす人達がいます。
活動をしたくてもしないのではなく出来ない人もいると言う事も事実でしょう。
何故出来ないのか。
それはどうでもいいのではとも思うんだな。(腹立たしくなる事もあるでしょうが)
偽善もまた結構なんだな。
合唱をやると言う事では共通なんだから。
まあ、ここんとこだと思うんだな。
また、また、余計な事言っちゃてるかな。
楽しく、厳しくやりたいな。


演奏會後小打ち上げの件

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/22 (Fri)00:52]

演奏會後小打ち上げ・・・出ますっ!(^o^)/

ちょっと「グローリア(Gloria)日記」關聯が停滞しておりますが、
「"Kyrie"と"Dona nobic pacem"の間に共通する音形素材」
らしきものを見つけました。
私見によれば、この音形素材は"Cruxifixus"や"Et resurrexit"にも
表れている。ひょっとすると、「ロ短調ミサの根本主題」
かもしれません。
久しぶりの「発見」に、わくわくしています。

近々、グローリア(Gloria)日記にまとめますが、それにしても、
ホントにこの曲は底が深い。我々が今まで割いた努力は
決して少なくはありませんが、まだまだです。

本番1秒前まで精進しなければ!

打ち上げの秘密

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/22 (Fri)00:43]

当日はソリストの接待がありますので、演奏会実行委員会ではお察しの通り、小打ち上げを実施します。あくまで非公式ですが、実行委員会の会議見学者(チケット分券作業日を含む)は特別に参加資格を認めますので、11.29までに324.Sまでご相談ください。
ところで、今日の練習時の拍手は何?そんなもんいらないよ。1年間の運営や演奏会準備が、あんな偽善的な拍手で片付けられてたまるか。

今期最後の合唱レッスン

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/22 (Fri)00:01]

7時の時点でテナー一人。
これはヤバイでしゅ。
しかしぞくぞくテナー参集で安心。
ついにあと10日をきりましたね。
練習ピアニストのS本先生
ありがとうございました。
レッスン後S本先生から
宴会奉行を務めてもよい
とのお言葉をいただきました。
やっぱりS本先生も
呑みたいんだ。
30日演奏会終了後
呑みませんか?
それとももう幹部会では
宴席がセットされているのかな?
できれば下々の団員有志も
参加できる小打ち上げがあると
素晴らしいでしゅ。
一年かけて大作に取り組み
演奏会当日
後片付けのあと
そのまま帰ってしまうのは
淋しい限りでしゅ。
演奏会終了後の
美酒に酔いたいのは
S本先生と
L.A.S.Ponderと
中年のオジサンだけでは
ないでしゅよね!

独り言

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95; T312461)]

Name    [2002/Nov/21 (Thr)18:36]

あまり名前は公表しない方がいいかも。(認めた事になってる?)
こちらは誰が誰だかさっぱり判りません。
ただし、324は何と無く分かる(文面から怖さが漂ってくるもの)
ワー、こんな事書いてしまってああ恐い。
仲良くわいわいやるのもいいんだけどな。(子供じゃないって、そうだよね)
厳しさは必要です。(それぞれの自覚ですね)
独り言、独り言



追伸

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; YComp 5.0.0.0)]

Name    [2002/Nov/20 (Wed)23:40]

うちJavaは使っていませんよ。

でわ。

ぬぅ

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; YComp 5.0.0.0)]

Name    [2002/Nov/20 (Wed)23:38]

>NOIR樣がウェブデザインして、私がBGMでフーガを付けると

フーガらしきものも自作したいですす。
つうか公開はしてないですがフーガらしき物は作っていなくはないのです。
後悔したくないので。

中年のおじさんは

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/20 (Wed)23:06]

えんどうさま?
ちがっていたらごめんなさいでしゅ。
素晴らしい演説でした。
こういう素敵なお話が伺えるのなら
毎月、決起集会やりませう。

はじめまして

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95; T312461)]

Name    [2002/Nov/20 (Wed)19:56]

初めて投稿します。
さて、私は誰でしょうか。
17日のパルコからの眺めは良かった。
あの場でわたしはしゃべりすぎたかな。
今年はいろいろあって大変です。
来年も頑張りたいのだ。
さて、どうするか。
いろいろ迷惑をかけてばかりで気が引けている。
歌だけじゃないもの。
ふらふらしているばかりではっきりしないので
正直いらいらしている人もいるでしょう。
ころころ変わっているんだもの。
来年の事を言うと鬼が笑うというけど来年の事は今じゃないと言えないよね。
年を越したら今年だもの。
私何を言っているのかな。
18日の会議は正直恐かった。(こんな事言っていいのかな)
さて、私は誰でしょう。
私はどうすりゃいいの。
こんな事ここに投稿していいのかな。

拜復toppy樣Pelleas樣

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/20 (Wed)18:40]

Toppy樣、無事九州でのご着任、おめでとう御座います。

>>なんとも慌ただしく過ごしています。
>>浮上できるのはいつのことやら・・・(^_^;)

まあ、でもお盆や正月には戻ってくるんでしょ?また一緒に遊ぼまいて(^^)

それより、Pelleas氏
>>管理人より先にレスつけてもうた(爆)
有無無、なんたる狼藉、そこへ直れ、手打ちに致☆○=(--;)馬鹿

re:こんばんは♪

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90; T312461; Q312461)]

Name    [2002/Nov/20 (Wed)04:17]

をや、toppyさんは九州に異動なされましたか!
GWはご実家に戻られるようでしたら、例のオフしましょうね(^o^)
私は快復の途上にあります。

それではまた@管理人より先にレスつけてもうた(爆)

こんばんは♪

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.0; Windows 95)]

Name    [2002/Nov/20 (Wed)00:45]

ほのコンさん こんばんは。ご無沙汰しています。
九州に越してきて3週間余、なんとも慌ただしく過ごしています。
浮上できるのはいつのことやら・・・(^_^;)
とりあえず、無事に生きております。

ではまた。ひとまず生存表明@玄界灘

音楽現代1982年8月号

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/19 (Tue)23:18]

特集がバッハ
バッハ名曲名盤30選付き
だったので
宇都宮市立図書館の
除籍リサイクル図書から
いただいてきて読んでいましゅ。
アルンシュタットのオルガニストだった
青年バッハが
大立ち回りを演じた相手は
聖歌隊の少年ガイエルスバッハでした。
彼がテノールかバスかは記載なし。
名曲名盤はすべてLPレコード。
L.A.S.Ponderが宇都宮合唱団時代に
ロ短調ミサ抜粋(3曲だけ)をピアノ伴奏で
歌ったときに聴いていたのも
LPのミッシェル・コルボ指揮
ローザンヌ声楽器楽アンサンブルのものでした。
うーん懐かしいでしゅ。

演奏会モードに入ってきましたよ

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/19 (Tue)22:31]

 17日の練習後の決起集会はそれなりの盛り上がりを見せ、本番前のよい景気付けとなりました。私は、うわべだけの仲良しクラブ的な音楽集団が嫌いですので、音楽的な信頼を媒介としない宴会はお断りですが、さすがにこの時期に参加する有志は、本番でも大いに期待に応えてくれそうですね。
 さて、昨日は今年11回目であり、演奏会前最後となる演奏会実行委員会を開催しました。まだまだ完全とは言いがたい面もありますが、それぞれのスタッフが演奏会のために尽力している姿を、すべての参加者に見せたいですね。歌いに行きたい時だけ練習に参加して、余計なことは一切手伝わず、チケットもノルマの5枚だけ仕方なく買い取り、かと言って積極的に売ったりあげたりはせずにしまい込み、ポスター貼りなど間違っても協力はせず、全体の音楽的向上など二の次で、自分がそのステージに立つことだけで満足している輩
には、到底理解できない私たちの1年間でしょう。
 しかし、何はともあれ、もう歌うことはないだろうこの「ロ短調ミサ」、あと10日間の心地よい緊張感を楽しみながら、本番の日を迎えたいと思います。何割かの人たちには期待していますよ。栃木県の団体として初演となるこの日に、歴史的名演を刻みましょう。、

ロ短調ミサの音源&映像

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/19 (Tue)20:30]

>[Nandatte Cantabile樣]
私の場合、この時期「ロ短調ミサ」の音盤を聽くと、
当日の演奏に変な影響が出ることがあるので(笑)、
ロ短調ミサの音盤を暫定封印しました。

L.A.S.Ponderは
最後の2週間
14種の
CD,CD-R,DVD,video tape, audio tape
聴きまくりましゅ。
さあ怒涛の
ロミサ、ロミサ、ロミサでしゅ。

結局、決起集会には參加できず

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/19 (Tue)20:06]

合唱団の皆様、「參加する」といいながら、
結局參加できず、先日は大変失禮致しました。

さて、「グローリア(Gloria)」の本番まで、いよいよあと2週間足らずと迫ってきました。
今まで、「グローリア(Gloria)日記」を、
今回演奏会を行う我々への
一種の「樂曲分析ネタ提供」として用いてきましたが、
そろそろ「今更何を言っても混乱するだけだ」という時期に
近づいていると思います。
細かい部分の指摘はとりあえず脇へ置いて、
もう少ししたら、「『ロ短調ミサ』全曲を貫く音樂素材」
について、大胆(というか、かなり無鉄砲な)仮説を
書いてみようとおもいます。演奏會前最後の樂曲分析ネタです。

[Nandatte Cantabile樣]
私の場合、この時期「ロ短調ミサ」の音盤を聽くと、
当日の演奏に変な影響が出ることがあるので(笑)、
ロ短調ミサの音盤を暫定封印しました。


あと2週間でこの曲ともお別れ。寂しいなぁ

夢一夜

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/18 (Mon)23:15]

夢のような甘美な一夜が明けて
もう思い残すことはないと思ったら
11月30日にロ短調ミサが残ってました。
で今日宇都宮から群馬への道すがら
磯山教授推薦で
昨夜も324.Sさまが言及しておられた
ベルリンRIAS室内合唱団
ベルリン古楽アカデミー
ルネ・ヤーコブス指揮の
ロ短調ミサを聴きなおしゅ。
あれ、これ2000円じゃないじょ。
¥4689だ。
いつ値下げになったんだろう。
確かに軽快でしゅ。
とくにCredo。
しかしet in terra pax(6分41秒)は
さすがに長い。
あまりにも悠然たる演奏で陶然としてしまう。
Gratiasが2分33秒と快速なのに対して
Dona nobis pacemが3分7秒とややたっぷり。
長調の合唱曲でティンパニとトランペットの
演奏が刺激的。
et expectoはちょっとあっさりしすぎか。
運転中通して聴き、
また今群馬でも聴く。
何回聴いても素晴らしい。
ロ短調ミサとクワイア決起集会は
何度やっても素晴らしい。
クワイ決起集会が
毎月あったら
グローリア E&C
やめられなくなりそうでしゅ。

グロリア クワイア 総決起集会

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/17 (Sun)23:56]

17日のグロリア クワイア レッスンに
引き続き決行された
クワイア総決起集会に参加!!!
30日の演奏会に向けて
緊張感が指数関数的に急上昇!!!
Dona nobis pacemを
歌い終わったあとに
カール リヒターのように
急性心筋梗塞で
急逝しても
悔いはない。

でも30日
演奏会終了後に
美酒を浴びてからにしたい!!

僕は、未だやり残した事がたくさんあるような気がする。

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/15 (Fri)02:06]

今年の「グローリア日記」を全部プリントアウトしたら、
4時間もかかってしまった。
こりゃ「決起集会」には間に合わないかな?(爆)

[324.S樣]

>>アマの団体では、自分の演奏会に来てもらいたければ、日頃からよその団体の演奏会にも顔を出す、
>>というのがお約束なのです。

これは理屈では分かっていました、が、
今年は敢えて私はこれを實施しなかった。
理由は主に「体力的な側面」です。

他の団体のステージを聞きに行く…「音楽鑑賞」は
ものすごいエネルギーを消費する所業です。
まじめに取り組んだら「演奏」よりもしんどいかも知れない。
そうでなくても未だ鬱病が完治していない状態の私、今年だけは、
「音樂によるエネルギーの消耗」をできるだけ「ロ短調ミサ」に向け、
他の事は可能な限り避けたかった。

今だから言っちゃいます。實は、「ロ短調ミサ」の存在を知り、
スコアを買い、その緻密な書法、構成に感動し、
更に、ガーディナーのCDを聽いて感激し、
「俺もいつかこの曲の通奏低音(Continuo)を!」
と思ったのが…約7年前。
それ以来、出張、旅行、帰省の時には必ず「ロ短調ミサ」を録音した
MDを、スコアと共に持ち歩いていました。

思えば、私は「約7年間『譜読み』をし続けていた」と言えましょう。
(その割に現在の我が情況はあまり芳しくない(苦笑))
飲み会の席で友人に
「おまえ、死ぬまでにこれだけはやっておきたいって事、あるか?」
と言われて、
「あるっ!一つは、家庭を持つ事、
一つは皆既日食を見る事、一つは、
ロ短調ミサの通奏低音(Continuo)をする事だ」
と答えたこともあった。その「一つ」が、あと2週間後に迫っている。
自分でも、非常に神経質になっているのが分かります。

私のバッハ経験は、特に器樂曲の分野に対しては決して
少なくないと思っています。「ロ短調ミサ」に演目が決定してから、
こうした「バッハ経験」を、他の人にもT.T.(技術的助言)したいと、
ずっと思っていました。
今年の「グローリア日記」の少なからぬ部分は、その目的も兼ねて
執筆しています。

あと2週間で出来ないこともたくさんあります。例えば、
「音取り」の際に、
「自分が出すべき次の音符を、他の声部や曲の前後関係などから、
 演繹的に『当てる』」
(私はこうしたものを『作曲的演奏』と呼んでいます)
という技を、是非、他の人に伝達したかった。
(これを伝達するには、実は半年以上かかる。もう、遅い+_+;)

あと2週間、現在私が所有している音楽的な蓄えの
すべてを注ぎ込みます。

本番後の「リバウンド」が恐いなぁ。
L.A.S.Ponder樣…私は、来年の曲に
どれだけのエネルギーが注力できるでしょう?ちょっと不安です(^^;)

プッチーニのグロリア・ミサ

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/14 (Thr)21:19]

宇都宮の新星堂に
注文していた
NAXOSの1000円盤
プッチーニのグロリア・ミサ
ハンガリー放送合唱団
ハンガリー国立歌劇場管弦楽団
ピエール・ジョルジョ・モランディ指揮が
入荷。
さっそく購入。
ところが宇都宮東武デパート5階
ヴァージンレコードにも
同じ物が・・・
これで
コア・ディスクから取り寄せた
西ドイツ放送合唱団
フランクフルト放送交響楽団
エリアフ・インバル指揮盤と
アンブロジアン・シンガーズ
フィルハーモニア管弦楽団
クラウディオ・シモーネ盤と合せ
3枚がそろう。
今はロ短調ミサ全力投入なので
1回だけ聴く。
繰り返し聴き込むのは
12月以降のお楽しみ。
いやあこれは
ミサ通常文をせりふとした
オペラでしゅ。
こんな軽やかなミサ曲
ないんじゃないかしら。
Qui tollis peccata mundi
(世の罪を取り除くお方)なんか
オペラ合唱曲そのもの。
来年のグローリア アンサンブル&クワイアが
楽しみでしゅ。

合唱最終練習に向けて

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/14 (Thr)21:03]

このところ、愚痴っぽい書き込みが多く、関係者の皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。これからは、前向きにいきます。
いよいよ大詰め、本番前の心地よい緊張感が漂ってきました。13日の教会練習でも某パートが何度も落っこち、17日の練習で、間違っても「音取り」などすることがないように、釘をさしておきました。はっきり言って、今回の演奏会の成功の鍵はテノール(言っちゃった!)が握っています。頼みますよ!
さて、さすがに、「ロ短調」。プレイガイドでの売れ行きも、問い合わせの件数も例年とは比較にならない量です。県内アマ団体初の全曲演奏として、歴史に残る演奏を刻みたいですね。
因みに、当日演奏会がバッティングしているコールミリオネア様(余談ですが私と愚妻が出会った団です)に、前日のゲネの特別招待を計画したところ、4名のお申し込みがありました。こういう人たちがいる限り、この団の未来は明るいですね。アマの団体では、自分の演奏会に来てもらいたければ、日頃からよその団体の演奏会にも顔を出す、というのがお約束なのです。最近はこんなこともわからない合唱人が多くて困ります。
尚、決起集会の場所は当日のお楽しみ。20名の参加申し込みがありました。何次会でも付き合いますよ。ゲスト(会費はいただきます)のコンティヌオさまは、5時に練習会場にお越しください。

うっ、危機は「通奏低音用撥弦鍵盤樂器」だけかっ!(爆)

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/14 (Thr)00:36]

17日、そういえば会場は聞いてないです。(^^;)
「練習に参加した人のみが決起会に参加できる」
という、324.S선생(先生)一流の技だろうか(爆)
       ↑
#私もずいぶん性格がひねくれてきました(^^;。

尚、当日はグローリア日記を、ご希望の方に「格安」にて配布してさしあげようかな…
などと考えております。
(ほんとは「格安」ではなく、無料にしたいのですが、
それなりに紙代とインク代がぶっ飛びますので…+_+;)

テノール危機突破

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/13 (Wed)23:27]

今日13日のグローリア合唱練習は
どうだったのでしょうか。
さていよいよ17日は
(テノール危機突破)
クワイア総決起集会でしゅね。
会場はどこになったのでしょうか。
毎年モン・ブランやユング・フラウに
登っていた登山隊が
いきなり合唱曲の最高峰エヴェレストに
アタックするのでしゅから
テノール隊が脱落しそうになっても
無理はありませんね。
ここはひとつ
強力なベース隊や
やさしいソプラノ隊に
声援していただいて
危機突破を図らねばなりませんね。
テノール隊だけが脱落
というわけにいきませんものね。
そして30日は
「大変でしたね。」ではなく、
「いい演奏でしたね。」と
言われたいものでしゅ。
それから17日は
二次会はあるのでしょうか?

炎コン式味噌も糞も一緒くたのフーガ用語講座(拝復L.A.S.Ponder樣)

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/13 (Wed)21:31]

実は昨日書いた長文は、

フーガの主題/主唱(Dux)、応答/答唱(Comes)に関する知識。

が前提になっています。意外にこれを把握している人って
「多そうで少ない」ようなので、ちょっと解説してみます。

一般に、フーガの開始部分で、
主調上で始まる主題が「主題/主唱(Dux)」
屬調上で奏でられる主題が「応答/答唱(Comes)」と思っていれば良いです。

例えば、4声フーガの場合、
第1声部が主調上で「主題/主唱(Dux)」を出し
第2声部が属調上で「応答/答唱(Comes)」で重なり
第3声部が主調上で「主題/主唱(Dux)」で重なり
第4声部が属調上で「応答/答唱(Comes)」で重なる

というのが1つのパターンです。

ただ、"Pleni sunt coeli et terra"の場合、ちょっと
事情が変わっていまして、最初にテノールが単独で歌う旋律(主唱)と、
引き続いて入ってくるアルト(答唱)とで、旋律が
微妙に違っているのです。最初のテノールの主題旋律はすべてD-dur(ニ長調)
上にあるのですが、アルトの答唱は最初の音をD音にして、
末尾はA-dur(イ長調)に成っています。單純に主題旋律を属調に移調したら
E音から始まるはず。旋律に細工がされているのです。

http://www.basso-continuo.com/Gloria_d/2002/Glo_j1.htm#Aug25of2002

に掲載されている"Pleni sunt coeli"冒頭をもう一度よくご覧下さい。

こういった答唱/応答を「定調応答」とか「守調応答」とか呼びます。
これに対し、応答の旋律が主題の旋律と完全に一致している物を
「真性応答」と呼びます。
「ロ短調ミサ」の中では、最初の「Kyrie」および第3曲の「Kyrie」は
「真性応答」の典型的な物で、「定調応答」の好例としては、
先程の"Pleni sunt coeli"以外には"Confiteor unum baptisma"の開始部分
などを挙げることができます。

さあて、あと2週間ちょっと、ここで一夜漬け楽式論をマスターすると
後が楽です(←大嘘)がんばれっ!

変態病原鏡…もとい、天体望遠鏡について(拝復geo兄貴)

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/13 (Wed)21:05]

ををっ!場違いな書き込みがっ!(笑)
감사(感謝)합니다!

>>天体写真を撮ろう、などという邪念

そうか、天体写真を撮るのは邪念だったのか。要するにスケベな行為なのだな?
(と書くと全世界の天文ファンを敵に廻すので撤回しますm(_ _;)m)

「シュミットカセグレン」、カセグレンと言うからにはやっぱり
反射望遠鏡ですね?(何も分かっていない私(^^;))
口径20cmというのは結構ポイント高いですねぇ。
「可搬性」が良い、ってのもポイント高いッス。ちょうど今の
私のスピネットチェンバロみたいに(笑)

>>ビクセンのHPは
(以下略)

よおし、来年夏のボーナスが出たら直ちに購入して
オリオン座でも見るか☆○=(--;)ヤッパリ、何モ分カッテイナイ

望遠鏡のお話ですが(^^;;

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95)]

Name    [2002/Nov/13 (Wed)20:49]

隠れ天文ファンのコンさん、どもども。

>「超初心者」向けの赤道儀式天体望遠鏡(←と
>いう言葉が既に矛盾しているのは百も承知で)
>どこのメーカのが良いのか、教えてくれません?

天体写真を撮ろう、などという邪念をおこしたり
しないのなら、私はビクセンの、赤道儀に20cm
シュミットカセグレン式望遠鏡が乗ったヤツ
をお薦めします(一般天文ファンの間からは
非難の声があがるだろうが(^^;)。

理由は
1)
ある程度の口径がないと何を見てもショボイ。
最低でも15cmの口径がないと種々の天体を見て
感嘆の溜息をつくのは難しい(^^;(初心者は特に)
6~8cm程度の屈折望遠鏡では月と土星を見たら他に
見て面白い対象がありません。
2)
クロート天文ファンの間では高橋製作所(タカハシ)
の赤道儀の評価が高い(私も2台持ってますが(^^;)
のですが、写真を撮らないのならそこまで堅牢な必要
はない。それに重すぎ(^^;;。ビクセンは値段のワリに
それほど悪くない(ひどい言い方だが(^^;)。
3)
シュミットカセグレン式は製品のばらつきがあるとは
言われるがそれを差し引いても口径のワリに安いし、
鏡筒が短くて取り扱いがラクです。重くて取り扱いが
面倒だと、外に出て星を見ようなんて気は失せます(^^;。

とまぁ、こんなところでしょうか?。
ビクセンのHPは
http://www.vixen.co.jp/japanese/index_j.htm
です。望遠鏡の選び方、なんて項目もあって
オモロイです(^_^)。

# なんだかとっても場違いな書き込みな気が(^^;

拝復似鳥樣

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/13 (Wed)20:11]

私なんぞは、逆にフーガの技法は楽譜眺めてるだけで
満足してしまっています(笑)

私はどうしてもあの曲全曲が鍵盤一台で弾けるってのが信じられない(笑)
私の持っているヴァルヒャの版では、
「拡大縮小反行形フーガ」
なんて、後半部分、もう、ぐじゃぐじゃに聞こえます。(笑)
単に「楽譜通りに音符を鳴らしていく」だけなら、
半年間ぐらい他のすべてを放っておいて集中練習すれば
何とかなりそうな気もしますが(笑)そのうえまた、
「主題が聞き取れるように」
で、練習期間が更に半世紀ぐらい必要になりそうです(+_+;)

拝復NOIR様

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/13 (Wed)20:04]

うおおっ、ご無沙汰であります。

>>楽器とか歌とか演奏に携わっていれば

何の何の、私なんか、NOIR様のサイトの
デザインを見ていつもため息ばかりついています。
私、なにしろ、Javascriptも全く知らないし、「ウェブデザイン」
なんて、遥か雲の上の話です。

NOIR樣がウェブデザインして、私がBGMでフーガを付けると
世にも洗練されたデザイン、かつ、錯綜したウェブサイトが
できあがるかも(笑)
まあ、気晴らしに時々、遊びに来ておくんなさい(^^)

re:フーガの技法・お薦め演奏 (ピアノ盤)

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705)]

Name    [2002/Nov/12 (Tue)23:40]

お久しぶり。技法の録音の話題なので末期バッハおたくの登場です。
理論板の方でもお尋ねしたいこともありましたので。

フーガの技法に限っていえば、聴くぶんにはモダンピアノによる演奏が
だんぜん好きです。(自分で弾こうとすると不条理に難しくてやる気がうせる)
音色的には圧倒的にチェンバロのほうが好みなんですが、予習しないと
ガシャガシャしてるだけに聞こえてしまう箇所もあったりする。
わたしのように読譜力の弱い人間にとっては、必死に楽譜を追いかけるより
ピアノによる優れた演奏のほうがずっとわかりやすかったりします。

一番のお気に入りはCharles Rosenによるもので、恐らく世界初の
ピアノによる全曲録音です。1枚で弾ききっていますが、74分が
あっという間に過ぎ去ります。Rosalyn Turedkによる小品集と
2枚組みで、SONYから"Bach The Keyboard Album"として発売されてます。
多分2000円しません。コストパフォーマンスは間違いなく最高です。
SONYよ、ちゃんと「フーガの技法」として売れ、決定盤なのに。
Rosenは六声のリチェルカーレもすばらしい録音を残しており、
こちらもSONYから"Greatest Hits Baroque Piano"として出ていますが、
売る気あるのかな...
この人、理論書とかもたくさん書いていてカーターとかブーレーズとか
得意にしてるみたいです。

もうひとつお勧めなのはEvgeni Koroliovの演奏。
2枚組みで5000円近くしますが、爆速の9番とかレーガー状態の
ゲテモノ11番の弾き分けとかは圧巻です。音がどぎついので
あんまし通して聴く気にはなれませんが。
リゲティ御大の無人島への1枚だとか。

上の2人ほどではありませんが、Joanna Macagregorも秀逸。
テンポは速いけどちょっと指が回ってなかったりペダル踏んでたりします。
面白いのはカップリングされたNancarrowの自動ピアノのための習作
から3曲の多重録音。自動ピアノ盤よりイイです。
リズムと対位法こそ音楽、とか思ってる人には一聴の価値あり?

ニコラーエワは技術的には?、って箇所もありますけど、ピアノでは
珍しい曲が聴けること、やっぱ彼女にしかないものってのも感じられます。
このCDでは4つのデュエットがお気に入りです。曲の怪しさがよく出てる。
楽譜も全曲打ち込んでみたりしたんで欲しい方とかいます?

コチシュは廃盤...図書館とRってのは定番ですが。

最後におまけ。1月に鈴木雅明さんがベルリン自筆譜全曲演奏します。

http://www.bach.co.jp/newpage69.htm
http://www2s.biglobe.ne.jp/~bcj/2003.html#フーガの技法

長文失礼。チェンバロ、オルガン、初期稿に関してはまた後日。

お久しぶりりです

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; YComp 5.0.0.0)]

Name    [2002/Nov/12 (Tue)22:52]

ご挨拶に参りました。
時々書きこまないと、忘れられてしまいそうなので。

楽器とか歌とか演奏に携わっていれば提供できる話題もたくさんあるのでしょうが、そういった活動はしていないし、
作曲の方も滞りがち(しかもどんどんクラシックから遠ざかっている…)

ぐはぁ

勉強になりましゅ

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/12 (Tue)00:04]

ふだん接することのできない
専門的な解説、試論ありがとうございましゅ。
ミニチュア・スコア片手にゆっくりと
追わせていただきました。
なるほど、そういうことなのでしゅね。
半分くらいしかわからない。(涙)

Sanctusのくそ高いh音についての暴論的試論(拜復L.A.S.Ponder樣)

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/11 (Mon)02:26]

[L.A.S.Ponder樣]
たくさんの書き込み、ありがとう御座います(^^)

>>バッハはこのエキュメニカルな作品が
>>異教徒、無神論者達によって
>>演奏されることを 
>>実は願い喜んでいるのかもしれないでしゅ。

この部分を眺めていたら、何となく涙腺がゆるみました。
こういうことを考えながら歌っている人とともに
音楽を構築していけるとは、私は果報者だ…と。

確かに、楽譜上で見てもテノールは音が高めですね。
それに器樂のサポートも「合唱バス-通奏低音」のようではない。
"Crucifixus"から"Et resurexit"へは、12度の跳躍か…ふええ?12度?
しかもここはattaccaにしないと効果が薄いから、確かにテノールは
「地獄」だな。

>上のhのような高い音まで
>出させるなんて

A1が頻出している(!!)ことは確認できたけれども、h1なんてどこに…
…と思っていたら、あったあった、"Sanctus"の74小節目、
"Pleni sunt coeli"で、バスの最初の主題投入に重なっている部分だな。
うわ、ここの部分、第2アルトよりも1オクターブも高い音を出して
居るんですね。ものすごい声部錯綜だ。

ただし、ここでちょっと「邪論」を述べます。

私は実は「フーガおたく」で、「プロジェクトX」の主題歌で
フーガを作ってしまったぐらい(笑)なのですが、
その立場から「暴論的試論」を(^^)…
「フーガ冒頭の主題投入はDux(主唱)→Comes(答唱)→Dux(主唱)→Comes(答唱)→…
 と言う具合に、1声部ずつ増やしていく」
という、「フーガ展開の定石」があります。
これを勘案すると、"Sanctus"の74小節目で主導権を取るフーガ主題旋律は
テノールではなく、ベースだと思います。
ベースの主題旋律はD-dur上のDux(主唱)。
一方、テノールはベースのDuxに3度上で乘っかっている格好だ。
極端な話、テノールのこれは「主題そのもの」ではなくて、
「主題の3度上を平行して動く旋律」とまで
言ってしまうこともできる。
だから色々「裏技」を使う余地があると思うんですよね(^m^)

「自称:フーガおたく」の立場から言うと、その直後、
87小節からのe-moll主題旋律のほうこそテノールにとっては重要です。
ここは「主題の3度上のをなぞる旋律」ではなくて、
「正真正銘、主題そのもの(e-mollのDux(主唱)」です。
これの出だしを明瞭にするのはとても大変です。主題としての扱いは
h音を含む直前の主題旋律よりもむしろこちらのほうが厄介そう。

さらに、125小節目でもう1回テノールに主題が登場する。
ここのテノールも「正真正銘の主題(D-durのDux)」
ですが、ここは他に比べれば扱いやすいと思います。音域も
以前の2つほどには高くはない(それでも高いことは高いですが)し、
更に、管弦楽連中からは第2ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの
「3群立てユニゾン」がフォローにまわっています。
弦楽5部の中の3部ですから、分厚いフォローですよ!(笑)

バッハの鍵盤曲

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]

Name    [2002/Nov/11 (Mon)01:37]

[拜復Pelleas樣、geo兄貴]

geo兄貴、早速の御紹介、ありがとうございます。
そういえば、バッハのクラヴィーア(鍵盤付き弦樂器)の曲って
「平均律」と「ゴルドベルク」以外は、私もあまり聽いたこと無いなぁ。

「フーガの技法」を初めて聽いたとき(ヴァルヒャのCDでした)、
楽譜を見ながら聽かないと、面白みが分からなかった。
それ以来、フーガの技法を聽くときは、何となく
「楽譜を見ながら聽く」のが習慣になっています。

だから、頭が疲れるのかなぁ?(+_+;)

青年セバスチャンが

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/10 (Sun)23:46]

路上で
決闘まがいの
大立ち回りを
演じた相手は
きっと聖歌隊の
テノール歌手に違いない。
だから後年バッハの
合唱曲のテノールパートは
やたらに難しく
テノール泣かせなのかも。
ロ短調ミサでも
合唱ベースはほとんどの曲で
手厚い通奏低音に護送されているのに
合唱テノールは
時々ヴィオラが併走するものの
ほとんど単独で歌わなくてはならない。
それにいかにも不自然な
進行や
上のhのような高い音まで
出させるなんて。
ほんに弱小テノール泣かせでしゅ。
ヨハンよ、
喧嘩の恨みを
作曲で晴らすのは
よくないでしゅ。

聖トーマス教会のミサ曲ロ短調

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

Name    [2002/Nov/9 (Sat)22:41]

ひさびさに
ゲオルク・クリストフ・ビラー指揮
聖トーマス教会合唱団
ライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団の
バッハ ミサ曲ロ短調のDVDを通して観る。
さすがバッハ・フェスト
それも没後250年の
2000年7月28日の記念演奏会のライヴだけに
祝典的気分に満ち溢れている。
マタイ・ヨハネが悲嘆と救済の音楽なら
ロ短調ミサは歓喜と賛美の音楽だからか。
Et expectoでは
白地に赤の聖トーマス教会のドームに
たしかに聖霊が飛び交ったような気がした。
Et resurreexit以降は立ち上がって
観てしまい
pleni suntの8分の3拍子からは
一緒に歌いながら踊りだしてしまう。
114分観終わってしばし動けず。
しかしまた長調の合唱曲だけ
頭出しして観てしまう。
DVDのありがたさ。
バッハもこの曲を
一冊の合本にまとめるにあたって
実演を念頭においていただろう。
もしバッハが失明せずに
あと数年生き長らえていたら
聖トーマス教会で彼の指揮で
演奏されたかも知らない。
それが没後250年
彼の16代あとの
聖トーマス教会カントルの指揮で
かくも華々しく演奏されるとは。
そしてユーラシアの東の果て
日本の一地方都市でも
アマチュア合唱団とオーケストラによって
演奏されることになるとは
大バッハ先生も夢にも
思わなかったでしょう。
バッハはこのエキュメニカルな作品が
異教徒、無神論者達によって
演奏されることを 
実は願い喜んでいるのかもしれないでしゅ。

re:フーガの技法・お薦め演奏

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90; T312461; Q312461)]

Name    [2002/Nov/9 (Sat)22:27]

geoさん、こんばんは。
早速お教え下さってありがとうございますm(_ _)m
geoさんお勧めのニコライエワって、Tatiana Nikolayevaのことですか?
もし、そうでしたら、Amazon.comでさっき見つけて早速オーダーしました。
http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B000002ZS9/002-9757179-4978465
です。
(なぜか、こういう事に関しては行動が異様に素早い>σ(^^;))

バッハの鍵盤楽器用の曲は・・・、まだゴルトベルクくらいしか
聴いたことがないです。CDを持ってるだけ、というのであれば、
平均率第1&2巻をアファナシエフで、フランス組曲全曲を
曽根麻矢子のチェンバロで持っていたりはしますが、まだまだ
ほとんど聴いていないで、「積んでおいてある」状態です。
「聴こう!、聴きたい!」という気になった時にすぐ聴けるように。

フーガの技法・お薦め演奏

HTTP_VIA = [] / HTTP_X_FORWARDED_FOR = [] /HTTP_FORWARDED=[] / HTTP_USER_AGENT = [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95)]

Name    [2002/Nov/9 (Sat)22:01]

Pelleasさん、どもです。

うーむ、フーガの技法のピアノ版ですか。
私が持ってる音源はニコライエワとコチシュの全曲盤です。
(生憎、どちらもテープ音源(^^;)
もし、入手可能ならニコライエワはお薦めしますね。
とても素晴らしいです(ニコライエワはこれに限らず
バッハは全て素晴らしい。平均律はもちろん、「三声の
リチェルカーレ」や「六声のリチェルカーレ」のような
曲も!(しかし、六声のなんかピアノで弾くなよ(^^;)

# ジュリアードの弦楽四重奏のも素晴らしいですね(^o^)。
  私も大好きです!。


| 1-100 | 101-200 | 201-300 | 301-400 | 401-500 | 501-600 | 601-700 | 701-800 | 801-900 | 901-1000 | 1001-1100 | 1101-1200 | 1201-1300 | 1301-1400 | 1401-1500 | 1501-1600 | 1601-1700 | 1701-1800 | 1801-1900 | 1901-2000 |[2001-2100] | 2101-2200 | 2201-2300 | 2301-2400 | 2401-2500 | 2501-2600 | 2601-2700 | 2701-2800 | 2801-2900 | 2901-3000 | 3001-3100 |

| 掲示板の入り口に戻る |