[Top Page / 主頁] > [掲示板への入口] > [掲示板 過去ログ]

The old Messages from

BASSO CONTINUO's Message Board

| 1-100 | 101-200 | 201-300 | 301-400 | 401-500 | 501-600 | 601-700 | 701-800 | 801-900 | 901-1000 | 1001-1100 | 1101-1200 | 1201-1300 | 1301-1400 |[1401-1500] | 1501-1600 | 1601-1700 | 1701-1800 | 1801-1900 | 1901-2000 | 2001-2100 | 2101-2200 | 2201-2300 | 2301-2400 | 2401-2500 | 2501-2600 | 2601-2700 | 2701-2800 | 2801-2900 | 2901-3000 | 3001-3100 |

| 掲示板の入り口に戻る |


本日の体調

Name    [2001/Oct/7 (Sun)19:23]

本日は東京近郊でオフ会の筈でしたが、欠席しました。
どうやら欠席したのは「正解」だったようで、
体の調子が少し戻ってきたような気がします。

[HANE様]
稲刈り-脱穀ネェ・・・傍目にはのどかでいいなあ・・・傍目には(笑)

[マクリン様]
歡迎光臨!早速貴サイト訪問いたしました。
色んな自作フーガ、早速拝聴。どのフーガも流れが自然で、
なんだか私よりもずっと対位法に手慣れておられる方のような
気がします(^^;)。

敢えて「あら探し」するとすると、
「主唱-答唱-主唱」
とくる際の3声目の主唱が。どの曲も1声目の主唱と同じ音高なんですよネェ。
ちょっと、ごちゃごちゃしないかナァ(^^;)


はじめまして!

Name    [2001/Oct/6 (Sat)22:05]

炎のコンティヌオさんはじめまして。
マクリンといいます。
私はフーガが大好きで自作のフーガを作って
おられるサイトを探していたので、このサイトを
知る事ができ感動してます。

シンフォニア イ長調聴きました。
優しく流れる主題が印象的で良かったです。
他の曲もまたゆっくり聴かせてください^^)

http://homepage2.nifty.com/fuga/


復活お待ちしてます。

Name    [2001/Oct/6 (Sat)00:38]

炎コン様
三連休ですので養生してくださいまし。
ちなみに私は脱穀です。(収穫のあき~)


遂にダウン(+_+;)uum

Name    [2001/Oct/5 (Fri)19:42]

[ミーントーン様]
遂に本日ダウン。午前4時に目が覚めてしまったのですが、
もう憂鬱で憂鬱で、何もしたくない。
遂に職場に、電話で休む旨連絡いたしました。
夜になって、大分落ち着きましたが・・・。

状態が変化しているのは自覚していて、
だいたい予想通りだったのですが、
見通しが少々甘かった。

まあ、なにはともあれ、
明日は土曜日で職場は休みのため、3連休になります。
連休が控えていて良かった・・・(^^;)


無理なさいませぬように

Name    [2001/Oct/5 (Fri)18:25]

炎のコンティヌオ様

 元気がなくなっているときは決して無理なさいませんように.十分元気が出たら,また楽しくやりましょう.ブランデンブルクの5番を演奏されたことがあるそうで,かなりの腕をお持ちのようですね.

Junko様

 Junko's Roomを拝見させていただきました.私はピアノのきちんとしたレッスンを受けたことがない(中学校のときシューマンの“流浪の民”の伴奏を楽譜から1個ずつ音を拾いながら力ずくで暗譜していって,1か月ぐらいで,汚いながらも何とか最後まで通せるようになった程度.今はもっと実力は落ちているはず)で,ピアノをどうやって覚えていくか,とても興味があります.最近,楽器店でバイエルやツェルニーを初めて開いてみました.とても珍しいものを発見したような感じでした.


拝復NOIR様、Junko(順子)様

Name    [2001/Oct/4 (Thr)22:21]

心身の調子が「躁」から「鬱」へ変化しているのを感じます。
大事をとって、今週月曜日に、「木曜日は休暇を取得します」
という旨伝えたのですが、仕事がたまっていて、結局ほぼ
通常勤務してしまいました。
でも残業はしなかったぞ(^^;)

[NOIR様]
うわっ!実演をご覧になったことがあるんですか?うらやましいっ!
今度俺にも見せて☆○=(--;)

[Junko様]
たび重なる移転、ご苦労様です。「孟母三遷」みたいですね(笑)
でも、広告バナーが別ウィンドウで出るサイトよりも、
出ないサイトのほうが「見やすい」事は事実(^^;)おめでとう御座います。

>>掲示板もレンタルからフリーウェアに変更しました。
>>それにばかり熱が入ってしまって

わかるなぁ、これ。

実は私の掲示板は、かの有名な
「ネットサーフレスキュー[Web裏技] 」
(http://www.rescue.ne.jp/)
から持ってきた物ですが、コメントを中心にずいぶん改造していますし、
英語掲示板にも使用しています。
更に改造して、今度は、
「韓国語掲示板」を起動しようとしていますが(^^;)、そのまえに
韓国語コンテンツを充実させなくちゃ・・・すると
日本語コンテンツの更新がおろそかになる(爆)

リンクのほうは、二,三日中に変更致します。
なにとぞよろしうにm(_ _)m


サイト移転のお知らせ

Name    [2001/Oct/4 (Thr)21:25]

こちらへの連絡が遅くなりまして、ごめんなさい。
旧「ピアノと音楽と私」の順子です。
(ハンドル名表記ををJunkoに変えました)
このたび、広告バナー一切なしのホームページを目指し、
再度移転しました。新しいURLは下記のとおりです。

http://www.pretty.ne.jp/~junko/

今度のところは持ち込みCGI設置OKですので、
掲示板もレンタルからフリーウェアに変更しました。
それにばかり熱が入ってしまって、肝心の音楽関連ページが
ほとんど元のままですが、また少しずつ新コンテンツも
充実させていきたいと思っております。
今後ともよろしくお願い致します。


バルブなしトランペット

Name    [2001/Oct/1 (Mon)15:35]

確か一回だけ生でその演奏を聴いた気がします。
大変そうでした…。
http://josquin.hoops.ne.jp/


ブランデンブルク5番

Name    [2001/Oct/1 (Mon)06:44]

あのチェンバロは決まるとかっこいいっすね。
むかし、地元のホールで弦楽合奏だ+フルートと一緒に
第1楽章だけを演奏したことがありますが、
特にカデンツァのところで、客席から独特の空気がつたわり、
こちらまで興奮したのを覚えています。(^^)


さきほどの続き

Name    [2001/Sep/29 (Sat)21:30]

 穴あきトランペットは本当にあるのですね.もっとも私が見たのはTVの画面ですが・・・

 第九の楽譜を確認いただきありがとうございます.TVでは,ファンファーレ以外にも原曲と現在の演奏との比較をいろいろやっていました.

 ブランデンブルク協奏曲5番の演奏(これはTVではなく,実物)を聞いたとき,かなり高齢の人がチェンバロを演奏していたので,途中で倒れたりしないかとハラハラしながら見ていましたが,実に見事な演奏でした.こういう緊張感はTVでは伝わりませんね.

 


拝復ミーントーン様

Name    [2001/Sep/29 (Sat)20:32]

>>記憶に間違いがなければ,何とリコーダーのように
>>穴を閉じたり開いたりするような指の動きをしていました.

これは音程を微調整する物ですね。噂には聞いていましたが、
実物をご覧になったという話ははじめて伺います。
私の先ほどの図
http://www.basso-continuo.com/Gloria_d/2001/MusicSheet/Requiem/Natural_trp.gif
によれば、たとえば、h'やf''の音は発音できません。
これらを発音できるようにするための物だと思います。

(「第九」について)
>>当時はトランペットが出せる音が飛び飛びなので,
>>原曲では,出せない音の部分が休符になっており,
>>出せる音のところだけ他の楽器に合わせて演奏する
>>ようになっていたらしいです.

あれ?私の持っている全音版のスコアでもそうなっていますよ?(^^)
トランペットに、旋律のすべての音を出させるようにしたのは、確か、
ワーグナーの編曲じゃなかったかな?

>>炎のコンティヌオさんのお話で思い出すのは,
>>ブランデンブルク協奏曲第2番(だったかな?)の
>>ピコロトランペットのスゴイ迫力ですね.

ううむ、「迫力」というか、あまりにすらすら吹いているので唖然としました。
バロック時代のトランペットの「高音旋律音域」って、
なんだか、オーボエに似た音がすると思います。ブランデンブルク二番でも
オーボエとトランペットが実によくとけ合っている。


トランペット2題

Name    [2001/Sep/29 (Sat)19:20]

 炎のコンティヌオさんの仰せのとおり,昔のトランペットにはバルブが無かったのですが,それに関する話です.

 1987年末にサントリーホールで行なわれたメサイア全曲公演(NHKで放送された)では,古楽器(キーのないオーボエとか,楽器ではないがカウンターテナーとか)による演奏が行なわれました.そのとき出ていたトランペットはモダン楽器よりずっと長く,もちろんピストンはついていませんでした.ところが,記憶に間違いがなければ,何とリコーダーのように穴を閉じたり開いたりするような指の動きをしていました.もちろん穴の数は少なくて3個ぐらいで片手だけ動かしていて,場所はモダン楽器のピストンの位置と同じようなところでした.それで“The trumpet shall sound”の見事な演奏をやっていました(2本で同じ旋律を演奏していた).

 現在演奏されているベートーフェンの交響曲第9番合唱付き第4楽章冒頭のファンファーレは後世の編曲だとかTVで言ってました.当時はトランペットが出せる音が飛び飛びなので,原曲では,出せない音の部分が休符になっており,出せる音のところだけ他の楽器に合わせて演奏するようになっていたらしいです.

  炎のコンティヌオさんのお話で思い出すのは,ブランデンブルク協奏曲第2番(だったかな?)のピコロトランペットのスゴイ迫力ですね.


更に補足:無弁金管楽器の発音可能な音

Name    [2001/Sep/29 (Sat)17:58]

ちなみに、ヴァルブ装置のないトランペットで発音することができる音が
私のサイトの「グローリア日記」の2月27日の部分に記載してあります。
http://www.basso-continuo.com/Gloria_d/2001/Glo_j0.htm#Feb27of2001
の部分で、3番目に現れる楽譜
http://www.basso-continuo.com/Gloria_d/2001/MusicSheet/Requiem/Natural_trp.gif
がそれです。
バロック時代にはおもにc''以上の音域で無弁トランペットは自由に旋律を
奏していました。しかし、これはとても高度な技術でした。
古典派時代にはこの「高度な技術」の後継者が育たなくなり、
無弁トランペットの高次倍音で旋律を奏することは行われなくなってしまったのです。
だから、古典派時代のトランペットは旋律を担当する機会が極めて少ない。


おお、またまた為になるお話を!

Name    [2001/Sep/29 (Sat)12:51]

楽器にろくに触れた事のない僕なのですが、こういった話にはとても興味と興奮を覚えます。
なるほどねー。僕はずっと移調楽器の存在する理由がわからなくて気持ちが悪かったのですが、ようやくすっきりしました。
http://josquin.hoops.ne.jp/


拝復ミーントーン様、MIC様

Name    [2001/Sep/29 (Sat)10:34]

トランペットを小学校のとき、「鼓笛隊」で少し鳴らしたことがあります。
確かに、同じ指使いで色んな音が出てしまうので変だなあ、と思ってましたが、
今にして思えば、金管のヴァルブ装置と木管のキー(穴)とは
かなり役割が違うんですね。

木管のキー(穴)は、共鳴する物体の長さを変える物で、弦楽器の指板に近い。
金管のヴァルブ装置は、いわば、替管の発展した物で、
倍音列の基音を変更するだけなのです。音高の変更の本質的な部分は
唇の操作による倍音の変更によっています。
木管楽器で倍音列を利用して音高を変える手法もあるにはあるのですが、
(例えば、リコーダーの左手親指など)金管楽器ほどではありません。


拝復HANE様

Name    [2001/Sep/29 (Sat)10:25]

>>ところで日曜は合わせ練習ですね。ベネディクトゥス期待してます。

ところがぎっちょんちょん、
この日の合わせ練習は管弦楽は含まれないのでした。
わたくしは、昼寝・・・じゃなかった、一生懸命個人練習してます(--;)ホントか?


盛り上がってますね...

Name    [2001/Sep/29 (Sat)10:22]

最近の話題は私には凄すぎてついていけません。
ところで日曜は合わせ練習ですね。ベネディクトゥス期待してます。


俺も今日は早く寝よう

Name    [2001/Sep/28 (Fri)23:59]

とりあえず、toppyさんのだけコメントを付けてしまおう(^^;)

>>金曜日の夜って、やっぱり嬉しいですね!
>>
>>ああ、明日は早起きしなくてもいいと思うだけで、
>>幸せだわん♪ (^-^)ふにょにょ~。

そうですねぇ。だけどここんとこ寒暖の差が激しいんで、
明け方に思いもよらないような寒さに目を覚ましてしまうことがある。
風邪ひきの一歩手前です。

このごろは、午前2時頃になると
南東の空に「オリオン座」が燦然と輝くようになってきました。
今頃の時間は、アンドロメダ大星雲が東から
やや天頂よりに姿を見せています。
秋~冬の星座は綺麗なのが多いんですが、
あまり見とれていると、ついつい風邪をひいてしまいます(^^)

というわけで、俺も今夜はさっさと寝てしまおう。
明日は朝の9時まで寝てやろう(^-^)


B管やEs管だけじゃないんですね

Name    [2001/Sep/28 (Fri)23:19]

 フルート以外の管楽器はB管やEs管が主体だとおもっていたら,違うんですナ.もしや,バロック時代の低いピッチのC管とF管の名残が,そのままモダンピッチのB管とEs管に引き継がれたのかなと思っていました・・・・

 サックスの鳴らし方は実際にやってみて納得しました(アルルの女第二組曲の間奏曲やメヌエットのAlto Saxパートのようにゆっくりとした曲を自分1人で楽しむ程度,他人にはとても聞かせられましぇーん)が,金管の音階の鳴らし方は唇の締め具合とピストンやバルブの動かし方を組合せるというのを話に聞いても,離れ業のようでイメージがまったくわきません.


やっと週末♪

Name    [2001/Sep/28 (Fri)22:00]

こんばんはー。
まったく話についていけてないσ(^.^;)です。

相変わらず全然脈絡のない話で恐縮ですが、
金曜日の夜って、やっぱり嬉しいですね!

ああ、明日は早起きしなくてもいいと思うだけで、
幸せだわん♪ (^-^)ふにょにょ~。

ではまた~。みなさまもよい週末を!


金管楽器

Name    [2001/Sep/28 (Fri)00:18]

木管ではクラリネット系だけ移調楽器になってますが、その理由は私はよく知りません(^_^;;
金管の場合は、各種管があった理由は明らかです。
木管と違って、金管はスライド管を持つトロンボーンを除き、手許で管の長さを変化させる(つまり穴を押さえたり開けたりする)ことができません。
つまり、長い一本の管を吹くだけですので、1種類の音しか出せないわけです。
1種類というのはつまり、ペダル音と言われる管本来のピッチと、その自然倍音列ということです。
自然倍音ですから、当然、調によって使い分けないと、他の楽器とピッチが合わなくなります。
そのため、D管とかB管とか、いろんなのが作られました。
現在の金管楽器は、もちろんそうはなっていません。
バルブをつけることで、手許で管の長さを変化させることができるようになりました。
3つのバルブをつけると、それぞれの組み合わせで8種類の長さの管を作れるわけですので、8本の管を用意しているのと同じことになります。
それによって、ほぼ半音階を全部カバーできるようになりました。
統合の過程で、ホルンはFが、トランペットはCとDが、チューバはFとBが標準になったのでした。
たぶん、それがいちばん扱いやすかったのでしょう。


パイプの長さ

Name    [2001/Sep/27 (Thr)23:51]

 補足説明に感謝!!

 ソプラノリコーダーの長さ(トーンホールから下)を測ったら28cmありました.約1フィートですナ.ソプラノリコーダーの最低音は実音表記だとト音記号の第3間(この用語は小学校以来!?)になるので,ヘ音記号下第2線は3オクターブ下になり,管の長さは8倍となって,めでたく話が一致します.

 1フィートは30cmなので,30/28=1.071 計算が正しければ 119セントつまり半音ほどモダンピッチより低くなり,これも話が合います.

 ところで,木管や金管が移調楽器になっている原因はこのあたりにあるんでしょうか??


ならば私も久しぶりに……

Name    [2001/Sep/27 (Thr)22:50]

私の所持しているピストンの管弦楽法では、オクターブの表し方がフィート数になってます。
「8フィートのC」「12フィートのF」といった具合に。
8フィートのCが、普通に言うところの大字C音(ヘ音記号で下第2線)に相当します。
管楽器の場合、大字C音を出すには実際に約8フィートの管が必要になるわけですね。
管楽器は材質や管の太さに関係なく、ほぼ長さだけでピッチが決まりますから……
オルガンで言う「8フィート」は、管楽器の用語から転用したものと思われます。
大字とか小字とか、一点いくつとか言うより、むしろわかりやすいかもしれませぬ。
もっとも、最初読んだときは、どういう意味なのかさっぱりわかりませんでしたが(^_^;;


レジスター・・・弦の名前の補足

Name    [2001/Sep/27 (Thr)22:08]

ほっ・・・やっと「鉄」話から逃れられる(笑)
実は「鉄」な話題には付いて行けないのでありましたσ(^_^;)
ミーントーンさんの話を補足します。

>>4フィート弦といい,4'と書く

この名前は、実際に弦が4フィート有るわけではありません。
実はパイプオルガンのレジストレーションの用語の転用です。
パイプオルガンでは、8フィート程度の長さのパイプが
原音を出し、16フィート程度の長さになると、
それよりも一オクターブ高い音が、4フィート程度の長さになると、
一オクターブ高い音がでるということです。

この用語がいつの間にか、パイプオルガン以外の鍵盤楽器にも
転用されるようになったのだそうだ。


阪急の場合は

Name    [2001/Sep/27 (Thr)21:56]

>コンビニ作曲家MICさん

阪急の場合は「京都線は中津に停まりません」という注意書きはあるものの
列車種別の違いはありません。確か全部「普通」だったと思います。

但し阪急の場合、JRなど通常の鉄道会社が呼ぶところの「1番線」「2番線」
のことを「1号線」「2号線」と呼ぶのですね。まるで国道みたいですね(笑)。
梅田駅は1号線から9号線まであり、関西一、いや恐らく日本一大きな私鉄の
ターミナルですね。


久々に音楽の話

Name    [2001/Sep/27 (Thr)01:07]

 みなさーん,ちょっとご無沙汰でした.NOIRさん,おかえりなさいませ.

 何だか私が出したクイズが途方もなく発展して,すごい話になりましたね.せっかくですから,続きをお聞かせください.

 私のサイトのMIDIデータの音色をちょっと手直ししました.

 ご存知のとおり,本格的なチェンバロはレジストレーションといって,音色を切り替えることができます.よく使われるフレンチ・モデルの場合,ひとつの音について弦が3本あり,うち1本は長さが半分で1オクターブ高い音を出します(4フィート弦といい,4'と書く).残り2本は同じ長さで8フィート弦といいますが,弦をはじく位置に2種類あって,弦の端(鍵盤に近いほう)をはじくフロント8フィート弦(F8')と,弦の中央寄り(F8'よりも鍵盤から遠い)をはじくバック8フィート弦(B8')があります.端の方をはじくF8'のほうが倍音を多く含み,オーボエのように鼻にかかったような音になります.これらの弦をレジスターという仕掛けで,プレクトラム(爪)がついた部品(ジャック)の位置を変えて,音を鳴らすかどうか切り替える仕組みです.

 2段鍵盤の上段がF8',下段が4'とB8'につながっています.レジスターの出し入れの組み合わせで,いろいろ音色や音量がかわりますが,たとえばF8'とB8'をONにしておけば,上段鍵盤は鼻にかかった音,下段鍵盤は清んだ音になります.

 ずいぶん前置きが長くなりましたが,ラモーの作品のMIDIデータについて,F8'の音色をいじって,倍音を増やし,B8'との対照を鮮明にしました(F8'もB8'も音源の音色番号は同じで,コントロールチェンジをいじって音色を変える).「鳥のさえずり」「ジーグ」のデータでは左手が上段鍵盤,右手が下段鍵盤(CDにもこの組合せがしばしば出てくる)になっています.両手の音色の対比にご注目ください(XG音源が必要.ソフトシンセサイザでもOK).「バッハ」のほうは,ヴェルクマイスター調律を使っている関係で,あまり倍音を多くすると耳障りな響きになるので,そのままにしています(楽器のモデルによりF8'の音色も微妙に異なる).

 http://www1.cncm.ne.jp/~hotei/baroq/index.html


堀内2

Name    [2001/Sep/27 (Thr)00:10]

う!そっか!しまった!
三陸鉄道の駅だったか~~。
それなら時刻表を見れば読み方が出ているので、調べてからにすればよかった(^_^;;
字面にあんまり見覚えがないんだけど、前からある駅なのかなあ?

#やまちゃん殿
阪急京都線の普通電車は中津に停まらないけど、これは神戸線や宝塚線と呼び方の違いがあるんでしょうか?(^o^)
関西の私鉄はそれぞれにいろいろこだわりがあって面白いです♪
急行より快速の方が格上の神戸電鉄とか……
あれ、英文表記を見たら「Rapid Express」だったので、他の会社なら快速急行とするところなんですね~~。
その上に「Special Rapid Express」なる種別があって「特快速」ですと。
かたくなに「特急」の名を使わないあたりが神鉄のこだわりなんでしょうねえ。

……と、また鉄な話になってしまいました。コンチさんごめんちゃい。

http://www3.justnet.ne.jp/~micin/


あれまっ

Name    [2001/Sep/26 (Wed)23:52]

私の超アホな作品をここでご披露下さいましてまことにありがとう
ございます。この「トロイメライ音頭」は正に「禁断のアレンジ」でござい
ましょう(爆)。私としてはな~んにも考えずに作り出したのですが、
インパクトと衝撃(笑撃?)は大きかったようで(^^ゞ

ところでコンビニ作曲家MICさんの記事に関連して

>常磐線なんかだと「電車」と「列車」が営業上も区別されていて

こちらは両方とも「電車」ですが、似たような例として南海電鉄の
例がありますね。同じ難波駅を出発する電車が和歌山市方面の
南海本線は「普通」、橋本・高野山方面の高野線は「各停」と呼び
分けます。これは両線並行して走る難波・岸里玉出間の駅のうち、
「今宮戎」「萩ノ茶屋」の2駅には高野線の電車しか停車しない
ためそのように呼ばれています。南海本線の電車はこの2駅は全て
通過、路線が分かれる岸里玉出以遠では「普通」は全ての駅に停まり
ます。

・・・って、思わず鉄話しちゃいました(笑)。


ところがどっこいMIC様

Name    [2001/Sep/26 (Wed)23:47]

>>それはなんぼなんでもアイヌ語由来ではなくて日本語の「ほりうち」でないかい??(^_^;;

う!そっか!しまった!そーだよな。普通は「ほりうち」だよなぁ・・・
でももしかして・・・と思ってGoogleで「堀内 岩手県」で検索したところ
三陸鉄道株式会社のサイト
http://www5b.biglobe.ne.jp/~antenna/gesha/futsu/sanriku.htm
の中に、「堀内 ほりない 岩手県下閉伊郡普代村第20地割字馬場野」
の記載を見つけたのでありました(^_^;)
こんなわざとらしい湯桶読みの地名は「当て字」としか思われないです。


堀内……

Name    [2001/Sep/26 (Wed)10:18]

それはなんぼなんでもアイヌ語由来ではなくて日本語の「ほりうち」でないかい??(^_^;;


たまには音楽の話題を(笑)

Name    [2001/Sep/26 (Wed)09:20]

ここのサイトが「地理関係のサイト」だと勘違いされると困るので(笑)
音楽の話題です。
私のサイトからもリンクを張っている
「みゅーじっくしてぃやまちゃん」
(http://www.asaka.ne.jp/~yamachan/)
を是非ご覧ください。トップページでものすごい(?)音楽が流れてます。

俺もこういうの好きだけど、これは真似できないナァ(^_^;)


拝復MIC様

Name    [2001/Sep/26 (Wed)09:04]

なるほど。確かに「幌」は北海道以外には見つかりませなんだ。
でもひょっとして、「ホル/ホリ(掘)」の形を取っているかも知れません。
で、思い出すのがさっき例を出した岩手県の「掘内」です。


戸と幌

Name    [2001/Sep/26 (Wed)00:32]

「戸(へ)」はヘブライのことで、
昔ローマ帝国の追っ手を逃れたイエス・キリストがはるばる日本にやってきて、この辺で死んだのだ──
というトンデモな説を唱えていた人がいたなあ……

「内」と「別」は東北地方にもあるんですが、「幌」は不思議と北海道独特です。
札幌はもちろん、野幌、美幌、浦幌、尾幌、サホロ、幌別、幌延、幌糠──といっぱいあるのですけどね~~。
意味は前に聞いたような気がするけど忘れました(^_^;;


「ナイ」「ベツ」の地名-本州編

Name    [2001/Sep/26 (Wed)00:03]

北海道から津軽海峡を渡って、
東北地方にも「~内」「~別」があるかな?と思って地図を見たら、
やはりありました。
「~内」については、先ほどの「比内」もそうですが、
青森県に「袰内」「奥内」「平内町」岩手県に「平内」「堀内」・・・。
「~別」ですが、本州では「~ベチ/~ヘヂ」の形を取っている物が
あるようで、青森県「野別地町」「背辺地」というのが見つかった。
更に岩手県には「遠別川」という名前の川がある。
これらはたぶん、東北地方にもかつてアイヌの人が暮らしていた
痕跡なのでしょう。

そういえば、青森県と岩手県の県境、十和田湖の東和賀には、集中的に
「一戸町」「二戸市」「三戸町」「五戸町」
「六戸町」「七戸町」「八戸市」「九戸村」
という地名がありますね。「四戸」は地名としては探し出せませんでしたが、
「四戸川」という川が見つかった。これは何なんだろう?


電車と列車

Name    [2001/Sep/25 (Tue)13:21]

>>「ローカル線の1両編成はどーするのだ?」

定義の上では、単行運転(1輌だけ)のディーゼルカーでも「列車」と呼ぶらしいですぞ。
常磐線なんかだと「電車」と「列車」が営業上も区別されていて、
各駅停車(緩行電車)ー快速電車ー普通列車ー特急列車
の順に飛ばす駅が多くなるのであった(^o^)
「各駅停車(緩行電車)」は地下鉄千代田線から直通するヤツ、
「快速電車」は上野から取手まで走っている深緑色のヤツ、
「普通列車」は水戸とか平あたりまで走っているヤツ、
「特急列車」はもちろん「スーパーひたち」「フレッシュひたち」のたぐい。
工学的には全部電車なんですけどね♪

稚内の近くに、サロベツ原野というところがあって、そのいちばん海岸沿いに「稚咲内」という地名があります。
いやー、読めませんでしたね(^_^;;
稚内にひきずられて、「稚」を「わっか」としか読めなかったのです。
わっかさくない? わっかさきない?
答えはどちらも違い、「わかさかない」でした。
バスの車内アナウンスで言っていたからわかったものの、そうでなかったらいまだに読めてなかったろうなあ……


地理と数字

Name    [2001/Sep/25 (Tue)10:48]

頭弱いから全然わかりません…。そういえばお久しぶりといえばお久しぶりですね…。
お絵かきと作曲だけで生きていけないものか…。
http://www.hoops.ne.jp/~josquin


稚内

Name    [2001/Sep/25 (Tue)07:06]

そういえば有った。以前日帰りで行ったことがあった、疲れたところだったな。


ごちゃごちゃまとコメ

Name    [2001/Sep/25 (Tue)06:32]

私の実家では、母は「汽車」と呼び、妹は「電車」と呼ぶ。
オモロイのは兄貴で
「電気で走る物に『汽』の字を付けるのは変だし、
 ディーゼルカーを『電』の字を付けるのは変だ。
 俺は『列車』と呼ぶ!」
といってましたが、俺が「ローカル線の1両編成はどーするのだ?」
というと・・・「うーん、電化されてなきゃ、汽車かなあ?」(^^;)

[MIC様][みき様]
そうか、「内」「別」は「川」の意味か・・・。
東北地方に鶏肉がおいしい事で有名な「比内」という地名があるけど、
これもアイヌ語かな?

みき様>>幌加内(ほろかない)札内(さつない)・・・・
みき様>>おもいつか内・・・・・

俺にもわかん内・・・あ、わっかない(稚内)が有るじゃないですか!(笑)


電車

Name    [2001/Sep/25 (Tue)00:05]

路面電車の停留所は「電停」と呼ぶ地方が多いようですにゃ。
「バス停」と対になる言い方なんでしょう(^o^)

最近は非電化路線の列車でも「電車」と呼んでしまう人が増えたようで……
これ、観光客であると否とにはあんまり関係なく、田舎でも子供たちはそういう呼び方をしているようです。
「汽車」は本来蒸機を指す言葉なので、列車一般に使うのはどうかと思いますが、私の子供の頃(当時新潟県在住)は確かに路面電車や近郊電車(山手線みたいなもの)以外は汽車と言ってましたね。
長崎では近郊電車まで汽車と呼ぶとすると、わりと独特かも(^o^)

ちなみに電車というのは「架線から電気を取って動力源とし」「旅客を乗せることのできる」「鉄道車輌」と定義されます。
最近は確かに大半が電車になってはいるんだよなあ……


残りの路線

Name    [2001/Sep/24 (Mon)22:54]

 長崎県内の3路線は当たりです.もうひとつは諫早から雲仙-島原をとおり,熊本県三角(みすみ)に跳ぶ57号線です.とか言ってたら,もうひとつありました.国見町神代(こうじろ)から雲仙-口之津まで出て,熊本県天草(あまくさ)を経て(途中が不連続),牛深から鹿児島県の蔵之元を通り阿久根市に通じています(これは比較的最近国道に昇格しました).

 北海道に限らず,地名には当て字が多いので,由来を考えるときは音を正確に知る必要がありますネ.

 全然別の話ですが,長崎の市内電車の乗り降り場所をほとんどの観光客のみなさまは「駅」と言います.しかし,当地では「停留所」といいます.つまり,電車とバスは同格です.大都市の山手線とか西武線などの「電車」に相当するものは列車とか汽車!!といいます.気動車(ディーゼルカー)は電車ではありませんが,なぜか観光客の方は「電車」といいます・・・・


ペッとナイ

Name    [2001/Sep/24 (Mon)22:15]

「別」は、アイヌ語の「ペッ」の音訳で、川という意味だそうです。
「内」も、アイヌ語の「ナイ」の音訳で、川という意味だそうです。
では「ペッ」と「ナイ」がどう違うかというと、これがアイヌの故老に訊いてもよくわからんそうで(^_^;;
「ペッ」の方が「小川」だという人がいるかと思うと、どう見ても「ナイ」より大きな「ベッ」もあったりして……
いずれにしろ、原生林に被われた昔の北海道で、川やクリークがいかに重要な存在だったかわかりますね。

アイヌ語を音訳して漢字を宛てるにあたっては、担当の役人のセンスが問われるところ。
私の好きな宛字地名ベスト3は、
1.霧多布(きりたっぷ)釧路支庁厚岸郡浜中町
2.雨煙別(うえんべつ)空知支庁雨竜郡幌加内町
3.大楽毛(おたのしけ)釧路市内
というところかな。
歯舞(はぼまい)なんてのはあんまり感心しないっす。せめて「芳舞」とか宛てれば優雅だったのに。(^o^)
音の響きでは、倶知安、音威子府、留辺蘂、納沙布など好きなのはいくらでもありますな~~♪


海を越える国道

Name    [2001/Sep/24 (Mon)21:57]

海を越える国道ってけっこうあるんですね。
しかも圧倒的に九州に関わっているのが多いのが面白い♪
382号なんて、対馬と壱岐と本土に飛び飛びに連なっているし、384号も佐世保から五島列島を連ねているし……
324号は長崎市からいきなり天草に飛んでしまうし……
四国と九州を結ぶ197号もなかなか雄大。
280号は本州と北海道を結んでいますが、なんとこの道は途中に階段があって、陸地部分ですらクルマでは走破できないという変わり種です(もちろん、今はバイパス道路ができてますが)。
この階段は、本で読んだのではなくて自分で発見しました。唖然としたなあ。
海を越える部分には、もちろんフェリーが運航していて、道路公団の経営である場合も多いです。
九州旅行をしたときは、一週間くらいのうちに4回も船に乗りましたが、他の地域に較べて船の活用が有効だなあと思いました。

http://www3.justnet.ne.jp/~micin/


お招きありがとう!

Name    [2001/Sep/24 (Mon)21:53]

北海道は~別・・・が多いです。アイヌの言葉が語源なんですよね。
しかりべつ(然別)しべつ(士別)きもべつ(喜茂別)とうべつ(当別)
悲別(かなしべつ)これはお話の地名ですが・・・・・

幌加内(ほろかない)札内(さつない)・・・・おもいつか内・・・・・
北海道は全然読めない地名が多いです。けっこう恥をかきます。


拝復ミーントーン様

Name    [2001/Sep/24 (Mon)19:41]

さすが九州人!2.はピンときましたか(^^)

答え書いちゃいますね。
1.の答えは国道4号線(東京~青森)。
2.の答えは国道58号線(鹿児島市~沖縄県那覇市)

特に2.の由来は面白いので説明します。

「国道を新しく設定するときは、その国道は
他の既存の国道につながっていなければならない」

という法律があるのだそうです。これを聞いた沖縄県

「それじゃ、国道のない離島には『新しく国道を通すこと』ができないぞ?いいや!
島と島との間のフェリー航路を『国道』と言うことにしてしまおう!」

というわけで、海の上にも「国道」があることになったのだそうです。
ちなみに鹿児島市内の国土58号線の長さは、数百メートル足らずです(笑)

>>それにしても,このBBS,音楽以外でも,本格的ですね

なんか知らんが「濃い」人が多いんですわい、ここ(笑)

ところで、移住によって誕生した地名が目立つのは、
やっぱり「北海道」かな?

札幌市の隣にある「北広島市」は広島県人が
その歴史に深くかかわっているようですし、
洞爺湖・有珠山のすぐ近くの「伊達市」は
歴史的に「宮城県」と深い関係があるそうです。
更に、旭川市から南西へ約50km、滝川市のすぐ西にある
「新十津川町」は「奈良県吉野郡十津川村」からの
移民によって成立した町だそうです。

#もっとも北海道でそれよりもっと目立つのは
#アイヌ語に由来する地名で「~別」「~内」と
#いう地名は、ほぼすべて「アイヌ語起源」と
#考えて良いらしい。

この辺は、北海道札幌人の「みき」さんに
詳細を語ってもらいましょう。よろしく~(笑)


埼玉あたり

Name    [2001/Sep/24 (Mon)12:15]

 上福岡・東久留米,地図で確かめました.関東にそういう地名があることは知っていましたが,具体的な場所をみると,こんなところにあったのかと,ちょっと新鮮な発見です.

 埼玉県は秩父に行ったときに,池袋から所沢,飯能,正丸と通り,皆野や三峰山近くまで行ったので,ある程度はわかります.西武秩父からの乗り継ぎ駅に御花畑なんていう面白い名前のがありました.

 国道の問題は長崎の人間ならピンと来ます.「始点と終点」で似たような例が4路線もあります.

 それにしても,このBBS,音楽以外でも,本格的ですね.----そこが気に入った!!!


まとコメ(^^)

Name    [2001/Sep/24 (Mon)11:16]

そうなんですよねー。MICさんは「鉄」だから地理にはくわしいんだぁ~。
ところで、ミーントーンさん、じゃ、九州人の貴殿に
北関東がちょっと身近になる話をしてみましょうか。
東京都と埼玉県の境界付近を凝視してみてください。
「上福岡市」「東久留米市」という地名が存在します。
昔、この辺に福岡県人が大量に移住したんでしょうかネェ?

[toppy様]
昨日は近所で、
永井百合(ながいゆり:Vn.) & 御子柴聖子(みこしばたかこ:Pf.)
のお二人によるミニコンサートがあり、聴きに行っていました。
聴き応え有りましたよぉ~。バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタとか、
バッハのフランス組曲とか、かと思うと池辺真一郎の超現代曲とか(^^;)
フランス組曲の最後のジーグはちゃんと三声フーガに聞こえるし、
無伴奏ヴァイオリンソナタにもフーガが有るんですけど
(ヴァイオリン一本でフーガを弾く!)これがまたすばらしくて
どう聴いても「合奏している」としか聞こえない。
圧巻はアンコールの、「ヘンデルのラルゴ」でした。
お互いにそっぽを向いてるのにフェルマータのあとの
アインザッツがドンぴしゃ!
「1人で2つの楽器を同時に演奏している」
ように聞こえるのです。あれ、一種の「テレパシー」ですね!

******************************************
合奏するときは1人でやっているように聴かせ
独奏するときは合奏しているように聴かせる
******************************************

これ、演奏するときの1つの「目標」と見ました。

演奏会のあと、ちょっとしたティータイムがありました。
"BASSO CONTINUO"のサイトをお二人に宣伝したことは
言うまでもありません(笑)

で、地理の話題に戻しますが(^^;)

>>栃木県、山梨県、埼玉県?

現在、埼玉県は県庁所在地が「さいたま市」なので、
県名と市名が同名になりましたね。3つめは「沖縄県」だと思います。
以上三つなんですけど、番外編として、
「いばらぎ/いばらき」というのを入れても良いかなぁ?(^^)

じゃ、私からも問題。MICさんが居るので、「鉄」は避けます(笑)

1.自動車での走行距離が最も長い国道は何号線か?
2.始点から終点までの直線距離が最も長い国道は何号線か?

この2つ、答えが全然違うんです(^^)。


きょうもいいお天気♪

Name    [2001/Sep/24 (Mon)09:09]

おはようございます。
皆さん、3連休はいかがお過ごしですか~?
わたしは今日は「お掃除」をします。

>県名と同じ名前の市があるのに、そこが県庁所在地でない県が3つあります。

栃木県、山梨県、埼玉県? かにゃかにゃ(^.^;)???

よい休日!を(^^)/


なんの掲示板だかわからなくするヤツ(^o^)

Name    [2001/Sep/24 (Mon)00:03]

私は鉄ちゃんなので日本地理は特に得意な方ではありますが(^_^;;
しかし、意外とわからないことも多いです。
都道府県庁所在地でいちばん標高が高いのは長野市ですが、その次は? とか♪

わりとよく出る問題が、
県名と同じ名前の市があるのに、そこが県庁所在地でない県が3つあります。すべて挙げなさい。

九州だと勘違いしやすいのが「博多」ですね。
とあるドラマでテロップに「博多市」と出てきたのがありました(^o^)
それどころか、とある鉄道文筆家の本にまで「博多市」になっていたことがあった……仕事柄それはマズいっしょ(^_^;;
まさか、なぜそれがおかしいのかわからない人は居られませんよね???(^o^)

http://www3.justnet.ne.jp/~micin/


難問ですね

Name    [2001/Sep/23 (Sun)23:57]

 私の居場所は特定されたようですね.

 MICさんのはかなりの難問であります.関東は中国(広島あたりのことではなくて,中華人民共和国のほう)より遠い!!ので,とくに甲信越から北関東にかけての県どうし位置関係は,地図を見ないと判りません.ウソのような話ですが・・・こちらのほうの感覚はそういうものです.地図とにらめっこしていますが,たいへん複雑でどんなところか実感がわきません(秩父までは行ったことがありますが).


T・S・N

Name    [2001/Sep/23 (Sun)22:25]

さよう、答えは3つありますね♪
隣接「県」が少ないのは、そのうちいちばん南にあるヤツですにゃ。
埼玉と栃木が隣接県なのは、さすがに住んでいるだけに知ってましたが、
いちばん南にあるヤツとその次のヤツが接していないというのは、ちょっと意外でした。


拝復mnakata先輩

Name    [2001/Sep/23 (Sun)20:41]

まさか、先輩にこのサイトが見られているとは思ってもいませんでした。

学生時代、オケの活動を中断せざるを得なくなったのには
非常に深い理由があったのですが、返す返すも残念です。
でも、短い間でしたが、当時ソロピアノ畑だった私が「アンサンブル」を知る
為には、とても良い経験でした。あの「オケ経験」がなければ今の私の
音楽活動は存在しません。

>>ピアノ(今はチェンバロですね)上手いのに
>>データの掲載がないのはちょっと残念

うわっ、今はひたすら「合奏内の通奏低音」に走っているため、
鍵盤ソロの腕は往事の50%以下に落ちてます。(+_+;)何卒ゴ勘弁ヲ・・・。


お久し~♪

Name    [2001/Sep/23 (Sun)19:45]

お久しぶりです。今日は本当にびっくりしました。まさかこんなメジャーなサイトの主が
後輩だったなんて。
それにしても、さすがにBBS 1つ取ってもレベルが高いですね。
ピアノ(今はチェンバロですね)上手いのにデータの掲載がないのはちょっと残念。
いつか是非載せてくださいね。
ではまた。

(今年開設した第2サイトです。大ボケです。)
 ↓
http://www.boreas.dti.ne.jp/~nakata/index.html


拝復MIC様

Name    [2001/Sep/23 (Sun)19:39]

>>内陸県(海に接していない県)でいちばん接する都道府県の数が少ないのはどこ?

これ、めちゃめちゃ難しいです。小さめの日本地図じゃよくわからない。
でもなんだか、答えは2つ、いや、3つ有るような気が・・・。

※群馬県と茨城県は隣接県ではなく、栃木県と埼玉県は隣接県です。

じゃ切り返し。隣接「県」の数が最も少ない内陸都道府県はどこでしょう?(^^)


地理クイズ

Name    [2001/Sep/23 (Sun)15:57]

なるほど、一県にしか接していないのはひとつしかないんですね~~。
海底トンネルでつながっているのを「地続き」と見ればもうひとつありますが……

では、いちばん接している都道府県の数が多いのはどこ?

これは簡単すぎるのでもう一問。

内陸県(海に接していない県)でいちばん接する都道府県の数が少ないのはどこ?


拝復ミーントーン様

Name    [2001/Sep/23 (Sun)14:03]

>>私のいる県と陸続きで接する県はひとつしかありません.

ちょっと日本地図を開いて・・・(反則)
・・・「陸続きで接する県」の名前は「さ」で始まる県ですか?(^^)


私はどこにいるでしょう

Name    [2001/Sep/23 (Sun)11:44]

 調律の堅い話ばかり続いたので,クイズをひとつ.

 私のいる県と陸続きで接する県はひとつしかありません.さて私はどこにいるでしょう.


拝復みき様

Name    [2001/Sep/22 (Sat)23:43]

東日本は全般に寒いです。
天気図をよく見ると分かります。
颱風17号が日本の東にそれて、東日本では等圧線が縦に並び、
気圧配置が「西高東低型(冬型)」になっています。
私も、今朝、あまりの寒さに耐えかねて遂にこたつの
インストールを行いました。
多分、アンインストールは来年の6月頃かナァ・・・
栃木でさえこの寒さ、北海道は如何ならむや?と気にしていたら、
霜がおりたのかっ!?ううぅ、想像しただけで風邪ひきそうです。
ストレスの多そうなみき様、どうかお体をお大切に・・・(^_^;


寒すぎる

Name    [2001/Sep/22 (Sat)23:31]

札幌はもう霜が降りました。山に雪が降りました
私の家も山の上。ストーブを付けようと思ったら・・・・・壊れていました
寒いよ!!!!!風邪ひきそう・・・・・・


おっっっ久しぶりです

Name    [2001/Sep/22 (Sat)22:04]

 キルンベルガー調律ご成功おめでとうございます.いつか実録をお聞かせくださいませ.

 「トップページのBGM」というのはNOIRさん(本人不在でさびしいな・・・)のところにある『BGM:自作曲で《このHPのテーマ》(MP3)』のことです.どこのトップページか紛らわしい文章を書いてしまい,申し訳ごじゃいましぇん.

 ラモー調律の実例CDとしてはルセの演奏による『ラモー:クラヴサン名曲集』(POCL-5222)があります.このCDこそ,私が古典調律に足を突っ込むきっかけになったものです.実際の調律は大変でしょう(ミーントーンの出発点で長3度を4つの5度に分割するとき,うなりを数えると書いてある.いかにも難しそう).

 MIDIデータを作るときは,それこそ机上の計算です.音程=周波数比をもとにセント差を計算し(対数という面倒なヤツ),5度圏サークル上で順次加減していって平均律との差を求め,それをシステムエクスクルーシブの16進数に換算するので,頭が変になりそうです.セントのデータはいくつかのWEBサイトに出ており,これと照合・確認しますが,サイトによってキーがAだったり,Cだったりするので,注意が必要です.


怒濤のまとコメ(^^;)

Name    [2001/Sep/22 (Sat)18:56]

出張、残業続きで実は3日ぶりのアクセスです・・・
うわ、ログが一杯!(^o^;)
ちょっと個人個人にコメントする余裕がないっ!まとコメでご勘弁を(^^;)

[NOIR様][ミーントーン様]
机上の計算からちょっと角度を変えて、
実際にチェンバロを調律するときの話をすると、
・・・これがなかなか難しいんですっ!(+_+;)基本は
「長三度を純正」(ミーントーン)
「長五度を純正」(ピタゴラス)
で五度圏サークルを順次埋めていって、そーするとウルフが
どこかにできるから、そいつをあちこちに散らす・・・というのが
現実的なのだそうですが、まず
「八度のうなり」
「五度のうなり」
「四度のうなり」
「三度のうなり」
を聞き取る耳を養わなければなりません。
実は私はまだまだ「八度のうなり」を聞き取るのが精一杯(^^;)
しかしこの「八度のうなりを完全に消して別のオクターブへ移す」と
いう作業も侮れないです。
あるオクターブ間で完成された「程良い調律」を別の
オクターブへ移すとき、一オクターブの音を移すときの
ちょっとした誤差が、移した先のオクターブの内部の音構成を
グチャグチャにしてしまうからです。
調律技をマスターするときの出発点が
ピタゴラスとミーントーンであるのは、
一般に認められているようですが、技術的は私はまだまだ出発点
から遥か後方におります(^^;)
先日、キルンベルガー式に挑戦し、一オクターブを調律し終わるのに
二時間かかりました(逝)

>>ところでトップページのBGMの作品はバロックそのものという感じです.

あはは、これ、ベートーヴェンの最晩年の曲なんですけどね?(^-^)

[MIC様]
"HP"は、プロとかセミプロの間では、
「株式会社ヒューレット・パッカード」
の略として用いられているようです(^^;)


ありがとうございます

Name    [2001/Sep/21 (Fri)15:21]

ノーパソ欲しいよう…。AIR H゛がやりたいです。ていうかうちのパソちゃん未だに孤島状態。まず電話から引かねばならないのです。
それにしてもココ僕の好きな曲の名前が飛び交うのでとても楽しいです。
HPの表紙変えてみました日記とかも始めちゃいました。
http://josquin.hoops.ne.jp/←ちゃっかりHP紹介しときます。
しばらく実家に帰るので書き込みこれなくなりますが忘れないでね(・_・、 (実家にはパソコンなどないのです。電話は来ているが…。)


オルガンの調律

Name    [2001/Sep/20 (Thr)22:18]

NIOR様

 オルガンのことは調べたことが無いのでわかりません.それでも,プレトリウスの調律とか,シュニットガーの調律(いずれもミーントーンの改良形,後者はバッハの曲にもかなり合うらしい)とかいったものが使われていたことは確認できました.詳しくは

http://www.top.or.jp/~murashin/
http://www.top.or.jp/~murashin/muraobjct04.htm

および,そこからのリンクサイトをご参照ください.オルガンはチェンバロと違って,曲によって調律を変えるなどという芸当ができないので,大変だっただろうと思います(もしかするとレジスターで切り替えたかも).

 ラモー調律のところで,Gis-Esの5度のウルフが軽減されたことを言いましたが,それでも長3度には問題が残ります.平均律は純正長3度より14セント広いので,それだけでも濁りますが,ラモー調律ではFis-Bが平均律より22セント(つまり純正より36セント)も広いという恐ろしい状態となります.ついでにCis-Fは16.5セント,H-Esは15セント,平均律より広くなり,これらもウルフになります.なお,100セントが平均律の半音に相当します(平均律長3度は400セント,純正長3度は約386セント,平均律完全5度は700セント,純正完全5度は約702セント).

 調律を始める出発の音はAだったりCだったりします.いずれも,個々の調律手順の説明に書いてあります.なお,バロック時代は現代よりもピッチが低く,バロックピッチ(バッハなど)のAはモダンピッチのGis,ベルサイユピッチ(後期フランスバロック)のAはモダンピッチのGに相当するそうです(当時の笛によってわかったらしい).CONTINUOさんのアンサンブルではどうされていますでしょうか?

 ところでトップページのBGMの作品はバロックそのものという感じです.通奏低音のチェンバロを入れれば,完璧ですね.

 このところ文体がいたってマジメ.ちょっと堅苦しいかな.

コンビニ作曲家MIC様

 初めまして.BBS旧ログを拝見いたしましたが,みなさまの例にもれず,スゴイ!方のようですね.


ミーントーン様

Name    [2001/Sep/20 (Thr)15:42]

うちにきていただけているようで光栄です。良かったらまた足跡を残してくださいね。
いつも古典調律のお話楽しみに読んでおります。
古典調律をいずれ自作曲でも生かせるようになりたいんですが、たとえば実際にバロック時代に作られたオルガンっぽく調律するにはどうしたらよいでしょうか?
(調律自体・オルガンという楽器自体についてあまり知らないので…たとえば調律するときにどの音を基準にするのかとか…)
http://josquin.hoops.ne.jp/


続・略語といへば・・・

Name    [2001/Sep/20 (Thr)02:11]

みょーに専門的で真剣な話題が続いているところへ、まるっきり無関係なのどかな話題を続ける私であった。

HPというと、いまはホームページの略というのが一般的ですが、以前は
ヒットポイント
の略というイメージが強かったですにゃ~~(^_^;;
RPG愛好者としては特に……

また、クリスティ愛好者としては
エルキュール・ポワロ
の頭文字である点も見逃せませぬ(^o^)


続ミーントーンについて

Name    [2001/Sep/19 (Wed)20:59]

NOIR様

 きょうはBBSが回復しているようですね.CGIのことはよくわかりませんが,昨日は掲示板を貸し出しているサイト内のリンクがおかしくなっていたので,サーバに問題ありと見たわけです.無料サイトはアクセスが殺到しやすく,サーバがダウンするのでしょうね.

みなさま

 ミーントーンが使えるのは長調の場合,#3個以下,♭2個以下(つまり変ロ長調からイ長調の間),短調の場合,自然的音階・和声的音階の双方の基本3和音を満足するには♭2個以下,#なし(つまりト短調からイ短調まで)となります.したがって#や♭がたくさんある調の演奏にはつかえません.ラモー調律ではミーントーンを改良し,H-Fis-Cis-Gisを純正5度にとり,Gis-Es-Bが等間隔になるようにEsを取ります.これで,ウルフを軽減させています(Gis-Es-Bは平均律完全5度よりも9セント広い.ミーントーンのGis-Esは平均律よりも38セント広い.純正完全5度は平均律より2セント広い).したがって#が増えると純正完全5度が増え,♭が増えると純正よりやや広い5度や純正5度が現れ,いずれもピタゴラス的性格を帯びます.

 ヴェルクマイスター調律では#や♭が少ないときミーントーンに近い(和音が美しい)音律となり,#,♭が多いとピタゴラス的音律(旋律が美しい)となります.ただし長3度はすべて純正より広い.こういうのは5度圏サークルというものを書いてみるとよくわかります.「平均律」曲集はそれに適合していませんか.


一日100アクセスの裏。

Name    [2001/Sep/19 (Wed)13:27]

不具合が心配で自分で何度も確認にいったのと、カウンタの逆戻りが悔しくて、友達に「またきておくれ」と声をかけたためと思われます。


怒濤のまとコメです。

Name    [2001/Sep/19 (Wed)06:43]

昨晩は午後10時半にへとへとで帰宅して
晩飯も食わずにばったり寝てしまいました。
鬱病病み上がりでも仕事はたくさんあるのです。
無論昨晩はインターネットに繋いで色々読み書きする気力もない。
だからこれは朝書いています(^^;)

[NOIR様 ミーントーン様]
すいません!私はcgiについては全く「ど素人」で・・・。
この掲示板のcgiもフリーで配布されているスクリプトに
ほんのちょっと手を加えただけなんです(+_+;)

[ミーントーン様]
>>残りのH-Es,Fis-B,Cis-F,Gis-Cが異名異音となり,長3度の和音として使えません.
なるほどなぁ。これらはH-durの主要3和音の構成音になるべき音です
・・・ということは、場合によってはh-mollでも頻出する
わけで・・・実際、「ロ短調ミサ」の出だしの「キリエ」で頻出する和音ですね。
ロ短調ミサの「キリエ」は、最後、ピカルディ3度でH-durの主和音で終止します。
これがキマらなかったら、かっこわるいよなぁ(^^;)

>>Gis-Esが広くなり完全5度の和音として使えません。

これはAs-durの主要和音の構成音になるべき音だ。
As-durもバッハは嫌いではなかったようだし(「マタイ」に出てくる)、
その属調のEs-durは、コラール「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」という
作品があります。Es-durだから、下属和音のAs3和音は当然頻出する・・・。

こうして実例を挙げると、ミーントーンがバッハの代表作で使用できないことが
よく分かりますね。

>> MP3が本格的に普及するにはインターネットの高速化とパソコンの高性能化が
>> まだまだ必要ですね.

俺の家は未だにアナログモデム(^^;)・・・。

さて・・・
[toppy様]
常連のお書き込み、ありがとう御座います。アメリカのテロは
一回のしがない会社員も恐々としております。
「景気」にもろに影響しますから・・・。
ただ、それ以上に「アメリカ一極集中の脆さ」を
垣間見せているような気がします。
それに例えば、アメリカとイランは敵対関係ですが、
日本とイランはそれほど敵対関係にありません。
我々と普段縁の遠い「イスラム」の価値観を学び、
彼らの思考様式を理解する良い機会かも知れません。

ところで・・・

>>炎のコンティヌオさん→「ほのコンさん」→「Hのコンさん」
>>という略語もあったりしますよね。(((((((((((^-^;)逃~~~~

ウォッホン、ええと、新参の皆様にご紹介。
toppy様は別の名を「魔界の女王」「つっこみの女王」と言われる人です。
でも、ピアノはとても真摯な演奏をする方なんですよ
(・・・と一応ほめておかないとあとが怖い^^;)

ちなみに私は"H"(変態)ではありませんっ!
「変人」かも知れませんが・・・
(あ、略すと"H"で一緒か^^;)


困りましたね

Name    [2001/Sep/19 (Wed)01:24]

NOIR様

 ちょっとHTMLソースを拝見いたしまして,BBSのURLを直接入力してみましたら,何度かに1回だけ,正常に表示されました.よって,BBS本体やデータは壊れてないようで,BBSサーバがCGIを呼び出す所でおかしくなっているようです.カウンタはどうしてでしょうね.別にファイル名が変わったわけでもないようですし・・・ほんの一瞬のうちにアクセスが重なるとこのような現象が起こるとか聞いたような記憶があります.

 それにしても1日で100アクセス以上あるとはスゴイ.私のサイトは20前後といったところでしょうか.

toppy様

 初めまして.何やら怪しげな話のようで・・・


シクシク

Name    [2001/Sep/19 (Wed)00:39]

そのうえBBSまでもが調子悪いです…。


ご来館ありがとうございます

Name    [2001/Sep/18 (Tue)22:14]

CONTINUO様・似鳥様

 HNのこと,教えていただきありがとうございます.ベンキョーになります.ホームページという言い方には私も引っかかりを感じながら,ときどき使っています.

 ミーントーン律では,Es-G-H,B-D-Fis,F-A-Cis,C-E-Gisの8組の長3度を純正に取るので,残りのH-Es,Fis-B,Cis-F,Gis-Cが異名異音となり,長3度の和音として使えません.また,Gis-Esが広くなり完全5度の和音として使えません(これがウルフ).バッハの作品に使うとこれらの欠点がもろに出てくるのだと思います.

 それから,ピアノの音色は倍音が少ないので,長3度が純正でビートがないと粗野に聞こえるのではないかと思います.逆にチェンバロだと豊富な倍音が溶け合って美しい響きになります.

NOIR様

 ご来館いただきまして誠にありがとうございます.急ぐ必要はありません.ごゆるりとお楽しみください(一度に全部聞かれると,データを作るほうが追いつかず品切れするので...).★印のついている曲が一応完成しているデータです.ラモーのほうはクラブサン曲集を全曲並べていますが,大半は手付かずです.アンナマグダレーナ曲集もまだ一部分です.この曲集(1725年版)には,パルティータ3番・6番,(通称)フランス組曲1番・2番(サラバンドまで),WTC1-1p(似鳥さん,覚えたゾー),(通称)ゴルトベルク変奏曲の主題(アリア)といった有名な曲がさりげなく収められています.

YAMAHAの音源をお持ちのようなので,調律やピッチ,レジストレーションまで再現できると思います.同じ曲でも普通見られるMIDIデータとかなり感じが違うはずです.

 MP3が本格的に普及するにはインターネットの高速化とパソコンの高性能化がまだまだ必要ですね.


略語といへば・・・

Name    [2001/Sep/18 (Tue)22:01]

炎のコンティヌオさん こんばんは。

お元気ですか?
先週はアメリカテロ事件のニュースとともに過ごした1週間
でした。衝撃とともに、ある種の覚醒感を覚えつつ、世界の
動きに見入ってます。

>ちなみにHPはホームページ」の略とされていますが、

そふいへば。
炎のコンティヌオさん→「ほのコンさん」→「Hのコンさん」
という略語もあったりしますよね。(((((((((((^-^;)逃~~~~


ミーントーン様

Name    [2001/Sep/18 (Tue)17:16]

先ほどHPに伺いました。今度じっくり聞かせていただきますね。(量が多そうだったのでまた今度)
http://josquin.hoops.ne.jp/


おお!

Name    [2001/Sep/18 (Tue)11:15]

ミーントーン様
うちにきていただけたのですね!確かにMP3は容量大きいです…。うちは50MB容量があるのでたぶん大丈夫ですが、使用してる回線によってはダウンロードに5分とかかかってしまってとてもいらいらします。
昨日更新したらなぜかカウンターが逆戻り…。もう400越えてたのに…!
http://josquin.hoops.ne.jp/


うおおっ!一晩で4件も書き込みが!

Name    [2001/Sep/18 (Tue)06:28]

でもまたまた例によって書き込みメンバーが固定してきたナァ・・・
この掲示板の変な傾向だ(笑)

[NOIR様]
大学時代にチェロをやってたんですか?奇遇だナァ、私もそうですよ(^-^)?
でも、楽器の経験はあまり関係ないようです。NOIRさんのあの和音構成力は
そんじょそこらのピアニストには真似のできない物です。
(無論私も真似できない)
だからどーか、楽式の勉強だけはヤメテー☆○=(--;)マダ言ウカ

[似鳥様]
アメリカは
「敵はアフガニスタンを実効支配しているタリバーン」
と照準を定めたようですね。
こうなったときのアメリカは怖いし、通常戦力ならめちゃめちゃ
強いです。太平洋戦争の時の日本はこの「アメリカの底力」を甘く見て
やられたのでした。ただし、タリバーン側(?)もまだまだテロを
準備しそうですね。いよいよ泥沼化してきたか?

こうした環境で最も苦悩を強いられるのは大多数の普通の
イスラム教徒達です。アメリカは戦時体制下になると「右へならえ!」
みたいなところがあって、太平洋戦争中は多くの日系人が被害を受けました。
それと同じ事が、いま、アメリカ国内のイスラム教徒に対して起こっています。
既にイスラム教との家に石が投げられたりとか、全然関係ないインド系の
人間が殺されたりとかの事件が発生しています。
一方でタリバーン側は「イスラムをアメリカから守る『聖戦』だ」などと
言っていますが、とんでもない戯れ言だと思います。私見によれば
イスラム教は確かに色々厳しい戒律がありますが、イスラム教自身は
少なくとも「戦争を求める宗教」ではありません。更に言うなら、
タリバーンは都合の良いときだけイスラム教を利用する卑怯物です。
今回の事件は、我々も含めて、イスラム教の本筋を勉強する良い機会
なのではないでしょうか。

なにはともあれ、両者の暴走激突が発生しないことを祈るばかりです。

[ミーントーン様]
HNは「ハンドルネーム」の略です。ちなみにHPはホームページ」の
略とされていますが、どうも私は嫌いで(笑)普段は「サイト」とか
「ウェブサイト」と称しています。
確かに、中全音律(ミーントーン)はバッハの曲には
合いそうもないですね。バッハの和音の魅力は
「不協和音とその解決」の様な気がします。これは中全音律では
表現しにくそうだな。平均律クラヴィーア曲集
第1巻のの第24番などを中全音律で行われたら、耳がおかしく
なりそうな気がします。


ミーントーンのこと

Name    [2001/Sep/17 (Mon)23:51]

みき様

 遅れましたが初めまして.おもしろい話をお待ちしております.

似鳥さま

 5分の差ですれ違ったようです.

 仰せのとおり,ミーントーンは透明さが過ぎてキツクあるいは冷たく感じます.この系統を使ってこそ美しさが出る曲はクープランとかラモーといったフランスバロックです.もっともラモーはウルフという厄介な問題を解消するためミーントーンを改良して独自の調律を考案していますが響きは基本的に同じです.バッハには合わないと言われています(そういうこともあってか,バッハとラモーは仲が悪かったらしい).詳しくは『調律法ききくらべのページ』
http://www.top.or.jp/~murashin/
をご参照くださいませ.

 レオンハルトとかルセといったチェンバロ奏者のCDを聞くと作曲者ごとに調律の使い分けがわかります(響きが違う).私のホームページでも作曲者により,調律を使い分けています.
http://www1.cncm.ne.jp/~hotei/baroq/

 HNは何の略でしょうか(どうも略号に弱いようで・・・).解らないことはどんどん聞きましょう!


聞きましたぞ

Name    [2001/Sep/17 (Mon)23:13]

 NOIR様

 今夜メディアプレーヤーのバージョンアップをしたのでMP3再生ができるようになりました.さっそく最上段にある作品を聞かせていただきました.映画音楽だと言われたら信用してしまいそうです.サイズが2MBあって驚きました(MP3とはそういうものでしょうが).ホームページの容量がすぐ満杯になりはしないかと余計な心配をしてシマイマス.

 それにしてもみなさん,ようやりますなー・・・


よろしく

Name    [2001/Sep/17 (Mon)23:08]

ミーントーンさん、今後ともよろしくお願いします。
それにしてもあくの強そうなHNですね。
ミーントーン用の曲ってどんなものがあるのでしょうか?
このへん全然勉強不足で(^^;
ためしにエレピをミーントーンにしてWTC1-1pを弾いてみたのですが
やっぱきつかったです。

普段からこういう使い方してるんでテロのときに錯乱状態に
陥ってしまったわけです。別に24個の主題が同時進行しながら
無調へ崩壊していくような音が頭の中になっていたわけでは
ありません。
暴言失礼。犠牲者、ご遺族の皆さんには心よりお悔やみ申し上げます。
犠牲者っていっても自爆犯は地獄へ堕ちろ。(一言余分)
それと行方不明者の一人でも多くの生存をお祈りします。


MIDI

Name    [2001/Sep/17 (Mon)21:21]

あのようなすごい曲を作る方にほめていただいていたなんて…恐縮です。
あのワルツのようなフーガのようなロンドと”蛍の光”をモチーフにした、バロック風管弦楽組曲序曲(?)が特に気に入りました。(専門的な作曲法の教育とかを受けた方なのですか?)
僕は純粋にバロック風の曲を作ろうとすると、構成力がないのと楽式をあまり知らないためにまとまりがなくて終わりに説得力(?)がない曲ができてしまいます。(他ジャンルの音楽の好きな要素をまぜあわせて、ごまかしてしまうのですが、自分的には「融合の面白さ」といいはりたい…)あと楽器の経験あまりないのがちょっと痛いです。(大学時代のチェロだけ…)
HP少し更新したのでまた来てください。(更新したらカウンターが逆戻りしてしまった!何故?)
http://josquin.hoops.ne.jp/


まとコメでーす

Name    [2001/Sep/17 (Mon)21:06]

[みき様](URL : http://www4.plala.or.jp/kirakiraster/ )
演奏会、お疲れさまです、大成功だったそうで・・・(^^)
私も近ければ聴きに&弾きに行くんですけどネェ。

>>演奏だけならばいいのに主催なので全てのことに神経を使ったのでへとへとです。

うんうん、コンサートを「主催する」というのは
本当に神経を使いますね。
自分の演奏よりも主宰のほうによりエネルギーを
消費さるような気さえします・・・お疲れさまでした。

>>ソロは苦手です。連弾だと上がらないのに。

うぉぉ、俺とタイプが似てるナァ。
そうそう、私も実は
「一人で孤独にソロを弾く」
というのはものすごくプレッシャーに感じられます。
世の中にはアマチュアにしろプロにしろ
「ソロピアノ」
のみを取り扱う
人が多いけど、
彼らの心臓には何本毛が生えているのだろう☆\(--;)BAKA

>>炎コンさんは次は11月?

そうです。ある小学校でのレクチャーコンサートです。
以前にもこの掲示板でちょっと触れたのですが、
そこの小学校の校歌を私が編曲してみることになりました。
・・・で、昨日できあがったんですが、こいつがとんでもない代物で(^^;)
 (1)Overture quasi Candenza
   (Vn.の無伴奏カデンツァ+Vcの無伴奏カデンツァ
   +Cemb.のカデンツァ)
→(2)Introduction in tempo(原曲の前奏と同じ)
→(3)(校歌1番~3番)
→(4)Meno mosso, Trio for Vn.1, Vn.2 & Continuo
→(5)Tempo I(原曲の最後3小節を繰り返し)

で、「4小節の前奏+24小節の歌唱」という
合計28小節の校歌が、私の編曲によって
58小節、倍以上の小節数になってしまった(爆)
当日「当たる」か「外す」かは・・・俺、知らんぞ(^^;)☆○=(--;)

[NOIR様]

私が常々感じているのですが、日本語で「作曲」という場合、2種類有る。
1つはメロディーメイク(Melody Making)。これははっきり言ってどんな
人間でもできる。
いや、人間だけではない。最近の類人猿学者の研究によると、
「ゴリラは鼻歌を歌う。人間そっくりで、
 それが又、実に綺麗な旋律なのだ」
ということだそうです。
だから「メロディーメイク」は文字通り「サルでもできる」技術です。

もう1つは「コンポジション(Composition)」です。
これはメロディーだけではなくて、伴奏、あるいは対旋律等を
如何に上手く美しく組み合わせるか、ということです。
NOIRさんのは立派なコンポジションですね。

>>僕は楽式について知識を付けなければならないな…と反省しましたよ。

和声に比べれば既成の「楽式」を会得することは
遥かに楽ですヨ(^-^)b。それよりも、そんなことをされると
僕の存在価値が無くなるので、あまり「楽式」なんて
勉強しないでください☆\(--;)

私の珍曲MIDIの感想もお聞かせくださいねぇ(^^)/~~~


MIDIデータ

Name    [2001/Sep/17 (Mon)13:09]

ダウンロードさせていただきました。実は今母校のパソコンをちょっと拝借していてすぐには聞けないのでうちに帰ってじっくり聞きますね。
解説も読ませていただきましたが、僕は楽式について知識を付けなければならないな…と反省しましたよ。


実録ではありませんよ

Name    [2001/Sep/17 (Mon)12:55]

残念ながら…人様に弾いてもらえるほどの曲などかけません。僕の愛機MU2000のバイオリン~チェロセクションの音をほとんど加工せずに使ってます。
奇遇ですねぼくは2回目の年男です。今日はMIDIデータを聴きに参りました。またじっくり聴かせていただいた後、感想を書きに参りますね。
ここはバロックファンの方が多いみたいですけど会話がとても専門的で驚きます。


演奏会終わりました

Name    [2001/Sep/16 (Sun)23:39]

こんばんわ!演奏会が終わりました。緊張しました
楽しかったです。胃が痛かったです。
演奏だけならばいいのに主催なので全てのことに神経を使ったのでへとへとです。
ソロは苦手です。連弾だと上がらないのに。
今回はピアノの先生やピアニストの人まで見に来てくれたので
(アマチュアのお遊び演奏会なのに)ちょっと困りました・・・・
音楽は楽しむためにあるからそれはそれでいいかなって開き直りました!
炎コンさんは次は11月?





納得しました

Name    [2001/Sep/16 (Sun)21:03]

 どちらも,よくわかりました.gooでバッハとWTCをキーワードに検索しましたが,今一つ判らず悩んでいました.

 遅れましたが,似鳥さん初めまして.よろしくお付き合いくださいませ.


WTC・・・

Name    [2001/Sep/16 (Sun)19:46]

>> ところで,WTCって何でしょう?

ほら見ろ~、似鳥さん!変なこと書くからァ~・・・責任取ってくれ!

ええと、1つの意味は、似鳥さんが書いていた
Well-Tempered Clavier book(平均律クラヴィーア曲集)です.
もう1つは・・・最近大きな事件で建物が壊滅した
World Trading Center(世界貿易センター)
ですね。で、似鳥さんは

>>しかもちょうど2つ.

と来たわけです。バッハの平均律も2巻。
世界貿易センタービルも2つのビルディングでした。
・・・似鳥さん、オヌシ、ブラックユーモアのつもりかも知れませんが、
度が過ぎるぞ!イエローカード1枚!(-_-)/□


さっそくの実験ありがとうございます

Name    [2001/Sep/16 (Sun)12:05]

 トリルの実験,ありがとうございます.今後のデータづくりで大いに参考にさせていただきます.迅速な対応に感激!!

 そのほか,実際の演奏をシミュレートするとなれば,音符の長さ(レガートか,ノン・レガートか,後者の場合,どの程度休符にするか)を決めるのに,指を動かして現実に可能かどうか確認が必要なので,かなり面倒です.一番たいへんなのは,人間が演奏しているような感じを出すため(なかなか出ませんが・・・)にテンポ変化(ゆらぎ)をつける作業で,データ作成時間の大部分を占めています.

 ところで,WTCって何でしょう?


拝復ミーントーン様

Name    [2001/Sep/16 (Sun)02:47]

>>チェンバロのトリルはどこまで速くできるか

実験して計測してみました。1秒間でおよそ6~8回の音符
(トリルの往復回数としては3~4回)あたりが限界でした。

ただ、これはプレクトラム(爪)や、弦の調製状態に
大きく依存します。もっときちんと調製されたチェンバロなら
もっと速いのも可能かも知れません。また、私のチェンバロは
1音1弦ですが、もっと高級なチェンバロだと、
1音に弦が2本以上付いていたりします。こうした場合、
同時に二本の弦を鳴らすときには、手に掛かる圧力を軽減するために
撥弦時差(スタガーリング)というのを設けて、爪が弦をひっかく
タイミングを2本の弦の間で微妙にずらしたりします。
スタガーリングによるトリルの速さへの影響は
私も経験したことがないので分かりません。

まあ、どちらにしても1秒6~8音ぐらいかな?
あと、アレグロの1小節分以上の長い連続トリルの場合には、
「リバットゥータ」
(最初は遅めのトリルで、次第に速くしていく)
で行うのが普通です。


拝復似鳥様

Name    [2001/Sep/16 (Sun)02:31]

お久しぶりです。

>>WTCっていうとバッハのほうしか思いつかないです。

ううむ、この書きようはちょっと不謹慎だぞ(-_-;)
私のトップページみたいな行動が、まあ最低限の儀礼かな、と思ってます(^^;)


不吉だ

Name    [2001/Sep/15 (Sat)23:03]

非常に不謹慎な誤変換をしてしまいました。
死かも→しかも


しばらくROMってました

Name    [2001/Sep/15 (Sat)23:02]

たいへん不謹慎ではありますが、
WTCっていうとバッハのほうしか思いつかないです。
死かもちょうど2つ...


NOIRさま初めまして

Name    [2001/Sep/15 (Sat)22:26]

NOIRさま

 初めまして.私もさっそく訪問させていただきました.なかなか奥が深そうで脱帽いたしました.御顔もしかと拝ませていただきました.MP3は再生ソフトをインストールしていないので,日をあらためて拝聴させていただきます.こうして同好の士が集うということは素晴らしいですナ!!

CONTINUOさま

 数字の読み方のページ見てきました.だいたいわかりましたが,微妙なところで英語力の低さが足かせになっています.CONTINUOさんは3か国語を駆使されているそうで憧れてしまいます.当方のMIDIデータ中,唯一通奏低音のあるVivaldiの合奏協奏曲のチェンバロの右手をどうするかで困っていた(とりあえずビオラパートをそのまま使っている)のでゴザイマス.

 ヤング調律の選択理由納得いたしました.やはり12平均律が生まれるのは必然だったのですよね.

 矢継早の質問で恐縮ですが,チェンバロのトリルはどこまで速くできるか,つまり,キーを押して弦をはじいた後,ジャックが元の位置に納まるまでの時間がどれぐらいかということです(ついに聞ける相手を見つけたゾ!!).MIDIデータを作るときにいつも気になりますんで・・・・

 余談ながらCONTINUOさんもまだお若いですよ.自分ではそれほど離れているとは思いませんが.


ぐおおっ!このごろ一見さんの書き込みがおおいっ!(笑)

Name    [2001/Sep/15 (Sat)20:23]

俺も「有名人」になってきた?☆○=(--;)アホカ
[NOIR様]
はじめまして。早速そちらのサイトへおじゃましてみました。
まだ出来立てほやほやのサイトなんですね。それにしても音楽は
どれもこれも見事な物です。いや、恐れ入りました。m(_ _)m

ちなみに、隠しページと裏ページ、すぐに見つけ、
NOIRさんの写真をじっくりと拝顔させていただきました(^^)

いいなあぁ、若いって・・・ちなみに私は今年が3度目の
年男です(笑)

>>あと僕も数字付き低音の読み方がよく判らないので
>>またここに来て勉強させて頂きますね。

済まぬ。ここでは数字付き低音の読み方は解説しておらぬのだ。
昨日も書きましたが、
http://www.bachfaq.org/figb.html
が、詳しいです。ただし英語なんですけど(^^;)

[ミーントーン様]
>>数ある調律法の中から選ばれた理由,よかったら教えていただけませんでしょうか.

古典調律の中で最も12等分平均律に近い性格を持っているからです。
私の所属している合奏団は、バロック以外の曲も時々扱い、調の変化も
激しいことが多いので・・・と入っても古典調律の魅力ある響きは捨てられない。
まあ・・・一種の「妥協」ですね(笑)


補足

Name    [2001/Sep/15 (Sat)19:32]

 さきほど「調律のこと」で紹介いたしましたWEBサイトは鍵盤楽器を製作されている方のホームページ

http://www05.u-page.so-net.ne.jp/wa2/ys-clav4/

の中にあります.すごいですよ.二段鍵盤のチェンバロを鳴らしてみたい(楽器はほとんど弾けませんが・・・・).


調律のこと

Name    [2001/Sep/15 (Sat)19:06]


 どんな調律を使われているか,お尋ねしようと思っていたところでした(サテは読まれてしまったか!?).ヤングの調律がどんなものか知らなかったので調べてみたら,半分ピタゴラス調律で残り半分を等分したものと,それをさらに平均律に近づけたものの2通りあるようです.チューナーがないと大変そうですね.数ある調律法の中から選ばれた理由,よかったら教えていただけませんでしょうか.
http://www05.u-page.so-net.ne.jp/wa2/ys-clav4/data/tem/fifth_cir.htm

 それぞれの作品にどの調律を使うか,考証が難しいですね.ラモーの作品(ラモー自身が考案した調律がある)のように明確なのは例外で,バッハの作品でさえ,本当のところがわからないようです(キルンベルガーとかヴェルクマイスターとかが有力なようで,私は年代的な前後関係を考慮して後者を使っています).後期フランスバロックのクラブサン曲はミーントーンの系統(ラモー調律もその一種)でなければ,研ぎ澄まされてしっとりした雰囲気が出ませんし,ラモーのエンハーモニックという作品は,純正な響きと,本来禁則のウルフを逆手に取ったビブラート効果を交互に繰り返して,独特の雰囲気を出しているので,平均律にすると作曲の意図(曲名の意味)がまったくわからなくなります.

 また,MIDIのチェンバロの音が安っぽく聞こえるので,音源の品質かハードの性能が悪いのだろうと思っていたのですが,古典調律にすると音色がガラッと変わり,それなりにもっともらしい音色になりました.逆にピアノは下手に純正にするとガンガン鳴り響いて,とても下品な音になります.やはりピアノには平均律が合うようですね(もっとも個人的にはピアノの音の重苦しい感じが苦手ですが・・・).


ミーントーンだなんて

Name    [2001/Sep/15 (Sat)18:12]

何か素敵な言葉が飛び交ってますねここの掲示板。僕古典調律にとても興味あるんです。あと僕も数字付き低音の読み方がよく判らないのでまたここに来て勉強させて頂きますね。


足跡

Name    [2001/Sep/15 (Sat)18:07]

 コンティヌオで検索したらここに到着しました。バッハ大好きなんです。好きなのは晩年の極度に対位的な作品群や、鍵盤楽器ようの曲全般、後は宗教曲全般です。
 バロック風な作風の音楽を取り入れたテクノ(?)のようなオリジナル曲をHPで公開してます。よかったら来て下さい。
 http://josquin.hoops.ne.jp/ 


拝復ミーントーン様

Name    [2001/Sep/15 (Sat)15:48]

私は合奏団のチェンバロを担当しているのですが、最近はもっぱら
ヤング方式に設定したチューナーで調律しています。ミーントーンは
ちょっと変な転調すると使いにくくなるので、使ってません(笑)

XGのソフトシンセなら大丈夫なのですね?(^^)
早速拝聴させていただきます。


さっそくありがとうございます

Name    [2001/Sep/15 (Sat)12:14]

炎のコンティヌオさん,さっそくありがとうございます.

 曲がずらっと並んでいますが,実際にMIDIデータになっているのは曲名の文字が青で,アンダーラインが付いている(CSSが正常に機能していれば,ですが)ものだけです.他(アンダーライン無し,文字は紫色)は今後数年?かけてデータ化します.

 GS非対応でゴメンナサイ.XGのソフト音源があれば,だいじょうぶです.調律が変わるので,響きが全然違いますゾ.実を申せば,私も外部音源は持っていません(金がない・・・).データづくりもすべてソフト上でやっています.外部音源の場合,調律は良いとしても,音色が機種によって違うと思うのでレジストレーション(F8'とB8'の切り替え)がそれらしく聞こえるかどうか気になっています.ハーモニックコンテント,リリースタイム,チャンネルボリュームをいじっているだけなので,機種依存性はないはずですが・・・・

 数字付き低音のヒントありがとうございます.さっそく下見をしてきましたが,ハマッて読まないと英語がわかりそうにないので,態勢を整えて挑戦します.


例によってまとコメです。

Name    [2001/Sep/15 (Sat)00:23]

[きゃん殿]
私の所属する職場も、
アメリカへの渡航、及び、
アメリカ出張者の帰国、
更にはアメリカ国内線の使用が全面禁止になった。幸い、私の身近には
アメリカ出張中の人は居ないのだが、逆に、
アメリカからこちらに出張している人たちが居る(--;)

自分勝手だが、私が一番心配しているのは、世界経済への影響です。

[ミーントーン様]
はじめまして。先ほどちらりとサイトを拝見したのですが、
ものすごい量のMIDIファイルですね。
ただ、私の所有しているMIDI外部音源は、Rolandなんです(+_+)。
一方、パソコンのソフトウェア音源はXGなんですけど、
綺麗に聴けるのかなぁ?

>>数字付低音の意味を教えてくださいませ。

ウウム、これを真面目に一通り話すと本一冊分になってしまいますが(^^;)
簡単な読み方の入門については、
http://www.bachfaq.org/continuo.html
の中、特に
http://www.bachfaq.org/figb.html
をお読みすることをお勧めいたします。
英語なんですけど、なかなか詳しいですよ(^^)。


はじめまして

Name    [2001/Sep/14 (Fri)11:02]

炎のコンティヌオさん,みなさん,はじめまして.
 チェンバロとか通奏低音とか書いてあって,おもしろそうなので入り込んでしまいました.相当のヲタクというところも気に入りました.私も自分ではかなりのヲタクと思っていましたが,負けてしまいました.
 私のほうはチェンバロを触ったこともないのに,チェンバロの奏法をシミュレートして,ラモーのクラブサン曲集といわゆる「バッハ作曲」のアンナ・マグダレーナ1725年版(歌曲を除く)全曲のMIDIデータ化という途方もない企てをやっています.
 いつになったら完成するかわかりませんが・・・・(未完成に終わる可能性大有り!?)
 http://www1.cncm.ne.jp/~hotei/baroq/index.html
 よかったら,覗きにおいでくださいませ.
 それと,通奏低音の数字の意味をおしえていただけませんでしょうか.
 いきなり長々書いてしまいましたがよろしくお付き合いお願いします.


ほんと・・・

Name    [2001/Sep/13 (Thr)12:32]

ごぶさたしてます、実妹きゃんです。

平日はめったにTVを観ない我が家ですが,
この数日間はTVっ子です。
台風が去ったと思えばあのアメリカの事件が...

わたしの職場でも昨日は朝から海外駐在の人や出張の人の安否確認に大騒ぎでした.
もちろんしばらくは海外出張も禁止のようです.

このまま収束することを願うのみですが。。。


| 1-100 | 101-200 | 201-300 | 301-400 | 401-500 | 501-600 | 601-700 | 701-800 | 801-900 | 901-1000 | 1001-1100 | 1101-1200 | 1201-1300 | 1301-1400 |[1401-1500] | 1501-1600 | 1601-1700 | 1701-1800 | 1801-1900 | 1901-2000 | 2001-2100 | 2101-2200 | 2201-2300 | 2301-2400 | 2401-2500 | 2501-2600 | 2601-2700 | 2701-2800 | 2801-2900 | 2901-3000 | 3001-3100 |

| 掲示板の入り口に戻る |