[Top Page / 主頁] > [掲示板への入口] > [掲示板 過去ログ]

The old Messages from

BASSO CONTINUO's Message Board

| 1-100 | 101-200 | 201-300 | 301-400 |[401-500] | 501-600 | 601-700 | 701-800 | 801-900 | 901-1000 | 1001-1100 | 1101-1200 | 1201-1300 | 1301-1400 | 1401-1500 | 1501-1600 | 1601-1700 | 1701-1800 | 1801-1900 | 1901-2000 | 2001-2100 | 2101-2200 | 2201-2300 | 2301-2400 | 2401-2500 | 2501-2600 | 2601-2700 | 2701-2800 | 2801-2900 | 2901-3000 | 3001-3100 |

| 掲示板の入り口に戻る |


拝復新硬派様(^^)

Name   [2000/Jan/14 (Fri)23:38]

御来訪、有り難うございます。確か、書き込みを頂戴するのは2度目ですね(^^)

>>どちらからたどりつきましたか?

ええっと、「のの」さんのサイトからです。掲示板の書き込みは
トップページが英雄ポロネーズだったので、
つい「アンチショパン」の発作が・・・ウソデス(^^;
これからもどうぞ我がページをご贔屓に。

[皆様へ]
「のの」さんのサイトは、私のページから[LINKS]-[PIANO/ピアノ]で
リンクを張っています。
新硬派さんのサイトは(http://homepage1.nifty.com/ax1/)です。


掲示板

Name   [2000/Jan/14 (Fri)07:11]

うちの掲示板への書き込みありがとうございました。
どちらからたどりつきましたか?


更新情報(^^)

Name   [2000/Jan/13 (Thr)23:49]

去る1月11日、「グローリアアンサンブル&クワイアー」の本番が終了してちょうど1か月たった日に、その本番を録画したビデオが我が家に届きました。
これを機会に「グローリア日記」(http://www.basso-continuo.com/Gloria_d/1999/Glo_j0.htm)を更新。
この「グローリア日記」1999年度版としては最後のアップデート。グローリア日記の更新はこれにて一旦停止します。
・・・とはいっても、じきに「うっちい」さんから「事前工作依頼」(?)が入って、「2000年度のグローリア」が、
そう遠くないうちに始動すると思います・・・(^^;)よね?>うっちい様

また、リンク集(http://www.basso-continuo.com/Links/Linksindex-j.htm)に久元祐子さんのサイトを追加しました。


サンサーンスの交響曲第2番第1楽章

Name   [2000/Jan/10 (Mon)00:58]

>>交響曲のほうはうまくいってるのかなあ?

「本格的なフーガ」を期待すると裏切られるかも(^^)
フーガそのもののおもしろさよりも、むしろ、全体として
フーガ構成を利用しつつ、楽器の割り振りなどの工夫で
曲を盛り上げている、という感じです。
前半はソナタ形式のにおいも漂わせる点、ブラームスの
チェロソナタ第1番(e-moll)の終楽章と、構造がちょっと似ています。


サンサーンスのフーガ

Name   [2000/Jan/9 (Sun)16:43]

2000年問題解決おめでとうございます。

ピアノ曲で既に3曲程知ってます。
6つの練習曲作品52と111の中に
前奏曲とフーガが3曲(4曲だっけ?)あります。

で、サンサーンスはフーガに手を出しているんですが
その「つまらない」事といったらありません。CD買って
損した気分です。

交響曲のほうはうまくいってるのかなあ?


よし!なおった!

Name   [2000/Jan/9 (Sun)13:52]

・・・というわけで、皆様、この掲示板の「正月ボケY2K問題」(笑)は解決しました。

#perlの函数にlocaltime()というのがあり、戻り値に
#([現在の西暦年]-1900)を返す、とある。
#こいつをそのまま用いていたことが
#Y2K問題を起こしていたようです。


Y2K問題対策動作確認試験

Name   [2000/Jan/9 (Sun)13:49]

テスト。西暦4桁で2000と出ればOKなのだが・・・。


ううむ、先に書かれた(^^;)

Name   [100/Jan/9 (Sun)00:05]

実は帰省途中の銀座ヤマハでサンサーンスの交響曲2番の楽譜をゲットしたら、
第1楽章がなかなか聴き応えのあるフーガで・・・
・・・ということをDaiさんの掲示板に書いて、こちらにも書こうと思ったら

>>手広いですなあ。
>>Name Dai Date 100/Jan/8 (Sat)23:51
>>サンサーンスの交響曲までチェックなさってるとは。

速攻レスがついていた(^^;)
サンサーンスって、意外に知られていないのですが「フーガオタク」だった
節があります。「ベートーヴェンの主題によるピアノ四手のための変奏曲」
の終曲もフーガですし、第3交響曲「オルガン付き」の最終楽章にも
颯爽としたフガートが出てきます。それにしても第2交響曲のように、
冒頭楽章を全編フーガで構成したというのは、かなり珍しいと思う。

第2交響曲全体は、堅固な第1楽章に比べて後続楽章の内容が
薄いため、全体として「習作」の印象を免れまない作品だという
気がします。でも、第1楽章はかっこいいぞ!


手広いですなあ。

Name   [100/Jan/8 (Sat)23:51]

サンサーンスの交響曲までチェックなさってるとは。

フーガ形式は意外と人気であちこちで「断片的」に用いられてます。
しかし全曲通してという例は少ない。これは何を意味するか。

フーガで1曲通すのは ものすごい大変だ ということです。


意外と大変

Name   [100/Jan/8 (Sat)22:09]

フーガを練習中です。意外と大変。
別に速い曲でもないのに、声部のからみが厳しいもんです。

今年もよろしくおねがいしますね。


昨日は七草粥を食べた(^^)

Name   [100/Jan/8 (Sat)18:57]

松の内も終わり、そろそろ皆さんの周りでも「正月気分」が抜けて、「日常」に復帰しつつあると思いますが、如何でしょうか?

[たかぴょん様]
>>せっかくだから記念にしばらくこのままでも・・・・・・
>>と思ったのは、きっと私だけではないはず・・・・(^^;)
[プルメリア様]
>>こういう笑えるY2Kでよかったですよねー。
>>私は自分でCGIいじれないんですー(^^;
>>しばらくこのままY2Kの世界を楽しみます(おい)

まあ、「松の内」も終わったし(意味不明)、そろそろこうした「ボケ日付」の状態で放置しておくのも良くないかな?と思い始めました。そんなわけなので、数日中に「正しい状態」(^^)に戻す予定です。

[Olivier様]
>>「装飾」礼讃と葛藤
コレルリのソナタを見ると、色んな装飾が書いてあるのでよい手がかりになりますね。
私は、トン・コープマンのチェンバロなどを時々参考にしています。

[うっちい様][HANE'S YOME様]
おっしゃるとおり、今年度のグローリアは現代曲なんですが、そもそも私はこの作曲者についての知識は零なので例年以上に苦労しそうです。まず、この作曲者が何人(じん)で、アルファベットでどう綴るのかから教えてください(笑)

あ、そろそろ、「グローリア日記、1999年度版」を「締め」なきゃ・・・(^^)


遅れ馳せながら。。。

Name   [100/Jan/5 (Wed)21:00]

遅れ馳せながら、あけましておめでとう御座います。
皆様よろしくお願い致します(^^)
しばらく振りにお邪魔したら。。。わー、Y2Kの影響だ。
面白いから、松の内の間はそのままにしておいてぇ(笑)

 ところで、今年はここでもちょっと前に話題になりましたバッハイヤーですが
我が家も、今年の前半はバッハ漬けになりそうです。
この正月は今度歌う曲を譜面を見ながら聴いてました。(だって正月特番つまんない)
う~、独逸弁が上手くはいらない(--;) 

[うっちい様]
 炎コン様より先にレス入れる失礼をご容赦ください。
 来年はヴェルディーですか(*o*) すごーい。
 あ、今年は○○○(伏せ字^^;)やるつもりです。 よろしくお願いします。


ことしもよろしく!

Name   [100/Jan/5 (Wed)10:00]

あけましておめでとうございます(^^)!!


>>コンチさん

ほほう、コンチさんの元旦は荘厳ミサですか。
私は皇帝を聴いていました。こっちの方が正月っぽいかな(笑)。

そういや、マイナーネタでグローリアの話ですが、今年は「例の曲」で
来年はなんと、ヴェルディーのレクイエム、という線が濃厚になって
きました。で、オケをトラなしで構成するのが難しく、かといって
トラを大勢呼ぶ予算もないし、、、

ということで、いろんな画策が
はじまっております。乞うご期待。。。(^^)


仕事始めを待つ1日

Name   [100/Jan/4 (Tue)21:16]

二千年問題がパニクらずに済むと余計な投資だと騒ぐ人がいる
のが世の常。でも家庭用電化製品がケッコウはまっているらし
い。うちの蓄音機など「どこ吹き込みぞ」といった朝顔をして
いるが。注)78回転用のが実在するわけではありませんヨ。

「装飾」礼讃と葛藤…、中途半端な素人の悩み。
現代の(オヤ?)ヴァイオリン弾きが簡素な譜面を見て演奏する
ときにチト遊んでみようかなと「装飾」を加えると、周りの人々は
決まって「変奏だ」「編曲だ」「チャルメラだ」「演歌みた~い」
といってイチャモンをつけてくるもんです。装飾の善し悪しもある
と思いますが、バロック期にも非アドリブ主義者は存在したし、
かのバッハ御大がコラール"In dulci jubilo" BWV368をブクステ
フーデ風にオルガンで演奏(BWV729)したとき、当時の善良なる
聴衆はいったいどのような反応を示したのかしら。上記のヴァイ
オリン弾きとはズバリ私のこと!?こりゃ全然お話になんねーっぺ
しタ!オオオ、お粗末様でした。モモ、もっと、リ、流暢な装飾
を研究します。ドモ、失礼しました!


おめでとうございます♪

Name   [100/Jan/3 (Mon)19:02]

炎のコンティヌオさん、みなさん、あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします(^-^)/*

あー、ここでもなんですね(笑)<2000年問題
こういう笑えるY2Kでよかったですよねー。
私は自分でCGIいじれないんですー(^^;
しばらくこのままY2Kの世界を楽しみます(おい)


明けましておめでとうございます(^^)

Name   [100/Jan/3 (Mon)03:57]

今年もどうぞよろしくお願いいたします(^^)

・・・・・・・まぁ、こんなところでも2000年問題が!!
せっかくだから記念にしばらくこのままでも・・・・・・と思ったのは、
きっと私だけではないはず・・・・(^^;)


ただいま実家に寄生虫・・・じゃない、帰省中

Name   [100/Jan/3 (Mon)01:19]

まあ、寄生虫も帰省中も、実家側の人間にとっては似たようなモノかもしれない(爆)
[やまちゃん(山崎先生)様][hamitan様][のの様]

1月2日のニュースで、どこぞの原発でY2K問題が出た、といっていました。
まあ、そんなのに比べると私の掲示板のモノは可愛いモノですね。
山崎先生は自力でcgiを修正されたそうですが、私は帰省中であまりむやみやたらとパソコンの
前に向かえないため、あと2,3日はこの状態が続きそうです(^^;)
本年も宜しくお願いします。

[Olivier様]
本年も宜しくお願いします。
>>「小川目盛り或るいは」
ううむ、これはバッハメモリアルイヤーのことですね。
貴殿の書き込みはいつもひねってあって、ちょっと見ると分かりにくいですよぉ(^^;)
「小川」を"Bach"と読み替えてください>ALL

>>でも朝一番に聴いたのはコレッリop6,nos7&9だったノダ。

お、さわやかでいいですね。私は元旦の朝からんベートーヴェンの
荘厳ミサのCDを聴いていました。暑苦しい(笑)


あはっぴいみれにあむ

Name   [100/Jan/2 (Sun)19:54]

炎のコンティヌオさん あけましておめでとうございます!

大晦日~元旦の立会いは何もなかったんで、安心してたら
こんなところでY2Kが出ましたかぁ~(^^;
ま、この程度でしたら、業務上影響はないといっていいでしょう。
(掲示板はちゃんと書き込めますし。99年以前が消えたわけでもないし)

ということで本年もどうぞよろしく!

2000.1.2 http://member.nifty.ne.jp/nono3/      のの


あきましてぃおみでぃとうございます

Name   [100/Jan/1 (Sat)11:28]

新年早々栃木南部弁で失礼しました。
さて今年は「小川目盛り或るいは」ということでガキの頃にお世話
になったBWV1066~70(?)の盤面の擦り切れたレコードを
をひっぱりだしてみようかな・・・
これは滅法楽しい。仏風序曲は当然風雅、フォルラーヌあり
パスピエありサラバンドイン5度カノンありの超豪華版。
フルートとオーケストラのロ短調の序曲の「2」拍子のアレグロ
なんか聴いているとどこが1拍目なのか今なお聞き落としてしま
いますが。
でも朝一番に聴いたのはコレッリop6,nos7&9だったノダ。


Y2K

Name   [100/Jan/1 (Sat)10:27]

身近なところにあったのね・・・。
おもしろがっている私がいます。>ごめんなさ~い(逃げろ!!)


同じ事考えちゃいました(笑)

Name   [100/Jan/1 (Sat)02:15]

私の「Q&A掲示板」も同じ問題発生(^_^;)

>#cgiスクリプトを修正してみようかな・・・(^^)

今風呂の中で「要するに西暦表示が出ないように改造しちゃえば良
いんだな」なんて考えてました(笑)。
しかし今制作者のWeb覗いたら「近々修正版を配布する」とあった
のでそれを待つことにします。

>みなさま、これが2000年問題です。よ~くわかりましたね?(笑)

要するに「何が起こるか分からない」というのは電気が止まるとか
じゃなくて、こういうことを言っていたわけですね(爆)。


うおっ!この掲示板にY2K問題が・・・

Name   [100/Jan/1 (Sat)02:03]

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、ついにバッハイヤーの到来です!hamitan様の娘さん、お覚悟を(笑)
心配された2000年問題もどうやら大丈夫みたいですね。小渕首相が
午前1時に、「安全宣言」を出したそうです。

ところで、皆様、この掲示板で2000年問題が発生しています(^^;)。
年が明けてからの書き込み、すなわち、hamitanさんと私の書き込みの
日付をよーくご覧ください。日付の年の部分が"100"・・・
みなさま、これが2000年問題です。よ~くわかりましたね?(笑)
なお、これ以外の部分掲示板の動作そのものには異常はありません。
どうか皆様、Y2Kにうろたえることなくどんどん書き込んでください(^^;)

#cgiスクリプトを修正してみようかな・・・(^^)

[あゆぴのまま様][hamitan様]
明日の昼過ぎにこちらを出て、名古屋到着は夕方から夜のころです。
なお、私のパソコンはノート型ですので、インターネットへのアクセスは
全く現在と同様に可能です。そういうわけで今後もどうぞご贔屓に(^^)


おめでとうございます

Name   [100/Jan/1 (Sat)01:06]

バッハイヤーですね。バッハ嫌~はどうするのだろうか?
今年もよろしくお願いします。
帰省するんですね、いいなぁ・・・


さよなら1999年!

Name   [99/Dec/31 (Fri)23:40]


2000年まであと20分くらいかな?
そろそろ落ちなくちゃ。
1年間お世話になりました。
来る年がよい年になりますように!(^^)/~~


今年の終わりに…

Name   [99/Dec/31 (Fri)23:13]

ちょっと、ご挨拶にやってきました (_ _)
今年は、秋からお世話になりました
来年のバッハイヤーに向けて、またよろしくお願いします(^^)
本番直前に、ドビュッシーをほったらかす勇気は、
あゆぴにはないようです~(笑)

お気をつけて、名古屋におかえりください(^0^)/
よいお年を!!


Finale

Name   [99/Dec/31 (Fri)22:38]

[炎こんさま]
>>ちなみに「ミサ曲」はたいていの場合、フーガの宝庫でっせ!

なんとな。知らなんだ。そうでしたか。
ピアノ曲だけみてたので、気がつきませんでした。
これはおいしい情報を。ぐらしあす。

#HMVで見たんですが、23声のカノンとか、46声のカノン(共に合唱)
の作曲家がいましたね<バロックで。誰でしたっけ?ええとねえ。。。。。
てれまんだったかなあ・・・・違うなあ。誰だったかなあ。。。。。


あと2時間

Name   [99/Dec/31 (Fri)22:02]

ただいま、午後10時。
ニュージーランドに続き、オーストラリアがたった今Y2Kに突入したはず。
我らが日本のY2Kの瞬間が刻々と近づいて参りました。
ニュージーランドは今のところ目立った事故やトラブルのニュースは
ないようですね・・・(^o^)ホッ!

TVのニュースでは、紅白の合間を縫って、エリツィン辞任や
インディアン航空の人質解放のニュースが・・・。
今日は夜になってから大きなニュースが立て続けに発生しています。
そんな慌ただしい中(笑)御2人も来訪いただけるとは!

[Dai様]
来年もよろしく!
貴ページを見たら、「フーガの解析」を再開させるとの予告有り!
楽しみにしています。
ちなみに「ミサ曲」はたいていの場合、フーガの宝庫でっせ!
色んな作曲家の"Gloria"の終曲が狙い目です!(^^)

[うっちい様]
帰省されたのですね、ということは今は、黒磯市ですか(^^)
私は明日、名古屋に帰省予定です。
>>年明け、例の譜面を送ります。
>>相談にのってください!
承知しました。
しかし「相談に乗ってください」とはこちらのせりふかも(^^;)・・・。
来年も、よろしくお願いします。


(^^)

Name   [99/Dec/31 (Fri)21:34]

コンチさん、今年も一年間おせわになりました!
来年もなにとぞよろしく。。。

今、実家からアクセスしてます。
兄のC1でネットサーフしていますが、キーボードが小さくて
書きこみが大変です(笑)。。。

年明け、例の譜面を送ります。
相談にのってください! 


Fugues

Name   [99/Dec/31 (Fri)20:11]

[炎こんさま]
来年はフーガを本格的に分析します 譜面例付きです。
我が戦友よ、ともにフーガを弾こうではないか!

それでは良いお年を。
#ネットサーフィンやめます>今日の深夜


2000年まであと4時間半・・・

Name   [99/Dec/31 (Fri)19:31]

[HANE様]

>>平穏な日々が何よりのような気がします。

ともいかなくなりそうです。午後7時のニュースで突然
「ロシアのエリツィン大統領が辞任」
のニュースが飛び込んできました。来年も波乱の年になりそうだ・・・
ニュースはそれ以降、Y2Kに対する政府・民間の対応を放送している。
例年の「新年挨拶電話」に加え、Y2Kの確認コールなどで、
午前零時ごろに回線がパンクするおそれがあるそうです。

皆様、この時間は電話回線を用いてのネットサーフィンは控えましょう!
私も11時50分頃には回線をいったん切断します。

[Olivier様]
>>このように速いテンポで聴くとヘンデルのメサイヤの
>>And the glory of the Lord... を思い起こしてしまいます。
これはいえてるかも。両方に共通するのは「速めのメヌエット」
或いは「パスピエ」の性格です。

>>しかし、このアレンジはバッハ的な情報量/時間ですよね。

確かに「バッハよりも、むしろ、ヘンデルっぽい」と
おっしゃった人もいるんです。
まあ、バロック風になっていれば私の意図は達せられたかなと・・・(^^)
来年も、よろしくお願いします。

[Keiko様]
タイムリミットはあと4.5時間!がんばれ~(^o^)/~~~
先進国ではニュージーランドがあと30分で2000年に
なるそうですから、ここで事態がどうなるかが1つの鍵ですね。

さて、「紅白」見るか・・・


良いお年を~♪

Name   [99/Dec/31 (Fri)19:02]

夕方、帰ってきました。
もう年越し蕎麦は食べられましたか?
私はこれからY2K対策です。
嫌な事はギリギリまで、しない私(汗)
では、今年一年お世話になりました~♪
来年も宜しくお願い致します。m(__)m


年末はいかがお過ごしですか?

Name   [99/Dec/31 (Fri)15:45]

今日もMIDI LIBRARYを楽しんでいるのですが、故郷のテーマは
このように速いテンポで聴くとヘンデルのメサイヤの
And the glory of the Lord... を思い起こしてしまいます。
しかし、このアレンジはバッハ的な情報量/時間ですよね。


今年1年お世話になりました。

Name   [99/Dec/31 (Fri)13:57]

もうすぐ新年ですね。1000年代最後のクリスマスと一緒で、過ぎてしまえばあっけなかったと感じるかも知れませんが、その平穏な日々が何よりのような気がします。
さて、営利目的じゃないと思いますが、今日の夕方6時から「とちぎTV」で某合唱団の第九演奏会の模様が放送されます。(ローカルネタですいません。)
貴重な第1楽章立ちっぱなしの映像が公開されるはずです。よろしかったら見てみてください。
これから出流山まで年越しそばを食べに行ってきます。
それでは皆様良いお年を。


大掃除ひと段落(-.-)

Name   [99/Dec/30 (Thr)21:14]

タイトル、「終了した」という意味ではありません。まだ明日もある。
でも、年賀状はようやく出してきました。

[DAI様]
>>結構 装飾音の入れ甲斐あるかも。

そうですね。原曲が元々音符が細かいのですが、装飾音を加えると
原曲の雰囲気をよりいっそう強めることができるような気がします。

>>嬰ヘ長調をお好きとは、なかなか渋い趣味ですのう。

13番はプレリュードが「フランス風序曲+バロック協奏曲」、フーガは
「ガボット」という具合。単なる「前奏曲とフーガ」ではなく、
なにやら組曲を思わせる構成ですらあり、なかなか面白いんですねぇ。

[hamitan様]
>>・・・・うちにはバッハ嫌~というのが約1匹生息中・・・(笑)

うおお、来年の「バッハ記念年」に生きていられるのだろうか(笑)
私は幸い、「フーガ」がガキの頃から
好きだったため、わりと早い時期からバッハになじめたのです。
でも考えてみると、ガキの頃は、フーガと無縁な「組曲の舞曲楽章」は
それほど好きではなかったような気がする。
バッハの音楽を聴くにはあらかじめいろんな「頭の準備」が
必要なのかもしれませんね。これはピアノのレッスンだけでは得られない
物かもしれません。


バッハいや~

Name   [99/Dec/30 (Thr)13:06]

・・・・うちにはバッハ嫌~というのが約1匹生息中・・・(笑)
7日に弾くインヴェンション12番は何とかなりそうですが・・・
トリル?装飾音?はっはっは!それだけが楽しくて何とか持っている、うちのお嬢さん
来年はバッハ嫌~を卒業してもらいたい。

大掃除?サボってるからカキコしてる・・・(爆笑)
http://www.freepage.total.co.jp/hamitan/index.htm


あゆぴのまま様へ

Name   [99/Dec/30 (Thr)09:39]

今年もあと2日ですねぇ~。

[あゆぴのまま様]
>>お掃除すすんでますかぁ~

うっ!全然進んでません。
昨日は「お掃除開始の前に、Y2Kに備えて念のために」と、
パソコンのデータのバックアップをとっていたら、
ついつい「ついでに」とインターネットにつないでしまい、
あっというまに一日が
終わってしまいました(+_+;)
今日もこんなレスつけてると言うことは、
同じ一日が繰り返されるのではないだろうか、と
我ながら頭が痛いっす(笑)

>>9日の雨の庭が終わったら、
>>次はフランス組曲の5番が待っています<これは3月31日
>>山ほどトリルの入るサラバンドをさらって、きゃ~しあわせっ!!と叫ぶ
>>ヘンな子が我が家には一匹生息しております(苦笑)

私は、平均律第2巻第13番のプレリュードにトリルやモルデントなどの
装飾音を入れまくって弾きながら、うぉぉ~かっちょええ!!と
わめきちらすタイプです。
あゆぴさん、私と感性が似ているかも、危険な兆候ですね(笑)

来年はバッハメモリアルイヤーですし、どうですか
ここは一つドビュッシーなんか捨ててしまって
バッハ一本に絞るというのは☆BAKI\(--;)


今年もあとちょっと(^_^;A

Name   [99/Dec/30 (Thr)01:12]

お掃除すすんでますかぁ~
あゆぴは、もう1日レッスンが・・・

年明けすぐの演奏会のよていは、なんだか、受験生のいるお正月ににているかも(笑)

9日の雨の庭が終わったら、
次はフランス組曲の5番が待っています<これは3月31日
山ほどトリルの入るサラバンドをさらって、きゃ~しあわせっ!!と叫ぶ
ヘンな子が我が家には一匹生息しております(苦笑)
おおきくなったら、チェンバロ弾きになれるのでしょーか??<あゆぴの先生は
副科で古楽器をやってたそうで…以前、一瞬だけ借り物のチェンバロがレッスン室に
ありました・・・ふしぎな楽器ですねぇ<チェンバロ

あ、長々しつれいをしました。
また、あそびにきますね。


今日で今年の仕事は終わり(^^)

Name   [99/Dec/29 (Wed)15:11]

今日は仕事納めでした。午前中、事務所の清掃をして、終わり。
これから年末年始の休みに突入です。
ただいま、年末にふさわしく、カラヤンの「第九」のCDを
聴きながら、部屋を片づけています(^^;)
私にとって「年末に第九のCDを聴く」というのはもはや年中行事。
このごろは、「第九」の音楽を聴くと、
「条件反射的に年越し蕎麦の味を思い出す」
ようにさえなってしまいました(爆)

[Dai様] 
>>個人的に原せんせいにお願いしました。「第2巻を書いてください」と。

うおっち、鬼のような注文よのう。「24個のプレリュードフーガ」なんて、
簡単に書こうと思って書けるもんじゃないぞ(^^)

[HANE's YOME様]
>>我が家はこの週末大掃除でした。年賀状は20日前にだしたので

え?年賀状、済んだの?早いなぁ。わたくしはこれから宛名書きです(^^)
大掃除は・・・ひょっとすると来年末までかかるかも(^^;)

>>来年も、音楽&宴会で盛り上がる予定です。

来年の「グローリア」、私の全く知らない曲だし、自分の出番がどうなるのか
把握してないし、未だ私の中では未だ五里霧中です。
(個人的には、「大規模なバロックもの」にも手をだしたくなってきたの
 だが、皆はどうなんだろ?)


少し早いけど、年末のご挨拶

Name   [99/Dec/28 (Tue)23:40]

年の瀬ですねぇ。
我が家はこの週末大掃除でした。年賀状は20日前にだしたので
いくらか慌ただしさは、軽減されました(^^)
あと半日働けば、お正月休みです。
おお、このHPもお正月準備ですね。
20世紀最後の年のトップページがどのような感じになるのか
今から楽しみです。
(BGMはやはり「日本のお正月」を彷彿とさせるものとなるのでしょうか?
 でも、バッハも捨て難し。。。)
 さて、今年も1年を振り返る時期になりました。
私にとっては、今年も素晴らしい仲間と素晴らしい曲を演奏できたってことが
一番嬉しいことでした。こんな「出会い」は財産といっても良いくらいですね(^^)
その副作用として、我が家は音楽仲間の宴会場となってます。(笑)
来年も、音楽&宴会で盛り上がる予定です。炎コン様、引き続きよろしく。

それでは、皆様よいお正月を!!


Bach vs Hara

Name   [99/Dec/28 (Tue)10:29]

[炎こんさま]

>>来年はバッハメモリアルイヤー!そうでなくてもバッハ党の私としてはバッハでしょう!「平均律」!特に2巻は逃せないところであります!13番の「ガボットフーガ」あたりなど、結構、面白いと思います。

むむ。。。。。原せんせいの平均律は1冊ですから。
個人的に原せんせいにお願いしました。「第2巻を書いてください」と。

そうか。バッハメモリアルイヤーとの関連も書けばよかった。失敗。
「バッハの追悼の意を込めて平均律第2巻の作曲を 是非お願いします」
よし、これでいこ。これで。

便乗宣伝までしてしまう私がかわいい^^;
原 博 非公式HP
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/1370/


さてさて今年もあとわずか

Name   [99/Dec/27 (Mon)22:43]

日曜日は年賀状の「製造」で一日が終わりました(^^)
今日は10時まで仕事をしてただいま帰宅。今年の出勤はあと1日半。
ただいま、バッハの「ロ短調ミサ」を聴いています。時々聴いている
のですが、結構「エキサイトする」曲です。出だしの「キリエ・フーガ」
も、聴いていてなんかこう、ぞくぞくしてきます(^^)。

[Dai様]
>>ちょうど来年は切りのいいとしだし、フーガの年にしましょうか。
>>ボクは原 博を弾くんですけどね。
>>炎こんさまは やはりバッハのフーガ?

というか、来年はバッハメモリアルイヤー!そうでなくてもバッハ党の
私としてはバッハでしょう!「平均律」!特に2巻は逃せないところで
あります!13番の「ガボットフーガ」あたりなど、結構、面白いと
思います。


[とっぴー様]
>>ニュー・イヤー仕様のトップページの曲、バッハのオルガン・ソナタが

あ、これ良さそうだなぁ(^^)でも音色をSC88pro用からちょっと、
「汎用」に変形しないといけないかな?


あららん・・・

Name   [99/Dec/26 (Sun)01:02]

ほろ酔い気分で帰ってきたら、あららん・・・。
もうクリスマスは終わってしまったのねん(^^;)
頭冷やして(?)出直してきますぅ。(笑)

今夜は友達と「餃子」と「ニンニク料理」をいっぱい食べてきました。
クリスマスなのに、やけにカップルが少ないお店でした(^o^)あたり前か。

ニュー・イヤー仕様のトップページの曲、バッハのオルガン・ソナタが
いいなあ~~~(*^^*) 却下?


[Fugues year]

Name   [99/Dec/25 (Sat)23:30]

ちょうど来年は切りのいいとしだし、フーガの年にしましょうか。

ボクは原 博を弾くんですけどね。
炎こんさまは やはりバッハのフーガ?


トップページをさっさと更新(^^)

Name   [99/Dec/25 (Sat)19:56]

クリスマスの一日も暮れようとしています。
文房具屋へ出かけたら、クリスマス飾り付けのアイテムが
「値崩れ」を起こしていました(^^;)これから街は一気に
正月の準備へと変貌ですね。すでに門松を出しているお店もあります。

私もトップページをさっさと更新しました。クリスマスリースを
外して正月飾りをつけました。また、BGMとしてご好評いただていた
「奇曲(?)」も外してしまいました。m(_ _)m
どうしてもお聞きになりたいかたは、[Free MIDI Libraries]から
"おめでとうクリスマス/We wish you a merry Christmas"を選択してください。


まとコメ

Name   [99/Dec/25 (Sat)00:12]

[Olivier様]
ようこそおいでくださいました!

>>「栄光の讃歌」合奏および聖歌隊

ううむなんともはや「まわりくどい」言い回しだな。
素直に「グローリアアンサンブル&クワイアー」といいなされ(笑)
これからもどうぞよろしくおねがいします。

[HANE'S YOME様]
>>日本でこの時期「第九」がはやるのはこれも1つの要因なのでは
>>ないかと思うのは私だけでしょうか?

そりゃお主だけです(笑)俺はもっとストイックだ(←うそ)
それに、「オーケストラ+合唱の大規模な曲」だったら「第九」以外にも
たくさんあるから、この説は説得力が無いぞ(笑)
音楽を「出会い」の目的に使うのはちょっと考え物だなぁと思います。
いあ、ストイックな意味ではなく、音楽的才能と、いわゆる「人格」の間に、
それほど強い相関があるとは思えないからです。

[とっぴー様]
そういえばピアノの本番の出来は如何でした?(笑)
色々なサイトの掲示板をあれこれ見てみると、ぼちぼち年末の
各種演奏会や発表会もおわり、というところが多くなってきた
ようですね。でも、私の知人で、大晦日から元旦に掛けての
「越年演奏会」に出演するという人がいます。そんなことして
Y2Kは大丈夫なのだろうか?(笑)

[あゆぴのまま様][hamitan様]
ううむ、俺は臨済宗だぞ(笑)
で、みなさんはいわゆる「クリスマスイブ」をどう
お過ごしなのでしょうか?
私はただいま1人でビールを飲んでいます(^^;)

そういえば、日本はこの季節社会的にもクリスマス一色ですが、
アメリカ合衆国では最近移民が多く、必ずしもクリスチャンのみではない、
という状況になってきたせいか、"Merry Christmas"よりも、
"Happy holidays"とか"Seasons Greeting"という挨拶が
勢力を増してきているそうです。
だから何だといわれるとそれまでですが(笑)


あ・・・

Name   [99/Dec/24 (Fri)23:48]

あゆぴのママに先越された!(笑)
Merry Cristmas!(^o^)/


ほんの一言

Name   [99/Dec/24 (Fri)23:16]

めりぃ~くりすますぅ♪

     てなわけで…おさわがせしました <(_ _)>


Merry Christmas!

Name   [99/Dec/24 (Fri)19:49]

炎のコンティヌオさん こんばんは

メリー☆クリスマスです~♪(*^-^*)

去年のクリスマスは、カナダにオーロラを観に行ってましたが、
今年はおとなしく(?)、家族や友達と過ごすクリスマスです(笑)

昨日、名古屋の「JRセントラルタワーズ」がオープンしました。
とっても綺麗になりましたよん!(*^-^*)>名古屋駅
どこもかしこもピカピカです。
初日の昨日は、8千人を超える人が展望台を訪れたそうですが、
私が出先から戻ったのは夜11時過ぎだったので、昼間の喧騒が嘘のように、
冷たい空気の中で、真新しいガラスがピカピカ光っているばかりでした。

今年もあと1週間ですね。年賀状書かなくちゃ!(^^;)
1年間楽しませてもらった「グローリア日記」。
2000年はどんな曲に彩られるのでしょうか?また楽しみにしてます(^^)/~~

☆楽しいクリスマスの週末を!☆


祝日なのに、お仕事~

Name   [99/Dec/23 (Thr)08:07]

2000まであと9日ですね。 
ちまたにはクリスマスソング、TV&ラジオでは年末恒例「第九」の
演奏が流れまくってますね。
最近ではTVCMにまで「第九」アレンジが流れる始末。
でも、炎コン様が以下おっしゃる様に、私も目くじらはたてません。
>年末の「第九」の
> 「風習」をあれこれ言う人も居ますが、まあ、それほど目くじら
> たてることもねぇんじゃないかな・・・という私は
>ノンポリ的なのだろうか?(笑)

 年末「第九」には、思わぬ効用があるようです。
私が先日第九を歌ってきた団体は、1970年代生まれが中核を
しめるので、演奏会が終わると有無を言わさず「クリスマスパーティ」です。
そこで、否応無くカップルが生まれるんです。
1人で年越したくない!と勝負にでるんですよね(^^;)
そりゃ、5月から初めて第九やって、苦労してあの曲歌いきれば
気分も盛り上がるってもんだ!!
日本でこの時期「第九」がはやるのはこれも1つの要因なのでは
ないかと思うのは私だけでしょうか?

私は既婚者なので、この「から騒ぎ」には無縁です。(^^) 

独身の皆様、来年は「第九」をうたいに行って見るのはいかがでしょうか?
少しは、暖かくなるかもしれません。
その際は、若手が多い団体をオススメします。
(こんな書き込み、音楽にストイックな方には、怒られそうですね)


網上では初めてお目にかかります。

Name   [99/Dec/22 (Wed)23:46]

私は「栄光の讃歌」合奏および聖歌隊の第2提琴弾きです。
モンドンヴィーユの奏鳴曲携えて利根川北岸中田停車場より
汽車でやってまいりました。でも、ここには「ル・パルナッス」
なんて山はありませんよね。


Dover Edition

Name   [99/Dec/22 (Wed)22:11]

うーん やっぱオルガンはドーバー版かあ。やすいもの。

で 独身のクリスマスはいかがなものでしょう?>独身なみなさま

#やっぱり寒いものかしら?


今年も残り10日・・・

Name   [99/Dec/22 (Wed)00:02]

先日、車を運転しつつ何気なくFMをつけたら「第九」を
やっておりました。そういう季節なのですね。年末の「第九」の
「風習」をあれこれ言う人も居ますが、まあ、それほど目くじら
たてることもねぇんじゃないかな・・・という私は
ノンポリ的なのだろうか?(笑)

[Dai様]
ううむ、オルガン全集とな?私も未だ持っていない。
バッハのオルガンコラールは、一応Doverの楽譜のみを
持っています・・・楽譜「のみ」で、一度も聴いたことの
ない曲ばかりなのですが(笑)
バッハのコラール編曲の方法も実に様々ですね。
単に伴奏を変えてみただけ、というような物から、
協奏曲風だったり、インヴェンション風だったり、
完全にフーガの出だしになっていたりする物もあります。

[Keiko様]
Keikoさんも無事主宰されている発表会が終了されたようで、
お互い、お疲れさまでした(^^)
私のほうはこれで今年の主な音楽活動は終わりです。12月23日に
知り合いがちょっとした演奏会を行うので聴きに行くつもり、あと、
12月25日は地元の弦楽合奏団の忘年会・・・だったかな?
いずれにしても私自身が人前で演奏する機会は、今年は、もう
ありません。

>>それにしても・・・チェンバロって、デリケートな楽器なんですね。
>>そんなに頻繁に調律しないといけないとは、知りませんでした。

周囲環境に実に敏感です。ちょっと温度や湿度が変わると
ピッチがすぐに変化してしまいます。

従って、温度計や湿度計の代わりにもなります(←うそ^^;)
とにかく、ピアノとは似て非なる楽器ですね。
メンテナンスについていうと、むしろヴァイオリンあたりの
弦楽器に近い雰囲気を感じます。


遅れ馳せながら・・・

Name   [99/Dec/21 (Tue)03:59]

こんばんは~♪
やっと今、グローリア日記をゆっくり読まさせて頂きました。
その時の様子が、手に取る様に良く分かりました。

それにしても・・・チェンバロって、デリケートな楽器なんですね。
そんなに頻繁に調律しないといけないとは、知りませんでした。
フルートもピッチがくるいやすいですが、こちらは吹き方で
多少の矯正が出来るので、やっぱチェンバロの方が大変だな・・・と思いました。

とっても充実した演奏が出来たようで、
ホント良かったですね。
お疲れさまでした。

http://village.infoweb.ne.jp/~fwkc9178


Bach:18 Organ Chorales

Name   [99/Dec/19 (Sun)22:03]

NAXOSのBach Organ全集を買ってしまいました。10枚で7000円程度だったもので。

オルガンの音は慣れてくるとこんなにも心地よい音なのかと。今更ながら。

前奏曲とフーガよりも コラール集の方がおちつけますね。
#もうちょっと前奏曲とフーガのほうも聞き込んでみよう。


一週間の御無沙汰

Name   [99/Dec/19 (Sun)21:06]

「グローリア」本番が終わってはや一週間。
なんだかあっという間に日々が過ぎていきます。
私もぼんやりしていたら、この掲示板に対して
1週間も御無沙汰になってしまっていました。

[まっち様]
グローリア本番はお疲れさまでした。
私にとってグローリアの本番は一年に一度の「お祭り」(^^)

>>"コアディスク"をサーチしたら

むむむ、ひょっとして、もう、
来年に向けて始動しておられるのかな、は、早い(^^;)

[ゆき様]
はじめまして。これからも私のサイトをよろしくお願いします。
チェンバロのおもしろさの一つは、弦楽合奏の中の「通奏低音」
ですねぇ。これはピアノとは全く異なったアンサンブルの世界です。
3声のインヴェンションは、私も大好きな曲が多いんです。特に
13番が好きですね。ゆきさんのお好きな曲は何ですか?


はじめまして

Name   [99/Dec/17 (Fri)23:18]

 はじめまして。
 今日ここのページを見てチェンバロを一度でいいから
 弾いてみたいと思いました。
 いつもはピアノで3声のインベンションを弾くくらいです。
 どなたかメールをいただけると嬉しいです。

あれれ?

Name   [99/Dec/16 (Thr)16:04]

見たような名前の人がたくさんいるぞ??
Yahooで "コアディスク"をサーチしたらここだけ引っかかって来ました。

ところで、演奏会お疲れ様でした。また来年に向かってがんばりましょう。
では・・・・。

グローリア日記を更新!

Name   [99/Dec/13 (Mon)00:51]

昨日は演奏会と打ち上げで体力を使い果たし、今日は死んでました。
で、お待たせしました!グローリア日記を更新!
演奏会本番のあの興奮と緊張をを思い起こしつつ書いてみました。
これから徐々に推敲して、文章が少し変化するかもしれませんが、
とりあえずのアップロードです。演奏会に望む1人の演奏者の
心象を書き連ねた物として読んでいただければ幸いです。

[MIC様、KEIKO様、hamitan様、DAI様]
演奏会本番に際しての書き込み、有り難うございました。
とても有意義な演奏会でした。聴かせたかったなぁ・・・
というと笑われるかも。
でも、マジにそう思います。これまで1年間曲がりなりにも
この曲とつきあうことができて、とても良い経験になりました。

[HANE様、うっちい様]
昨日はお疲れさまでした。なにはともあれ終わりましたね。

うっちい様>>今日は一日ぼーっとしておりました(笑)。

私もです(笑)。かろうじてウェブページを更新したのは、
本番が終わってから27時間後になりました(^^;)

うっちい様>>>関係者各位
うっちい様>>来年も楽しく演奏しましょう!
はい、グローリアVol.6の終了は、
同時にグローリアVol.7の始動でもあります。(気が早すぎる?)
来年の12月にまた楽しい演奏会に参加できるようにしたいと思います。

[たかぴょん様]
来年はたぶん出られないんですよねぇ。残念です。
でも、是非、聴きに来てください。
「演奏者」と「観客」という立場での再会を楽しみにしております。

おつかれさまでした!

Name   [99/Dec/12 (Sun)23:40]

いやぁ、コンチさん昨日はお疲れさまでした。
今日は一日ぼーっとしておりました(笑)。最近、指揮をすると右肩にくるの
ですが、今日も痛くて腕があがりません(T_T)。。。

>HANEさん
Totus tuusは本当にすばらしい演奏ができました(^^)!
練習時、全音も下がってしまうことがあってついつい口に出してしまい
反省しているのですが、音が下がってしまうこと自体はそれほど問題
ではないんですよ(^^)。相対的にハモっていれば救われますから。

問題は、音やリズムや言葉をどのように処理してうたうか、なのですが
あれだけ似たようなフレーズと歌詞ばかりだったにもかかわらず、意外に
表情豊かに演奏できたと思うんです。

しかし、あれ以上練習すると団員のみなさんが慣れちゃって、表情を
つけすぎてやぼったい演奏になったかも(笑)。ちょうどよい時期に
演奏会を迎えることができた、という印象です(^^)!!

>関係者各位
来年も楽しく演奏しましょう!
おっと・・・たかぴょんは、その演奏を聴きにくること!(^^)
今年もお疲れさまでした!!!

お疲れさまでした~(^o^)/

Name   [99/Dec/12 (Sun)13:56]

今日は、ゆっくりとお休みになっているのかな???(*^_^*)

書き込みを読ませて頂くと、いい演奏会ができたようで良かったですね。
ネット上にいると、ホント「<どこでもドア~>があればいいなぁ。」と
思ってしまいます。
そうしたら、炎のコンティヌオさんの演奏会も聴きにいけるのに・・・。(笑)

なにはともあれ←(死語?)「お疲れさまでした~♪」

さあ、次は、私の番・・・(ぼそっ)


お疲れさまでした。

Name   [99/Dec/12 (Sun)11:45]

昨日は演奏会&打ち上げお疲れさまでした。
>ほうほう、「100人のアカペラ」か・・・
>がんばってね~(^^)部外者モード☆BAKI\(--;)
と心配されていたアカペラも、心配していたほど落ちずに済んでなによりです。
お客様のアンケートによれば、ロマン派にチェンバロの組み合わせも、なかなか良かったそうです。
こちらは昨日で今年の歌い納めになってしまいました。ちと寂しいような...
ではまた来年の音取り練習でお会いしましょう。(^^)

演奏会&クリスマスフーガ

Name   [99/Dec/12 (Sun)07:58]

炎こんさま:

演奏会おつかれさまでした。トレバーピノックは新潟でも演奏会がありましたが、私はいけませんでした。

クリスマスフーガ。。。。うーむ相変わらずバロックにお強い。私みたいに理屈こねずに とにかく書くしかないんですね フーガに強くなるには。ボクもちょっと対抗(笑)して書いてみようかな。4声で。対旋律つき。


お疲れさまでした!!!

Name   [99/Dec/12 (Sun)05:38]

今日は本当にお疲れさまでした!
楽しく歌えて、本当に幸せでした。

つもる話はまた今度!!
もう寝ますーーーーー。


今ごろは?

Name   [99/Dec/11 (Sat)19:08]

炎のコンティヌオさん
今ごろはフィナーレ?それとももう終わって打ち上げ?
どうだったのでしょう?ビールの効果満点で、ばっちりだったと思います。
ア・カペラのことなども一緒に、お話楽しみにしています。(*^_^*)


健闘を祈ります~(*^。^*)

Name   [99/Dec/11 (Sat)12:23]

とうとう本番ですね。
体調は、万全ですか???(笑)
チェンバロの魅力と炎のコンティヌオさんの音楽の世界を遺憾無く
発揮されますことをお祈りしていま~す。
がんばってくださいね~♪(^o^)/


がんばってね~~♪

Name   [99/Dec/11 (Sat)11:40]

今日本番ですよね!<グローリア
私は土曜が仕事日なので残念ながら伺えませんが、ご盛会をお祈りしております。
はぁ、土曜の仕事、別の曜日に移したいなあ……


当日の朝

Name   [99/Dec/11 (Sat)11:01]

気分もすがすがしく当日の朝を迎え・・・
というわけでは、実はありません。昨晩は
泊まり込みで職場の忘年会だったのです。
ちょっと、寝不足気味(^^;)

というわけで、wife.R様、とっぴー様、ご声援まことに
ありがとうございます。最後の1音まで気を抜くことなく
がんばります。(選挙カーか(笑))

たかぴょん様、いよいよでございますね~。
お互い、あら探しは止めっこにしておきましょう!(爆)

One Day More!

Name   [99/Dec/10 (Fri)23:08]

こんばんは、たかぴょんです。
いよいよ明日ですねぇ・・・・・。
今からそわそわして、いろんな掲示板にカキコしてばっかり(^^;)

・・・・・・パソコンって、寒いところはあんまり良くないんですか?
暑いところはダメだと聞いていたのですが・・・・。
ぜひ教えて下さいませ。

では、明日お会いしましょう!!


☆頑張ってください☆

Name   [99/Dec/10 (Fri)22:10]

炎のコンティヌオさん こんばんは

いよいよ明日が本番ですね。
明日の今時分は、皆さんでおいしいお酒を楽しまれている頃でしょうか?
聴きに行けないのが残念ですが・・・ご成功をお祈りしてます。
素敵な1日になりますように!☆
頑張ってねん(^^)/


本番頑張って下さい!

Name   [99/Dec/10 (Fri)09:04]

ちょっと早いかもしれないのですが、時差の都合上書かせて頂きます。
ビールを一杯引っかけて、思う存分弾いてきて下さい。
聴きに伺えないのが残念です。


本番まであと3日・・・(^^;)

Name   [99/Dec/8 (Wed)21:16]

寒い!2日ぐらい前から一級の寒気が日本付近に来たらしいですね。
山間部や、東北以北は大雪だとか・・・。

[HANE's YOME様]
ほうほう、「100人のアカペラ」か・・・
がんばってね~(^^)部外者モード☆BAKI\(--;)

(註:私は楽器演奏なので当然アカペラには参加しない)

[たかぴょん様]
ううむ、今時分で6.5度とは激烈ですな。真冬にはどーなるんでしょ。
しかしそれって、パソコンのこと考えると
あまり良くないような気が・・・(^^;)


明日見てみます

Name   [99/Dec/8 (Wed)02:17]

こんばんは、今日の栃木はとっても冷え込みますね。

>昨日、地元新聞にカラーで「グローリア」の記事がのってました。
>記事によると、「100人のアカペラが聴き物」とのこと。
>どーしましょ。 本番で全音下がったりしないようにしませんと。(^^;)

きゃーーーーっっ。そんな恐いこと言わないで(TT)
明日、さっそく図書館で新聞見てみます(^^)
第九は、先日はいけなかったので、ビデオに撮ろうかしら(^^)
パソコン部屋は暖房設備が全くないので、ただ今の室内の温度、6.5℃(^^;)
半端じゃなく寒いので、この辺で。
ではーーーー。


昨日地元新聞に記事がのってました。

Name   [99/Dec/7 (Tue)08:04]

本番まであと1週間ありません。
昨日、地元新聞にカラーで「グローリア」の記事がのってました。
記事によると、「100人のアカペラが聴き物」とのこと。
どーしましょ。 本番で全音下がったりしないようにしませんと。(^^;)
炎コン様、本番あがんないでねぇ。
とくにアンコール曲で笑いをとらないようにね(^^)

ちなみに、先週「第九」の本番でしたが、こちらは地元TV局が
収録にきてました。
大晦日の夕方放送予定なので良ければみてください。
(炎コンは帰省でみられないか...)
来年は、グローリアも取材にきてくれるといいですね。


本番まであと1週間無いのだ

Name   [99/Dec/6 (Mon)21:03]

12月5日の練習の顛末を「グローリア日記」に追加しました!

[たかぴょん様]
ついに練習の全日程が終わってしまいましたねぇ。
本番、どないなるんでしょ、あがったらどうしようとか、いまから心配しています(笑)


あとは本番だけですね。

Name   [99/Dec/6 (Mon)01:12]

こんばんは、たかぴょん@グローリアです。
ついに終わってしまいましたね、練習・・・・。
今更ながらピヨって来た(^^;)
泣いても笑っても今年が最後の参加なので、やれるだけのことはしなきゃ、ですね。
あとはおいしいお酒があれば、文句なしですよね、うっちいさん、炎コンさん(^o^)

では土曜日に!!


今日はグローリアの最終練習日!

Name   [99/Dec/6 (Mon)00:38]

今日は、グローリアアンサンブル&クアイアーの練習日でした。
本番当日のリハーサルをのぞくと、すべての練習日程が終了したのです。
あとは、本番当日のみ!はたしてどうなるののか、
今からぞくぞくしています(^_^;)

#「グローリア日記」の更新は、ちょっと待ってくださいね(^^)

[Keiko様]
ええっとですねぇ、プログラムは、
ヘンデルのトリオソナタ(HWV386)
バッハの「ヴァイオリン+チェンバロ」ソナタ(BWV1019)
バッハの「音楽の捧げ物」から、トリオソナタ
ヘンデル「シャコンヌ」(HWV435)などです。

トリオソナタ
(ヴィオラダガンバ+ヴァイオリン+フラウトトラヴェルソ+チェンバロ)
から、チェンバロソロまで、という具合に、まことに多彩な編成でした。
特にヘンデルのシャコンヌを聴いて、チェンバロの表現の可能性の
幅の広さを思い知らされました。


プログラムは?

Name   [99/Dec/4 (Sat)15:44]

トレヴァー・ピノックのコンサートでは、
どんな曲が演奏されたのですか?
バッハのトリオソナタが中心だったのですか?
私も聴きたいな~。
今夜は、京都でコンサートがあるんですよね。
橋を渡って来てくれないかな~(笑)


ピノックのコンサートに行って来ました。

Name   [99/Dec/4 (Sat)14:34]

イギリスのチェンバロの巨匠、トレヴァー・ピノックの
コンサートに行って来ました。ヘンデル、ラモー、テレマン、バッハと
後期バロック室内楽の世界を堪能し、とても充実した気分になりました。
舞台上のピノックの演奏が実に楽しそうで、聴いていてこちらも楽しく
なるような演奏でした。
コンサート終了後、楽屋に押し掛けて、サインを頂戴しました。
舞台上の雰囲気そのままに、「とても気さくなおっさん」という
雰囲気でした(^^)。

[夢子☆彡様]
はじめまして。私のページをご覧いただき、
どうも有り難うございます。

>>バロックは好きなランクの上位にはいってます!

ふむむ、どんな曲がお好みですか?ちなみに私は
バッハのブランデンブルク協奏曲の2番とか4番、5番が好きです。
ヘンデルのコンチェルトグロッソもいいですね。ピアノでは
バッハの「平均律」は外せません(^^)


はじめまして(*^v^*)

Name   [99/Dec/3 (Fri)01:12]

ある曲を探していてこちらへチラリと寄ってみました!
いきなりのチェンバロにw(゜o゜)w オォーと心奪われついつい長居してしまいました(ё_ё)キャハ
クラッシクの事はよく分からない私ですけれど、好きです!(これを言うと友達が以外!?と驚きます。)
お気に入りを聞いていると、とっても落ち着くの(^。^)
バロックは好きなランクの上位にはいってます!
本当にステキでした!どうも(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆アリガトー!
また来ますね!


いくぞ!怒濤のまとコメ(笑)

Name   [99/Dec/1 (Wed)00:26]

[コンビニ作曲家MIC様]
ふむ、やはりMIC様も宮澤賢治は縁がありましたか。
>>音楽化に関しては相性が悪く、失敗ばかりしています。
難しいでしょうねぇ。宮澤賢治のオリジナル作品って確かに哲学的で
厳しくて、「暗い」面もありますが、その一方で、一種の「諦念」にも似た、
時にはユーモアとか、あるいはさらに「ギャグ」「諧謔性」に接近するような
雰囲気も魅力の一つだと思うんです。ところが宮澤賢治を題材にした他の人の
作品、その多くは、哲学的側面、厳しくて暗い側面しか取り出せないんですね。

>>ここまでミソをつけ続けては、相性が悪いと思ってしまうのも無理はないかと♪

個人的には「ポラーノの広場」、私の最も好きな作品の一つです。
音楽化されたものを聴いてみたいです。>MIC様(笑)

[Keiko様]
調律は安易にチューナーに頼っています。
あと、チェンバロの調律はピアノに比べると遙かに簡単です。
ただしピアノよりも遙かに簡単に音律が狂うので、毎回、
演奏前に調律作業が必要なんです。「調律の技術」というのは、
チェンバリストにとっては演奏技術の1つだと思います。

[wife.R様]
なんだか話を聞けば聴くほどイギリスの音楽教育のレベルの高さが
ぐさぐさと印象に残ります。やはり「本場の伝統」の強みなんでしょうか?

[HANE's YOME様]
ううむ、泣いても笑っても通し練習はあと1回。
当日は私の変な音に吹き出さないように。(笑)


毎度内輪ネタで申し訳ない!

Name   [99/Nov/30 (Tue)08:57]

グローリア日記拝読しました。
演奏会まであと10日あまりですが、私も「もう少しこの曲につき合っていたい!」と
思います。 残りの練習で、やり残したことを克服したいと思います。
そして、打ち上げを楽しむぞぉぉ!(ナンダコレハ)

先日、某合唱団で「グローリア」の宣伝をしてきました。
私の周囲では、チケットの売り上げは去年以上です。(^^)
明日も宣伝してきます。 
自主運営の団体はチケットの売り上げが「命」ですから...>ALL

[炎コンさま(私信モード)]
  先日はうちのHANEがとんでもない内輪ネタで失礼しました。
  このままだと我が家の人格を疑われるので、補足しますが
  先日の宴会は女性6名男性3名で、いいお酒をすこしづつという
  おとなしいもんでした。(グローリアのお嬢さんも2人いらしてました。)
  演奏会が終わったら、また企画しますので、そのときはいらしてください。
  (さあて、今度の料理はなにをつくろうかな。) 
  うっちい様も、いかがですか? 純米酒まだあります。
  炎コンスペシャルは、多分封印します。


誤解です!!

Name   [99/Nov/29 (Mon)07:22]

娘の12歳の決意をお読みになりましたね。
それはよく子供がいう「お花屋さんになりたい。」とかそういうのと同じなんです。
やっぱり誤解されますよねぇ。ちょっと心配はしたのですが。
私がイギリスで出会った、本当にスゴイと思う子供たちは炎のコンティニュオさん
みたいな子達なのですよ。しかも子供です。殆ど年の変わらない。
だから娘はすごくないと書いたのです。
やはり、言葉にするのは難しいですね。炎のコンティニュオさんには
あまり関係ないことだとは思うのですが。
たまに覗きにいらして下さい。そのうち理解して頂けるかもしれないので。


軽いカキコで恐縮ですが・・・

Name   [99/Nov/29 (Mon)03:28]

こんな時間に、こんばんは♪
「グローリア日記」読まさせて頂きました。
練習の様子が良く分かり、とても楽しく読みました。
私たちの<しらべ>も、来年の4月に松下 耕先生をお招きしてアカペラの指導をして
頂く予定になっています。
みんな音程は取れる筈なのに・・・。
この・・・がミソ。(笑)
あと、チェンバロを毎回運ぶって・・・驚きです。
おまけに調律までしちゃうなんて・・・。(*_*;!!凄い!!
では、おやすみなさ~い♪(*^。^*)


星めぐりの歌

Name   [99/Nov/29 (Mon)01:19]

全集を買うのは高い、という方は……
新潮文庫の「新編 銀河鉄道の夜」の巻末に「星めぐりの歌」の譜面が載っております。

私も宮澤賢治が好きなのですが、音楽化に関しては相性が悪く、失敗ばかりしています。
高校生の頃に「雪渡り」をピアノ曲にしようとして失敗。
浪人中に「やまなし」を「オーケストラと女声合唱のための幻想曲」にしようとしてやはり失敗。
大学生の時に「異途への出発」を混声合唱曲にして、これは完成したものの、はっきり言って失敗作。
卒業後、「シグナルとシグナレス」を音楽劇にしようとして、台本までは書いたものの、上演予定が見送りとなって完成させる意欲がそがれ、中断。
「シグナルとシグナレス」は、中断したままでいるうちに、林光に先を越されてしまいまして、当分は再開する気も失せました。(^_^;;
ここまでミソをつけ続けては、相性が悪いと思ってしまうのも無理はないかと♪


夜に外へ出てみたら・・・

Name   [99/Nov/28 (Sun)23:34]

車から荷物を下ろして、ふと南天を見たら
オリオン座が真南の一番高いところに来ていました。
オリオン座とか大犬座とか、厳しく寒い冬の夜に良く似合うな。
真冬のオリオン座というと、私は宮沢賢治の作詞作曲した
「星めぐりの歌」の一節「オリオンは高くうたひ/つゆとしもとを落とす」
を思い出します。

#「星めぐりの歌」は5音音階の素敵な旋律です。私はかつて
#この曲の旋律を元にピアノトリオを作ろうとしたことが
#ありました。「星めぐりの歌」の原曲の楽譜は、筑摩書房
の宮沢賢治全集版のどれかに出ています。

[wife.R様]
ううむそうか、娘さんはプロを目指しているのだ、とすると
決して早いペースではないのかもしれませんね。まあ、
いずれにしても私には手の届かない話であることは間違いなさそうです(苦笑)

[あーのるど様]
ようこそ!そういえばあーのるどさんも「自作自演系」でしたね。
ウェブにMIDIを掲載するとかいう予定は無いんですか?(^^)
もっとも、有名曲の編曲、なんて行おうとするとすぐに著作権の問題が
発生してしまいます。従ってアニメソングなども編曲した物を勝手に
公開する、というわけには行かないようですね。


こんばんは。。。

Name   [99/Nov/28 (Sun)22:06]

遅蒔きながら、おじゃましました。
とりあえず、足跡。。。。(^^
さて、MIDI聴きました。クリスマスソングがフーガになってしまうなんて、
さすがコンさん♪

ではでは。。。


有名曲だったんですね。

Name   [99/Nov/28 (Sun)21:15]

何故か家にもCDはあったのですが、やはりマイナーではなかったんですね。
娘は全然すごくありません。そう言って頂くのはとても嬉しいのですが。
私も娘もバロック音楽が好きです。だからコレルリを今度は全楽章弾けないのが
残念なようです。チェンバロも目の前にありながらなかなか触らせてもらえません。
楽しみは先延ばしということでしょうか(笑)。
先日アンジェラ・ヒューウィットというバッハのスペシャリストの講義を少し
聴きました。少しというのは英語だったので全部は聞き取れなかったと言う意味です。
悲しい、、(笑)。


またまた更新情報(^^)。今度は"Gloria" Diaryです。

Name   [99/Nov/28 (Sun)21:00]

11月27日(土曜日)グローリアアンサンブル&クワイアーの
練習日でした。そのときの内容を
"Gloria" Diary(グローリア日記)"に追記しました(^^)

[hamitan様]
>>シンフォニアはそうやって自分で考えることがもっと増えるわけですね。

いやぁ、でも、シンフォニアの場合、
「どちらの手で取った方が良いか」
という目安みたいな物は大抵の楽譜には書いてあると思います。
少なくとも私のクリスマスフーガの楽譜ほど
「どちらの手で取ればよいのか分かりにくい」
ということはないはずですよ(^_^)

私の持っているウィーン原典版の場合には、音符の向きと指使いで
判別できるような書き方になっています。
まあ、対位法的な音楽の場合
「左右のどちらの手で取るべきか」
ということ自体、色々な方法がある、というのが正確なところで
左右の手の割り当てについて、必ずしも楽譜通りにしなければならない、
ということはありません。


ありがとうございます

Name   [99/Nov/28 (Sun)12:44]

さっそくありがとうございます。
ふむふむψ(。。)メモっておこう。
シンフォニアはそうやって自分で考えることがもっと増えるわけですね。
大変そう・・・(^_^;


拝復hamitan様

Name   [99/Nov/28 (Sun)10:15]

>>どうとって弾いたらいいんでしょう?ご教授くださいませ。

楽譜では、実際の左右の手の割り振りよりも、
「声部(Soprano,Alto,Tenor,Bass)を重視した書き方をしていますので
どの音符をどの手に割り振るかは大譜表の上の段、下の段に
とらわれずに自由に考えてください(^^)。
いくつか例を出します。
66~68小節1拍目;
上の段に書いてある四分音符は左手で弾きます。
68小節の3拍目から;
上の段で、四分音符でF-(タイ)-F - B - B
と動いていますが、Fのみは左手でとります。Bは右手でとります。
曲の終わり近く、104小節;
下の段に八分音符が4つ並んでいます。
これは、2つ目のドの音「だけ」は右手で弾きます。
第106小節;
下の段に書いてある4つの八分音符は、右手でとります。
(右手の八分音符と3度平行ですよね)

このように工夫していけば8度以内にすべて収まります。
いずれの場合にも、左右の手の受け渡しが
分からないように弾く必要があります。

こういう、
「左右の手の割り振り」は、まもなく始まるであろう
「シンフォニア(3声インヴェンション)」で
鍛えてもらえるはずです。

>>ありゃりゃはん音上げて左手を弾いてる。

あらら、教えちゃったんですね。いい傾向だ。知ーらないっと(笑)


クリスマスフーガ

Name   [99/Nov/27 (Sat)15:40]

ダウンロードして、譜面を印刷しました。
娘がさっき弾いていました。
「バッハみたい~?」ですって・・・「だからフーガだってば」と私・・・おかしいでしょう?
右手と左手総動員して、とどかない~って叫んでいました。(笑)
どうとって弾いたらいいんでしょう?ご教授くださいませ。
ちなみに娘は手が小さい(子どもだから当たり前?)8度ならOKです。
9度になると間に入った音が・・・
あ~例のハノン練習をはじめました>娘 左手付点右手普通・・・できるからすごい!
若いのね・・・
ありゃりゃはん音上げて左手を弾いてる。
こうゆう面白そうな事にはすぐに飛びつくんだから・・・・
練習は嫌いでも。頭が痛くなりそう>母σ(^^)
こういうのはうちの子みたいな負けず嫌いさんにはいいかも・・・
ではまた~♪


拝復とっぴー様、wife.R様

Name   [99/Nov/27 (Sat)11:18]

[とっぴー様]
おかげさまで、トップページの「クリスマスBGM」の
評判は悪くないようです(^^)アリガタヤ。
この曲の楽譜ダウンロードできたんですね。難易度の面からは
イタリアコンチェルトよりも遙かに易しいと思いますんで、
とっぴーさんなら楽勝でしょう(^^)!

[wife.R様]
いやあ、コレルリのクリスマスコンチェルトは「有名曲」ですぜ!(^^)
第2楽章アレグロの動き-ヴァイオリン2本の掛留音(Suspended note)に、
低音の8分音符- は、コレルリのトリオソナタや合奏協奏曲では
非常によくあるパターンで、これを聴くと「ああ、まさにバロック器楽だなぁ」
と思います(^_^)。私は2回ほど、チェンバロで演奏したことがあります。
さて、貴ページ拝読しました。娘さん、悲愴もとりあげておいでなんですね。
しかし12歳で「コレルリ」とか「悲愴」とかとは、すごいなぁ。


コレルリ?

Name   [99/Nov/26 (Fri)22:41]

掲示板読んでまた意味のない書き込みをしたくなりました。
コレルリのクリスマスコンチェルト娘はプロ(?)です。
全楽章の第一ヴァイオリン暗譜で弾けると思います。
こんなにマイナー(と言っていいのか分かりませんが)曲名がいきなりでてきたので
思わず、、昨日UpしたHPで触れています。
それに、「悲愴」も。
マスタークラスまで聴きました。あまりに偶然並んでいたのでつい、、。
お暇な時にどうぞ。これから、もう少し熱心にレッスンを聞いてみます。

http://member.nifty.ne.jp/hideyuki-kawashima/index.htm


クリスマス・ふーが

Name   [99/Nov/26 (Fri)21:31]

炎のコンティヌオさん こんばんは

トップページにクリスマス・リースなんかが付いてて、
よそのお部屋に来ちゃったかと思っちゃいました(笑)いいですね~。
クリスマス・シーズンになると、いまだにわけもなく心がウキウキ
してしまうとぴです。

クリスマス・フーガの楽譜、ダウンロードさせて頂きました。
これで、今年のクリスマスはばっちり!(*^^*)かしら?
・・・って。ぢつは12月19日にあるピアノの発表会のお茶の時間に、
弾かせてもらおっかな、と思ってます(^^) 楽しみです。
早くプリンターの修理をしなくちゃ。

12月の発表会のイタコン。やっと3楽章までたどりつきました。
私にはとても難しい曲ですが、楽しく弾いてます。 ここ1ヶ月ほど、
目覚めの曲も、お休みの曲もレオンハルトのチェンバロです。(笑)
やっぱりチェンバロで聴くのが1番好きです。

ではまた(^^)/" 風邪に気をつけてくださいねん。


長文まとめレス

Name   [99/Nov/26 (Fri)19:18]

今回のまとめレスは音楽談義とたあいもない話が混在する(・・・って
いつものことですね?)
この掲示板はどちらの書き込みも大歓迎!です(^^)

[hamitan様]
「クリスマスフーガ」気に入っていただけたようで嬉しく思います(^^)。
この曲、"Free MIDI Libraries"に納めてありまして、
そこからは楽譜もダウンロードできます。
もしよろしければ、どーぞ
(Adobe Acrobat Reader(フリーソフト)が必要です)

[うっちい様]

>>しかも、わたしが心の中でぼやいてそうなことを、そんなに
>>大きな声で・・・。ひゃーっ(^^;)。

やはりそうか(笑)。あのー、ところで、
embed要素の属性の意味とセットの仕方が
今ひとつよくわかんないんですけどぉ・・・BAKI☆\(--;)

>>書き忘れましたが、わたしのところにグローリアの問い合わせは
>>今年は1件しか来ていません(^^;)。(ネット関係)

う、そーですか?私はとりあえずniftyとニュースグループでは
宣伝しておきました。ある人から「自分のサイトへ転載したい」
という依頼が来たので、お願いしておきましたが・・・。

>>何はともあれ、来てくださる人ががっかりしないような演奏を
>>せにゃあかんですね・・・。ヤバヤバ(^^;)。

そういう「高度な要求」を私にしないように☆\(--;)アホカ
---------------------------------
・・・と、よもやま話にレスをつけて、次は音楽談義か・・・げげ、
なんだか骨のある内容だなあ・・・(+_+;)だいたいプロ2人にど素人の
私がかなうわけがないのですが、ちょっとがんばってみます(何をだ)
うっちいさん、MICさんの発言にレスを付ける形で・・・。

>>室内ソナタchamber sonata(sonata da camera)と
>>partitaはバロック期では同じものだと記憶していたのですが。。。

おお、私も同じ認識でした、というよりも舞曲楽章をいくつも
組みあわせるという「組曲(suite)」というジャンルがあって、
パルティータも室内ソナタ(ソナタ・ダ・カメラ)もそれの一種であると
聞いた記憶が・・・。

>>ともあれ組形式の方のソナタは、バロック末期には大体4楽章制が主流に
>>なっていたようで、同じソナタを名乗るからには古典派ソナタにも、
>>「4楽章」という固定観念があったとしても不思議ではありません。
>>ちなみに、バッハのソナタは、ゆったりした序曲風の第1楽章、
>>多くはフーガになっている第2楽章、ゆっくりしたアリアの第3楽章、
>>それに華やかで無窮動的な第4楽章という性格を持っています。

前半3行は「アルマンド・クラント・サラバンド・ジーグ」という
「室内ソナタ(ソナタダカメラ)形式」で、後半3行は、
「教会ソナタ(ソナタダキエザ)形式」
のことですね。

実は私は、ベートーヴェンの「悲愴」ソナタはソナタダキエザ形式の
末裔ではないかと思っているのです。その対応は以下の通りです。
教会ソナタ;
 第1楽章:緩やかな楽章。主調
 第2楽章:アレグロ楽章。フーガ構造が多い。主調
 第3楽章:緩やか、関係調へ変化することが多い
 フィナーレ:急速な楽章
ベートーヴェンの「悲愴」ソナタ(Op.13)
 第1楽章序奏:Grave、主調
 第1楽章主要部:アレグロのソナタ形式。主調
 第2楽章:関係調の緩徐楽章
 フィナーレ:急速なロンド
少なくとも表面的には両者の構造はかなり似通っています。
このほかにもベートーヴェンの初期作品、たとえば、
初期のチェロソナタや、交響曲第2番の、あの「長い序奏」は、
ソナタダキエザの第1楽章の末裔ではないか?という
連想が働くのです。実際、ソナタダキエザ形式をとっている
バッハのトリオソナタでも、第1楽章が半終止して、
第2楽章への序奏として働いているものが
少なからずあるように思います。(MICさんは「序曲風の第1楽章」
と紹介されていますよね)

ベートーヴェンのこれらの「ソナタ構造作品の序奏部分」では、
付点リズムが結構用いられていて、フランス風序曲への
類似を感じさせる点がある。

というわけで、バロックの4楽章教会ソナタ形式は、
ベートーヴェンのころの時代には
「序奏付き3楽章ソナタ構造」
へ変貌していた、というのが私の独断的考えです(^^;)
イタリア風序曲やコンチェルトの「3楽章形式」へ
メヌエットを埋め込む形で誕生した、といわれている
「古典派ソナタ構造4楽章形式」は、バロックソナタの4楽章形式と
一致しているのは「楽章数」だけではないかと・・・
しかもその一致はかなり偶然の産物ではないかと・・・
思っています・・・(^_^;)ダメ?

ちなみに、コレルリの合奏協奏曲のなかでは、あの
「クリスマスコンチェルト」が古典派ソナタ構造の
4楽章構成にもっとも近い構成のように感じます。
が、本当に関連があるのかどうかは分かりません。

・・・ああしんど、音楽の専門教育を受けてない私には
そろそろ限界か(爆)だれか、私の頭の中の
「バロックソナタと古典派ソナタの間の『ミッシング・リンク』(笑)」
を埋めてください。


 

Name   [99/Nov/26 (Fri)01:51]

さすがはMICさん。いつもずばりと切ってみせますね。
室内ソナタchamber sonata(sonata da camera)と
partitaはバロック期では同じものだと記憶していたのですが。。。
きっと学生時代、私はへなちょこな本で覚えたのでしょう(笑)。

ま、しかしこのあたりはMICさんに任せることにします(^^;)。


>>コンチさん
書き忘れましたが、わたしのところにグローリアの問い合わせは
今年は1件しか来ていません(^^;)。(ネット関係)
応援メールは複数来たのですが、お客さんになってくれそうなのは
たったの1通・・・。

宣伝が足りない、というのもあるかな。。。
何はともあれ、来てくださる人ががっかりしないような演奏を
せにゃあかんですね・・・。ヤバヤバ(^^;)。


バロック・ソナタ

Name   [99/Nov/26 (Fri)00:46]

バロック・ソナタのことですが、ソナタ形式がまだ確立されていませんので、もちろん古典派のソナタと同じものではありません。
かといって、まったく関係のないものでもありません。
この辺、何かとややこしいんですよね(^_^;;
初期のものは、舞曲を組み合わせた室内ソナタ(ソナタ・ダ・カメラ)と、より抽象的な曲を組み合わせた教会ソナタの2種類があったようですが、
組曲形式の確立に伴って、教会ソナタの方がメインのようになっていったようです。
少なくともバッハの段階では、あるはっきりした定型ができていたと思われます。
ただ、そのほぼ同時代に、ドメニコ・スカルラッティのソナタという、まったく別物のソナタも作られているので話が面倒になります。

ともあれ組形式の方のソナタは、バロック末期には大体4楽章制が主流になっていたようで、同じソナタを名乗るからには古典派ソナタにも、「4楽章」という固定観念があったとしても不思議ではありません。
ちなみに、バッハのソナタは、ゆったりした序曲風の第1楽章、多くはフーガになっている第2楽章、ゆっくりしたアリアの第3楽章、それに華やかで無窮動的な第4楽章という性格を持っています。
なおパルティータというのは、バッハで言えば「フランス組曲」や「イギリス組曲」の延長上にあるもので、舞曲を中心とした組曲です。

ソナタ形式にせよソナタ構造にせよ、古典派になって急に発明されたものではなくて、その前の時代の長い模索の結果生まれてきたと考えるべきでしょう。
スカルラッティのソナタは、もちろん後世の意味でのソナタ形式ではありませんが、調構造に関しては後世のソナタ形式を予感させるものを持っているとか、
ソナタ構造にしても、バロック・ソナタの伝統が一旦完全に断ち切られて、あらたに作られたというものでもないようです。
前回投稿したように、バロック・ソナタから楽章数を、バロック・コンチェルトから速度構造を、バロック組曲から形式構造を受け継いで、古典派ソナタというものが確立したのではないかと私は思います。


恐れ入ります・・・

Name   [99/Nov/26 (Fri)00:12]

コンチさん、うちのサイトの宣伝をしてくださってありがとうございます。
しかも、わたしが心の中でぼやいてそうなことを、そんなに
大きな声で・・・。ひゃーっ(^^;)。


>>そういえば、イタリア風序曲って、私、
>>実例を知らないんですよ。有名な曲で何かあります?

有名な曲かぁ。そう言われてみると、私も昔、スカルラッティか
なにかのオペラのシンフォニアを聴いたくらいかなぁ(^^;)。
このシンフォニアこそがItalian overtureいわゆるイタリア風
序曲です。。。シンフォニーの名前もシンフォニア(sinfonia)から
来た、というのが一般論のようです。

ところでバロックソナタの話題が出ているのですが、私の記憶では
バロックのソナタと古典派のソナタは根本的に違うのでは???
バロック時代のソナタは、いわゆる「ソナタ形式」のソナタでは
ないですよね?どちらかというと、「声楽曲」に対する「器楽曲」
と言った意味合いが強い。

教会ソナタやパルティータ(室内ソナタ)、塔ソナタなどなど
いろんなソナタがあったと記憶しています。急緩急緩は教会ソナタ
の形式だったっけかな?まぁ、バロック後半には教会ソナタも
パルティータも区別がつかなくなっていったようですが。

違いましたっけ!?(^^;)
なんだかあやふやだなぁ、俺って。

まぁ、こんな音楽史的な話は二の次ですね(笑)。
要は、なぜベートーベンが!?でした。。。
それは、ベートーベンの血液型がA型だったから、というのはダメ!?
っていうかベートーベンの血液型なんて、私知らない(爆)。。。


クリスマスバージョン

Name   [99/Nov/26 (Fri)00:08]

こんばんわ~♪
すごいスゴイ!!パチパチパチ~
たくさん拍手しちゃいます。
こうゆう才能のある人って尊敬しちゃいます。


| 1-100 | 101-200 | 201-300 | 301-400 |[401-500] | 501-600 | 601-700 | 701-800 | 801-900 | 901-1000 | 1001-1100 | 1101-1200 | 1201-1300 | 1301-1400 | 1401-1500 | 1501-1600 | 1601-1700 | 1701-1800 | 1801-1900 | 1901-2000 | 2001-2100 | 2101-2200 | 2201-2300 | 2301-2400 | 2401-2500 | 2501-2600 | 2601-2700 | 2701-2800 | 2801-2900 | 2901-3000 | 3001-3100 |

| 掲示板の入り口に戻る |